197 人が現在オンライン
197 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

アナリティクスで見ると、テーマが見られている

初級者 ✭

サイトのアクセス状況をアナリティクスで見て、(行動ー概要)

見られているページに

wordpressのテーマが入っています。

 

ナビゲーションサマリーで見ると、閲覧開始、前のページがあるのも の両方からきています。

 

何が有って、テーマに来ているのでしょうか、わかる方いませんでしょうか?

 

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

プロフェッショナル ✭ ✭

たけおさん、こんにちは。

 

まず、ご自身(及びデザイナーさんやエンジニアさん)のアクセスは除外されているでしょうか?

ご自身のアクセスを除外されていない場合、公開していない、WordPressのテーマファイルと思しきページへのアクセスが計測されます。

 

利用されているテーマによってどのように計測されるかは変わってくるかと思いますが、私のサイトの場合は、 ダッシュボード>外観>カスタマイズ でテーマのカスタマイズをする際に、自身のアクセスを除外しないと、自身のアクセスが計測されています。

 

ご自身のアクセスを除外されているとのことであれば、 Googleアナリティクスレポート>行動>サイトコンテンツ>すべてのページ で、WordPressのテーマファイルと思しきページを絞り込み、セカンダリディメンションで「参照元」を設定して確認してみてください。

 

その際、参照元サイトにご自身のサイトへのリンクがないのであれば、リファラスパムの可能性が考えられます。

この他、セカンダリディメンションに「言語」を設定して確認してみると言語コードにはないものが計測されていることもありますが、これも同じくリファラスパムかと思います。

 

上記はそれほど記にする必要はないと思いますが、気になるようでしたらフィルタを使って除外されることをおすすめします。

 

また、WordPressのテーマファイルが、アップロードした記憶のないファイルであった場合は、ハッキングの可能性も考えられるため、制作を担当されているエンジニアさんなどに相談の上相応の対処をされたほうが良いかもしれません。

 

ご参考になれば幸いです。

もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますととても嬉しいです!Kumiko Muraji

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

初級者 ✭
ご回答有難うございます。
>セカンダリディメンションで「参照元」
↑これをみると、YaooやGoogleだったりするのですが?

追記しますと、
該当のテーマページの前ページが無いものはいきなり入ってきたのでしょうから、スパムも考えられるのですが、
こちらの通常ページがテーマページの前ページになっている場合もありまして、
一概にスパムとも考えにくいのです。

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

プロフェッショナル ✭ ✭

そうなるとやはり、先に書かせていただいた「ご自身(及びデザイナーさんやエンジニアさん)のアクセス除外」に漏れが発生している可能性があるのではないかと思います。

 

例えば、IPアドレスで除外設定されていて、作業場所のネットワークが可変IPアドレスだったり、いつもの作業場所と異なる場所でアクセスしたりすると、除外設定の漏れが発生することがあります。

 

こちらの通常ページがテーマページの前ページになっている場合もありまして

検索エンジンからご自身のサイトをご覧になる→修正箇所を見つけ、お気に入りから、もしくはURLにログイン画面のURLを直接入力→管理画面上で編集

 

とすると、前のページは「公開している記事のURL」となります。

 

似たCMSプラットフォームの「movable type」では、公開ページの共通テンプレートに管理画面へリンクが設置されているものもあったので、私は見たことはありませんが、利用されているテーマでそのような機能を持っている場合は、上記のように計測されやすくなると考えられます。

 

また、もしかしたらこちらはご理解されているかもしれませんが念のため、

テーマファイルと思しきページが「/wp-content/uploads/…」であれば、これはメディアでアップロードした画像やファイルなどへのアクセスですので、公開ページから管理画面へ遷移したアクセスになります。

 

ご参考になれば幸いです。

もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますととても嬉しいです!Kumiko Muraji

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

初級者 ✭
たびたび、有難うございます。
>「ご自身(及びデザイナーさんやエンジニアさん)のアクセス除外」に漏れが発生している可能性があるのではないかと思います。

私しかメンテしませんが、メンテしていない日でもあります。
アナリティクスのリアルタイムで監視しているときにもアクティブなページにこのテーマページが出ています。
(もちろん、リアルタイムで見える時の所在地は自分の所ではありません)

実際には下記のテーマページが見られているのですが、
/wp/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_201605131407/ogp.jpg

見られているかたの地域もいろんな所です。

気にしすぎかもしれませんが、気味悪いです。

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

トップコントリビューター
実際にそのページにアクセスしてみて、どんなページが表示されるかを確認してみてはいかがでしょうか。

おそらく、WordPressの設定により、メディアファイルのページが作られてしまっていて、画像検索などにヒットしていたり、何かの拍子に画像ページに遷移してしまったのではないでしょうか。

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

プロフェッショナル ✭ ✭

私しかメンテしませんが、メンテしていない日でもあります。

なるほど、そうなるとご自身のアクセス除外がもれているとはいえなさそうですね。

 

/wp/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_201605131407/ogp.jpg

送っていただいた、上記のパスを参考に色々調べてみました。

 

おそらくテーマで「賢威」シリーズをご利用になっているかと思うのですが、賢威ではデフォルトのOGP画像を設定できるようなので、

 

- 「うちのサイトでは賢威を使ってますよ」と宣言されているサイトを探して

- そのサイトのドメインの後に「/wp/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue/ogp.jpg」を付けてどんな画像が出るか確認

- そのサイトでtwitterかfacebookを使っているようであれば、そのアカウントを探して

- OGP画像に、先程の画像が使われていないか確認

 

としてみたところ、どうも該当のパスはOGPのデフォルト画像の様ですが、間違いないでしょうか?

