278 人が現在オンライン
278 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

Googleアナリティクスで見る分析の指標について

中級者 ✭ ✭ ✭

Googleアナリティクスとは直接関係のない部分なのですが、

質問を出来るできるところが分からずこちらに投稿させていただきます。

 

現在、ブランドページの分析を行っております。

ブランドサイトとは、会社の歴史や商品の開発秘話などを掲載するページ群です。

 

分析に際して、クライアントから「このページは今後も鮮度を保って、更新をしていく必要があるか」を数値で見せてくれと言われました。

その際、見る指標としては、どんなことを見ていくのがいいのでしょうか?

興味関心については、直帰や離脱、そもそものセッション、PVで見ることは出来ると考えていますが、

上記の様な指標はどう見ていくのがよいか、しっくり来ていません。

 

個人的な考え方でも構いませんので、ご教示いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: Googleアナリティクスで見る分析の指標について

レジェンド
こんにちは。

こういうのはどうでしょう、とりあえずざっくりとですが、たたき台としては多いほうが良いと思うので。

1.ブランドサイトのURLを閲覧したことのあるユーザーをセグメント。
2.そのユーザーが再訪している率や数字をチェック。
3.エゴサーチでSNSなどの状況をチェック。
4.「試しに数ヶ月やめてみましょう」「おそらく(2)(3)のパーセント減少の見込みるかと思われます。」
5.「いっぽうでリスクとしては、本当にバズる記事が更新されたときには、その突発的な拡散の確率はなくなります。」
6.試した期間、ヤフーのリアルタイム検索などで ネガ・ポジなどのSNSのウォッチもする、など。

必要があるかないかと聞かれたら、とりあえずは、それをした期間としてない期間との内容の比較になるのかと思います。アナリストしては予測値とともに行動の提案をすれば良いのかなと思います。今は、SNSがあるので、本当に良い記事は突然拡散しますよね、読めないですよね、自社Twitterフォロワー数が少なくともインフルエンサーの目にとまると。

うーん、ちょっと違いますかね。なんかあんまりスマートな感じはしませんが、よろしくお願い致します。
------
文責:カグア!

Re: Googleアナリティクスで見る分析の指標について

セミ プロフェッショナル ✭
元も子もない話をしてしまえば、クライアントが必要ないと思えば更新しなくてよいのではないかと。
会社の歴史や商品の開発秘話などのページが古かったり更新されていないと、初めて見る人は良いイメージを持たないはずなので、数値以前に更新すべきものだと思いますから。
私であればこのように答えます。

数値で話すのであればカグアさんのようにするか、コンバージョン(問い合わせ、購入、採用の応募)などのユーザーのセグメントを作成して、
このユーザーがどれだけブランドページを見ているのかを、PVやページの価値などでチェックします。
PVもあってページの価値もあれば更新すべきだと思います。

Re: Googleアナリティクスで見る分析の指標について

注目ユーザー

Daisukeさま

WEB広告代理店勤務の佐藤といいます。
クライアントさまとDaisukeさまの状況、わかります。

難しいのですが、ブランドサイト、をどう捉えるかとブランドサイトを通じて何か目標設定で達成したいものがあるのか?それがいま充分に機能しているのかが大事だと思います。

----
ブランドサイト(ページ)の目標例と改善の動きの案

・【目標がある場合】訪れた方に自社のプロダクトを「知ってもらう」ことが大切
→知ってもらう上で大事なページの訪問数や各々の滞在時間、シェアなどが指標になる

・【目標がある場合】自社の営業さんが、営業先でブランドサイトを見せて受注に至っているので補助ツール→契約に至るための演出が充分であるか営業さんと打ち合わせる

・【目標がない場合】そもそも論としてのサイトの在り方から考える場合
→年に一度の更新は正直企業の嗜みとして実施するべきで、そこはコミットして
それ以外のタイミングは、もし重要な更新情報があれば適宜実施、という契約にする
----

などはいかがでしょうか?

ウェブ上の数字から考えるのも大事ですが、
本当にその作業が目標を達成するのに必要なのか
それを達成するためにブランドサイトはどう貢献するべきなのか
からお話したほうが納得してくださりそうなクライアントだなと想像しました。

よろしくお願いいたします!
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。