564 人が現在オンライン
564 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

measurement protocolによるメールマガジンの開封分析について

[ 編集済み ]
ytw
初級者 ✭

お世話になります。

掲題のとおり measurement protocolによるメルマガの開封・解析を行っています。

 

以前は、DoubleClick For Publishersを使用していましたが、

現在、measurement protocolにて、メルマガ配信時のユーザーの開封数の集計を行っています。

 

導入後まだ日数が立っていないため、いろいろな点で運用に疑問点が出ています。

恐れ入りますが、皆様のお知恵を貸していただけませんでしょうか?

---

※設定しているパラメーター

t=event

tid=(省略)

cid=ユーザーごとに一意のUUIDを設定

uid=ハッシュ化済みのものを設定

cd*=uidを設定

ec=email

ea=open

dp=各メルマガごとに一意のものを設定。各メルマガごとに集計

---

 

①合計イベント数とユニークイベント数に差異がある

ユニークイベント数に対して、合計イベント数が各メルマガごとに120~130%ほど差異があります。

uidをカスタムディメンションとしても設定して配信しているため、ユーザーごとにイベント数の状況を見ると、

最大で、1ユーザーあたり一日500ヒット(上限?)しているユーザーもおりました。

また、ユーザーあたりのイベントヒット数が多いものについて、送信しているメールアドレスのドメインがezwebが多かったようです。

「メールマガジンの開封回数」として計測するには、ユニークイベントの数値を参照するべきでしょうか?

 

②ユニークイベント数の信ぴょう性

このユニークイベント数というのは、measurement protocolにてメール内に配置した場合、「同一のcid内でヒットしたイベントの重複を削除したイベント数」という

認識でよろしいでしょうか?また、ユニークとする期間(セッションなら30分、などのもの)はどのように考えればよいでしょうか?

 

以上、お手数をおかけいたしますが、若輩者の私に知恵をお貸しください。

何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

※12/4内容修正

「同一のcid内でヒットしたイベント数」

⇒「同一のcid内でヒットしたイベントの重複を削除したイベント数」

※12/4内容修正

DFPとの数値比較は問題なかったため、文章削除

Re: measurement protocolによるメールマガジンの開封分析について

[ 編集済み ]
プロフェッショナル ✭ ✭

ytwさん、こんにちは。

 

②ユニークイベント数の信ぴょう性

ユニークイベント数は、該当イベントが発生したセッション数(厳密に言うと「 1 回のセッションでコンテンツに対して起こしたインタラクション数」)ですので、30分経過する等セッションが切れた後イベントが発生した場合は、新たにカウントされます。

 

ただ、下記のスレッドのyu-sukeさんのご回答によると、ユニークイベント数は今後廃止予定とのことなので、代わりに「ユニークなディメンションの組み合わせの数」を利用されたほうが良いかもしれません。

 

解決済み: ユニークイベント数について - Google 広告主コミュニティ

 

①合計イベント数とユニークイベント数に差異がある

ytwさんに記載いただいたmeasurement protocolの設定に合わせて PCで

 

メール開封→閉じる→再びPCでメール開封→閉じる→スマホでメール開封→30分経過後PCででメール開封

 

とした場合、以下のようにトラッキングされました。

 

※dpに各メルマガごとに一意の値を入れてしまうとPV0のページが計測されてしまいそうなので。。代わりにel(イベントラベル)に一意の値を入れています。

 

スクリーンショット 2017-12-20 5.16.30.png

 

上記の結果から、例えば「メルマガを一度開いて閉じ、セッションが切れない状態でもう一度開いた」という行動をとったユーザーがいた場合、ユニークイベント数と合計イベント数に差が出そうです。

 

また「メールマガジンの開封回数」として計測される場合、ユニークイベント数、もしくはユニークなディメンションの組み合わせの数ですと、開封後セッションが切れた後再びメールを開くと2カウントと計測されるはずですので、

 

ディメンション:イベントラベル

指標:ユーザー

フィルタ:一致・イベントアクション・完全一致・open

 

という設定のカスタムレポートを作成頂くのが良いかと思います。

 

※ディメンションで、イベントカテゴリやイベントアクションを設定すると、異なる2通のメルマガを開いた場合にユーザー数1とカウントされる点はご考慮いただければと存じます。

 

ユーザーごとにイベント数の状況を見ると、

最大で、1ユーザーあたり一日500ヒット(上限?)しているユーザーもおりました。

① ユーザーIDが固定値(「ハッシュ化済みのものを設定」とされているのでこれはなさそうな気がします

②フィルタが上手く機能していなく、メルマガ以外のイベント(例えばヒートマップやスクロール率計測のイベント)が換算されてしまっている

③デバイス側の仕様で、何度もmeasurement protocolがロードされている

 

などが考えられますが、こちらで同じ現象が再現できなく、確実にコレと言える原因は特定できませんでした。。

 

ezwebが多いとのことでしたので、「モバイル端末の情報」ディメンションをかけ合わせて、異常なイベント数が計測されている端末を調べて頂き、その端末使って実際にメール開封しつつGA上のデータをご確認頂くと、原因を特定していただけるのではないかと思います。

 

 

ご参考になれば幸いです。

もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますととても嬉しいです!Kumiko Muraji