 

上記のとおりでしたら、

 

①ogp.jpgがog:imageに設定されているページを開く

②(Chromeであれば)右クリックで「ページのソースを表示」を選択

③meta property="og:image"が書かれている箇所を探して「content="XXX"」のXXXの部分を参照する

 

ことで、管理画面にアクセスしなくてもアクセスできます。

 

(例えば 検索エンジンからサイトに訪問→トップページを開く→ページのソースを見る→XXXの部分をURLバーに直打ちしてアクセスする というような場合に、上記の様になります)

 

ただし、通常であれば「/wp-content/uploads/」配下以外にある画像ファイルはトラッキングできないはずなのですが、

賢威テーマ独自のカスタマイズであったり、もしくはたけおさんの設定内容によってトラッキングされるようになっているのではないかと考えられます。

 

どちらかと言うと、Googleアナリティクスよりは賢威テーマの構造によるものと言えそうですので、

賢威の問い合せフォームから「なぜ/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_/ディレクトリ配下にアップロードした画像がGoogleアナリティクスで計測されるのですか?」と聞いてみていただくといいのではないでしょうか?

 

上記のため、アクセスされた方の意図はちょっとわかりかねますが、よっぽどステキな画像だったのではないかな、と思います。

もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますととても嬉しいです!Kumiko Muraji

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

初級者 ✭
お二人とも有難うございます。
/wp/wp-content/themes/keni70_wp_corp_blue_201605131407/ogp.jpg
をアクセスしてみると
お探しのページは見つかりませんでした。
となります。

このHPを開設してから約1年半くらい経ちますがここ1月くらいの現象です。
なにも出ないページをアクセスして何が楽しいのか?
または、何かの間違いで、(前ページからどうして、このページに飛んだのかわかりませんが)
いったのかわかりませんが、これ以上悩んでも仕方ないのかと・・・・

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

トップコントリビューター
普通に考えれば、ユーザーは何も表示されないことを期待して開いているのではなく、何らかの期待と意図を持って開いているはずです。

にも関わらず、その期待を裏切る404になってしまっている、ということであれば、悩むべき内容に思うのですが。

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

プロフェッショナル ✭ ✭

私も、先の山田さんの見解と同意です。

 

ただし、該当のパスがOGPのデフォルト画像のパスなのか?、何故現在そのパスが404リダイレクトになっているのか?は、サイトを管理・カスタマイズされている、たけおさんしか分かりません。

 

上記の部分や、

 

①該当のパスの前のページからどういった導線を辿って該当のパスに遷移できるか

②前のページでどういう内容を公開されているか

③(スパムを懸念する場合は)スパム行為をすることで相手はどんなメリットを得ようとしている

 

など、データだけを見るのではなく、サイトの構造や扱われるテーマ内容やテーマに関するユーザーのインサイトをふまえた上で、Web解析アナリストはアクセスするユーザーの意図を仮説立てて改善を図ります。

 

①②は上記と同じくたけおさんしか分かりませんので、これを以て私は「意図は分かりません」と書かせていただきましたが、たけおさんであれば①②は分かりますし、③は検索したり書籍で調べていただければおおよその傾向はつかめます。

 

-----------

 

上記を踏まえた上で、私であれば

 

- サイトにとってリスクにならない

- 該当するアクセスが少ない、もしくは今後増えそうにない

- 該当するアクセスがコンバージョンに結びつきにくい

 

のであれば、対応優先度は下げます。

 

逆に上記以外であれば、ユーザーにとってもサイト管理者であるたけおさんにとってもメリットを得られる可能性があるので、ユーザーの意図を予測して、対策を施します。

 

ご参考になれば幸いです。

もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますととても嬉しいです!Kumiko Muraji

Re: アナリティクスで見ると、テーマが見られている

初級者 ✭
お二人とも親切にご指導有難うございます。

やっと、何が表示されているのか、アナリティクスのリアルタイムで判明しました。

アクティブなページ では、テーマのページが出ていますが、
ページ タイトル では、お探しのページは見つかりませんでした。

となっていました。

たくさんのページからこのテーマ(実際にはお探しのページは見当たりません)に来ているのです
どこかにリンク切れが発生しているのでしょうが、
自分でどこをクリックしても、再現出来ないので苦労しています。


このトピックのエキスパート
山田 良太