211 人が現在オンライン
211 人が現在オンライン
Google マイビジネス関連の疑問について、ユーザー同士で意見交換ができます。ビジネスオーナーならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭

いつもこちらを参考にさせて頂いています。

 

ウェブサイトの事で質問させて下さい。

 

元々、自社サイトがありサイトメインで運営しており

マイビジネスを昨年秋頃から利用しているのですが

今まではマイビジネスのウェブサイトを公開していなかったのですが

なんとなくマジビジネスからの集客が思うようではないと感じ

数日前にウェブサイトを公開してみたのですが

本サイトがあるのにマイビジネスのウェブサイトまでも公開すると

デメリットがあったりしますでしょうか?

 

宜しくお願いします。

1 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者hideki kさんが付与
2月

Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
これは、私がマイビジネスを運用している上で気づいたポイントでもあるのですが、ブログ的な使いかたで投稿機能を使うのはマイビジネスの特性上、あまり向いていません。

理由は簡単で、店舗を選んでいる際にブログの様な雑然とした記事や長い説明文はあまり読まないからです。
マイビジネス内の情報で閲覧者が欲しがっているのは「さくっと読め」て、「その記事だけで成立して、すぐ利用したくなる情報」です。

悪い例を挙げると
「こんなイベントがありました」という記事は、もう終わってしまっているのですぐ利用するきっかけになりません。
「うちのランチの付け合わせは手作りです」という記事もメインではなく、あまりに小さすぎて、その為だけに利用するほどではありません。
かといってあれもこれもと書いても、表示できる文章と、見てくれる文字の多さには限界があるので、実は文章とネタがかなり大事です。

良い例で言えば
「ランチ100円引きで500円に!」とか「当店は日本製のみ!」とか「今月だけの限定●●●!」とか「この画面から予約でxxサービス!」とかです。

投稿機能の仕様と内容的には、手離れの良い「1行で分かる他店と比べての魅力」の文章が必要です。
もし定期的な期間限定な売りが無い場合は、逆にそのネタを作るくらいで取り組むと良いですよ。


元の投稿で解決策を見る

Re: ウェブサイトの件で質問です

[ 編集済み ]
注目ユーザー

流入経路とコンテンツにより、様々な考え方ができます。


が、基本的には、同内容をそのまま掲載するだけではアクセスが分散するだけで、正直全くメリットはありません。デメリットばかりです。

マイビジネスのウェブサイトは検索のナレッジパネル情報の補完をする目的で使用されます。
検索ユーザーが興味を持ち、「もっと知りたい」と思ってアクセスします。
逆を言えば、マイビジネスありきなので、現在ウェブサイトを単独で運用されている場合には、そのサイトをマイビジネスで表示されるウェブサイトとして登録するだけで問題はありません。別で作る必要はありません。

マイビジネスからの集客が足りず、ウェブサイトへの閲覧を促したいなら、ウェブサイトの中身を切り替えるのではなく先ずはマイビジネスの「投稿機能」を使い、積極的にウェブサイトへの誘致を図る事が効果的です。

もし、ウェブサイトへアクセスされた上でのお問い合わせや来店などのコンバージョンレート(目的の達成度合い)が低いなら、現在使われているウェブサイトの改変する方が良いです。

別コンテンツとしてマイビジネス用のページを作るメリットを見出すとすれば、現在のウェブサイトのメニューや階層が深かったり複雑だったりで、まとまっていない、解りづらい場合です。

その場合は「マイビジネスからのランディングページ」として情報をひとまとめにしたページがあれば、アクセスからのコンバージョンレートの改善が図れます。

ただその場合でも別サイトにするメリットはなく、同じドメインの中に別コンテンツとして組み込み、そこをマイビジネスのウェブサイトURLとして登録すると良いでしょう(例:はじめてのご覧になる方へ というページを作成するなど)


ウェブサイトへのアクセスというのは4種類あります。

1,Google等の検索エンジンからのアクセス
2,広告からのアクセス
3,SNS等の外部リンクからのアクセス
4,直接アクセス

1は、サイトに関連するキーワードに紐付いた「顧客になり得る一定興味を持った検索ユーザー層」
2は、検索ではヒットし辛いセグメントからの「0から集めてくるユーザー層」
3は、他サービスを利用している「検索ではないコンテンツ利用ユーザー層」
4は、一度訪問している「リピーターなどのユーザー層」

です。
広告を使わずマイビジネスを運用する上では基本的には1のユーザー層がターゲットです。

例を挙げると、飲食店を経営しており「ランチ 地名」「ディナー 地名」と検索するユーザーが居たと場合、あなたのお店は検索された際に沢山の候補のひとつになります。

マイビジネスの本領は「いくつかの候補の中で、競合店と比べ自店の魅力をアピールする事で自店に興味を持ってもらう(または利用してもらう)」ものです。

ウェブサイトを別途で作るより、質問者様の「マイビジネスの状態が競合と比較して魅力的であるか」を優先してみると良いでしょう。

現在のマイビジネスの状況とインサイト、そしてウェブサイトへのアクセスがどの様な割合かをGoogle Analytics等のアクセス解析ツールで確認してみて、それを補う様な計画を立ててみましょう。

Re: ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭
Tak Nさん
ありがとうございます。

詳しくご説明いただき
驚きと共に大変嬉しく思っています!

