210 人が現在オンライン
210 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

「オ」「ォ」「ー」の違いをどうSEO対策したらいいか

[ 編集済み ]
中級者 ✭

Google Analyticsの設定の問題ではないのですが、クライアントのお客様の社名のSEO対策で悩んでいます。

 

クライアントの社名は出せないので、仮の社名で質問を書きます。

 

まず、以下のような名前の会社が存在するとします(3社とも存在するとします)

 

  1. 東京ソオス株式会社
  2. 東京ソォス株式会社
  3. 東京ソース株式会社

業種は全く異なっており、競合関係にはありません。会社の規模も似たようなものです。

「東京ソオス」「東京ソォス」「東京ソース」のいずれでも検索しても、Googleは揺らぎを吸収し、検索結果に反映はしてくれますが、順位は異なります。

また、クライアントの業種は口コミ(発話)で社名を聞いたことがきっかけでサイトに流入する人が多く、よって「SOOSU」という発音を「ソオス」「ソォス」「ソース」のどれで記憶し入力するかは、こちらではコントロールできません。

 

この状況下で、自分の社名と異なる社名での検索順位を上げたいと思っています。1位は無理としても、2位か3位には入りたいというのがクライアントからの要望です。

 

そこで、「ソオス」「ソォス」「ソース」のいずれでも検索順位を上げるSEOテクニックを使おうかどうかで悩んでいます。しかし、そのテクニックはSPAM判定されかねない不安もあります。また、逆にうまくいきすぎて、1位になって、相手さんの全く無関係なお客さんからの間違い電話が来るのも煩雑なことなので、2位か3位でとどめたいという要望もあります。

 

これに対してどのような対応をするのが適切なのでしょうか?

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者べいたおさんが付与
4月

Re: 「オ」「ォ」「ー」の違いをどうSEO対策したらいいか

トップコントリビューター
Googleの検索結果についてであれば、
https://productforums.google.com/forum/#!forum/webmaster-ja
のほうが、詳しい人がいるので、そちらで聞いていただくのがよいと思います。

自分の考えとしては、全く違う業種の会社が上に表示されている分には気にする必要はないと思います。
というのも、自社の情報を探しにきているのであれば、上位に全く別の企業が表示されていたとしても、最終的には自社のサイトに来てくれると思っています。当然、SERP上で業種の情報を出すなどして、自社の情報を求めて検索した人が、スムーズにたどり着けるようにする工夫は必要だと思います。

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者べいたおさんが付与
4月

Re: 「オ」「ォ」「ー」の違いをどうSEO対策したらいいか

トップコントリビューター
Googleの検索結果についてであれば、
https://productforums.google.com/forum/#!forum/webmaster-ja
のほうが、詳しい人がいるので、そちらで聞いていただくのがよいと思います。

自分の考えとしては、全く違う業種の会社が上に表示されている分には気にする必要はないと思います。
というのも、自社の情報を探しにきているのであれば、上位に全く別の企業が表示されていたとしても、最終的には自社のサイトに来てくれると思っています。当然、SERP上で業種の情報を出すなどして、自社の情報を求めて検索した人が、スムーズにたどり着けるようにする工夫は必要だと思います。

Re: 「オ」「ォ」「ー」の違いをどうSEO対策したらいいか

[ 編集済み ]
中級者 ✭

ウェブマスターフォーラムに再投稿しました。

https://productforums.google.com/forum/#!topic/webmaster-ja/s1CvxzEQwaU;context-place=forum/webmaste...


残念ながら、その考えではダメと考えています。類似の商売をしている競合は多く、一発で見つけてもらえなえれば全く異なる社名の会社へ流れていっている可能性が指摘されているからです。本質的には企業ブランド戦略の問題なので、ウェブでは限界のある話なのですが、対策をすることで流入数を増やすことができれば、ブランド戦略の重要性をクライアント社内に認知させることが可能になります。とにかく、こちらについては解決策マークを付けたいと思います。ありがとうございます。

このトピックのエキスパート
山田 良太