AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

272 人が現在オンライン
272 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

特定のページ閲覧者と非閲覧者の転換率差分を把握したい

中級者 ✭

ECのサイトを運営しております。

ユーザーに対して、返金保証キャンペーン(商品が気に入らなかった場合、期間内に限り1点まで商品返品可能)を実施しようとしております。

このキャンペーンの効果測定をどう行うべきか思案しております。

 

①実施期間の返品率の数

→勿論、返金保証キャンペーンの有用性を示すデータにならないので却下

 

②実施期間の昨年or昨月の転換率を比較

→昨年と今年では商品バラエティが違うことに加え、昨年TV露出などが以上に多く比較対象にならないと判断。昨月ではシーズンの傾向的に差が出て当然のため却下。

 

そこで、

③本キャンペーンの特設ページを閲覧した人とそうでない人で、(いずれも新規購入者限定)の転換率の差分をを測定する。

 

という方法でこのキャンペーンの効果検証を行おうとしております。

 

GAで、

・新規訪問(複数回訪問も可)

 かつ、

 新規購入者限定(複数回購入者は除く)

・特定のページを閲覧した人とそうでない人

の同一期間の転換率比較の方法を教えて下さい。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 特定のページ閲覧者と非閲覧者の転換率差分を把握したい

注目ユーザー
データを分割できれば、いいのですよね。


・指定期間内で新規訪問に分類される
・指定期間内で一回だけ購入完了ページ(コンバージョンページ)にきている

という条件でひとつめはクリアできますね。

そのフィルタ後に、指定したページをみているか、いなかを調べるためには

まず、
行動フローで指定のページを見た人
次に
指定のページを見た後にさらに特定のページを見た人

を追えばいいんですよね!

どうでしょう?

◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: 特定のページ閲覧者と非閲覧者の転換率差分を把握したい

トップコントリビューター
michi さん

こんにちは。記載いただきました件につきまして返信させていただきます。

>・新規訪問(複数回訪問も可)
ユーザーごとの累計訪問回数であれば
ディメンションの「セッション数」を利用することでデータ抽出可能です。
ディメンション「セッション数」=1
であれば、サイトに初めて訪問したユーザーとなります。
こちらレポート表示期間内の訪問回数とは別となりますので、ご注意ください。
例)
1/1 サイト初訪問(セッション数=1)
8/1 サイト訪問2回目(セッション数=2)
レポート表示期間8/1~8/31
上記ユーザーはセッション数=2 としてデータ抽出されます。

>新規購入者限定(複数回購入者は除く)
こちらは通常のeコマース計測とは別に
ユーザーごとの累計購入回数をカスタムディメンションに計測させておかなければデータ抽出不可能となります。

>・特定のページを閲覧した人とそうでない人
セグメントのディメンション「ページ」で"特定のページ"をセットしていただくことで
特定ページを閲覧したセッション/ユーザーにてデータ抽出可能となります。

以上、ご参考になれば幸いです。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。