マイビジネスは自社サイトへの入り口の一つとして捉えてて
投稿をブログ的な使い方をして商材というかサービスをアピールし
そこから詳しく書いてある自社サイトに繋げたいという思いです。
が、思っている以上にサイトに流れていってくれていないみたいなので
ウェブサイトを公開した次第です。

上のアドバイスを参考にしてウェブサイトをどうしていくのか
少し様子を見ながら探っていってみたいと思います。
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者hideki kさんが付与
2月

Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
これは、私がマイビジネスを運用している上で気づいたポイントでもあるのですが、ブログ的な使いかたで投稿機能を使うのはマイビジネスの特性上、あまり向いていません。

理由は簡単で、店舗を選んでいる際にブログの様な雑然とした記事や長い説明文はあまり読まないからです。
マイビジネス内の情報で閲覧者が欲しがっているのは「さくっと読め」て、「その記事だけで成立して、すぐ利用したくなる情報」です。

悪い例を挙げると
「こんなイベントがありました」という記事は、もう終わってしまっているのですぐ利用するきっかけになりません。
「うちのランチの付け合わせは手作りです」という記事もメインではなく、あまりに小さすぎて、その為だけに利用するほどではありません。
かといってあれもこれもと書いても、表示できる文章と、見てくれる文字の多さには限界があるので、実は文章とネタがかなり大事です。

良い例で言えば
「ランチ100円引きで500円に!」とか「当店は日本製のみ!」とか「今月だけの限定●●●!」とか「この画面から予約でxxサービス!」とかです。

投稿機能の仕様と内容的には、手離れの良い「1行で分かる他店と比べての魅力」の文章が必要です。
もし定期的な期間限定な売りが無い場合は、逆にそのネタを作るくらいで取り組むと良いですよ。


Re: ウェブサイトの件で質問です

[ 編集済み ]
中級者 ✭ ✭ ✭

Tak N さん
ありがとうございます!
大変参考になります。
今までは自社サービスの事後報告的なものを
ズラズラ~っと日記の様に書いておりましたが
今後は上を参考にサクッと時期的なネタを探して書いてみようと思います。

ありがとうございます!



Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
少しでも参考になった様で、良かったです。
他にも写真の「質」にもこだわってみると良いです。
Googleは単純に閲覧数と数を比較的重要視している傾向があるのですが、こと「利用してもらう確率を上げる」為には、魅力的な写真であることが重要です。

なかなか一朝一夕にはいかないのですが「この写真がきっかけで利用してみようと思った」と閲覧者に思わせる写真に仕上がっているか、ユーザー目線で見てみると良いでしょう。

hideki kさまのビジネスのジャンルがわからないので何ともですが、この辺りにも気を払うことできっと良い結果に結びつくと思いますよ。

参考になりましたら幸いです。

Re: ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭
Tak Nさん
更なるアドバイス…ありがとうございます!

投稿に関してはサクッと!を既に実践してます。
ビジネスジャンルは精密機械の修理がメインです。

メインサイト
マイビジネス
アドワーズ
アナリティクス
サーチコンソール
実際の仕事以外に毎日やる事が多過ぎて大変ですが
楽しんで今はやれてますから
これで成果が伴ってくれたら~!

本当にありがとうございますm(__)m

Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
こちらこそ!
精密機械修理となると、スマートフォン修理の様な一般向けか、事務機修理の様な企業向けか、PC修理の様な広いターゲットになるかで戦略が大分違いますね。

詳細が分からないので、どのターゲットでも使えるテクニックになりますすが、
金額一覧などのメニュー写真が、携帯で見られる精細さかどうかを確認して、見づらい様なら調整してみましょう。
ただし、写真は見られない事も多いので、投稿でメニューを載せるようなやり方をするのがおすすめです。
しかしただメニューを掲載するのはGoogleポリシーに反しますので、月替りで5%引きのアイテムを決めるなどを行い
それを「イベント設定」することで「他の通常メニューと合わせて投稿」すると、ポリシーにも反さず、閲覧機会がぐっとあがって、しかも一ヶ月間掲載が維持されます。ちょっとした投稿テクニックなのですが、かなり使えます。

企業向けでしたら、訪問サポートもあるでしょうからビジネス情報の設定で「出張型の商品配達やサービス提供を行っている」のチェックを確認してみるといいでしょう。

Re: ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭
またまた、ありがとうございます、本当に!

