AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

323 人が現在オンライン
323 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

目標URLの設定とトラッキングコードの関係

初級者 ✭ ✭

メルマガ登録ページを目標URLに設定して、読者がブログのどの記事から登録ページに来たのかを知りたいのですが、その分析をするには全記事にトラッキングコードを設置しないといけないのでしょうか?

 

それともトラッキングコードを設置しなくても把握できるものなのでしょうか?

 

 

トラッキングコードを設置せずに目標URLを設定しましたが、登録ページにはアクセスがあるにも関わらずデータが取れていません。

 

解決策がわかるかた回答頂けると嬉しいです。

 

よろしくお願い致します。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 目標URLの設定とトラッキングコードの関係

Ray 注目ユーザー
注目ユーザー
高さん、こんにちは。

ご認識の通り、基本的には関係する全てのWEBページにトラッキングコードを設置する必要があります。

参考になりましたら幸いです。
よろしくお願いします。
Ray お役に立てましたら、いいねや解決済みマークを押していただけると幸いです!

Re: 目標URLの設定とトラッキングコードの関係

レジェンド

こんばんわ。

 


どの記事から登録ページに来たかをanalyticsで確認するには、少なくともその記事にアナリティクスのコードが入っていないときちんとデータが取れません。

 

登録ページにだけコードが入っているのでしょうか。
その場合、直前のページからコードの入ったページに来たかまでなら見れると思います。
カスタムレポートで指標を「セッション」、ディメンションを「完全なリファラー」にして保存を押すと、アナリティクスで取得出来ている物は表示できます。

 

 non.png

 

 

記事ページから直でコードの入っているページに来る遷移になっていない場合や、
httpsなどセキュアなurlのものは取れないかもしれませんので、他の方の仰る通り全ページにタグを入れることをお勧めします。