一般向け家電修理的なカテゴリになります。

↑のテクニック…ちょっと高度でしょうか?^^;

そもそも「メニュー」が分かりません。
しかもイベント設定で一か月の掲載が可能とは!
通常、投稿は1週間ですよね。

私の考えているマイビジネスは
本サイトへの流入でイイと思っていますが
それ以上の事もマイビジネスで出来そうですね。

とりあえず料金表を画像にしてみようと思います!

Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
いえ、高度ではないですよ。

メニューというのはマイビジネスの管理画面にある「写真」カテゴリ内にある「外観」「店内」「スタッフ」写真属性のことです。メニューという属性があるかどうかは店舗のメインジャンル(店舗情報で店名の下にあるもの)によってあったりなかったりするのですが、要は写真として価格表があるかどうかは、お客の立場からすると結構重要 というお話です。

それを見やすい価格表を写真として載せてみるわけですが、写真がいっぱいあると、埋もれてしまいますし写真とかをわざわざクリックして見ない人もいます。
なので、投稿をうまく使おう というのが先述したテクニックです。

投稿の例1

写真・・・価格表
イベントにする・・・ON
イベントタイトル・・・今月はこれが安い!
内容・・・当日無料診断可能!出張OK!今月はxxxですと10%OFF!
詳しくは価格表をご覧ください!
(更にテキストで簡易な価格表を作ってもなお良し)

期間設定・・・2018/02/01 - 2018/02/28
ボタン・・・(予約する・詳細)ホームページのURLを指定

と、こんな感じなら一か月掲載しつつ違和感なく価格もわかりやすい場所に設置でき、お得なアピールや店舗のメリットを伝えることができます。

ちょっと話がズレてしまいましたが、参考になれば幸いです。


Re: ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭
非常に詳しく具体的に…ありがとうございます!

チャレンジしてみたのですが
投稿の写真ってサイズ感が難しく
サイトから引っ張ってきたものだと大き過ぎて
リサイズすると小さ過ぎてUPできず
ちょっと思案中です。

価格表を投稿ではなく
写真に、ただただUPしておくのは…どうでしょうか?
当社の場合1日1~2枚は写真をUPし
投稿も1日1投稿を心掛けている感じなんですが。

Re: ウェブサイトの件で質問です

注目ユーザー
普通にテカリを押さえて写真を撮ってもいいと思いますよ!
スマホで撮るならGoogleフォトスキャンだと自動補正効く、メニューとか表紙撮る専用みたいなアプリです。

メニューも1ページ全部撮るのではなく、全部撮ると潰れてしまう場合にはカテゴリごと、もしくはメインだけ撮るくらいでもいいかもしれません。

投稿に入れず写真にただUPでも問題はないと思いますよ。
ただ単純に確率の問題で、業態によってはあまり写真の閲覧数は伸びない場合があるのと、確実に写真の上位に載ってくれるとは限らないので、ユーザーが見る機会が少ないので悩みどころです。

投稿を1日1回されるのも、” Googleのシステム的 ” には「よく更新されている」と解釈され、一定の効果はあると思います。

が!ユーザー目線で考えると「知りたい情報があるか」の方も気にすると、もっと良くなると思います。
記事の量が増えれば増えるほど、閲覧できる情報は増えていくため「本当に見せたいもの」が埋もれてしまう側面もあります。


カフェで、日替わりランチの写真を毎日アップする

似たような料理が並んでしまい、スタッフ写真や外観、内装が目立たなくなってしまう


これもよくアドバイスする事なのですが、ルーチンワーク化し、ネタが尽きてくるとお客様への誘致でしているはずなのに「投稿すること」そのものが目的になってしまいユーザーから見ると本質がズレてくるパターンがあります。

写真がまったく無かったり、投稿した掲載記事がまったく無い状態は流石にもったいないですが、ある程度の量と記事内容が確保できたら、頻度や量より質を重視させる方向にシフトする事も検討してみてください。

優先順位的には

お客様が知りたい事が解り易く掲載されているか > 最新の情報なのか > 賑やかし情報

を心がけるイメージが良いと思います。

業態にもよりますが、基本的にhideki kさまの店舗だと毎日チェックするようなお店ではなく、「困ったときに頼る」お店だと思います。
そのお客様は「今日更新されたものかどうか」「情報が沢山ある」ことより「どういうサービスがあるのか」「料金はどうなのか」が知りたいものだと思うので、そこを軸にしてみてください。もっと良くなる筈です!

Re: ウェブサイトの件で質問です

中級者 ✭ ✭ ✭
毎回毎回的確なアドバイス
本当にありがとうございます!
まるでコンサルのようで助かります(^_^)

投稿の件、この先アドバイス頂いた様にシフトしてまいります。

また困った事が出てまいりましたら
ご相談させて下さい。

本当にありがとうございました!