342 人が現在オンライン
342 人が現在オンライン
Google マイビジネス関連の疑問について、ユーザー同士で意見交換ができます。ビジネスオーナーならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

マイビジネスのインサイトの項目について

初級者 ✭

マイビジネスのインサイトの項目の違いについて質問です。

 

「ユーザーがビジネスを検索する方法」という項目と、

「ユーザーがビジネスを検索した Google サービス」という項目があるかと思います。

この2つの違いについてお伺いしたいです。

 

https://support.google.com/business/answer/7069123?_ga=2.250710534.1801997569.1518833547-884514711.1...

このページは熟読したつもりなのですが、よく分からないのです。

 

①「ユーザーがビジネスを検索する方法」の合計値(直接+間接)は、ユーザーが検索した結果、当該ビジネスが画面に表示された回数、ということであっているのでしょうか?

 

②「ユーザーがビジネスを検索した Google サービス」の合計値(検索+マップ)は実際にそのリスティングがクリックされた回数ということでしょうか?

 

③現在複数のマイビジネスを管理しているのですが、

ビジネスAは上記の「~検索する方法」が5000件/月で、「~検索したGoogleサービス」が2500件/月ですが、

ビジネスBは上記の「~検索する方法」が1800件/月で、「~検索したGoogleサービス」が2100件/月と表示されています。

 

この数値からビジネスAとビジネスBを比較すると、両社にどのようなことが言えるのでしょうか?

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

注目ユーザー
①合っています
②実際にリスティングが「表示」された総合計回数です。
③この数だけでは詳細な診断は難しいです。

ただこれ、数字が逆じゃないでしょうか。

(α)ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法
総検索数(内訳:直接検索+関節検索)

(β)ユーザーがお客様のビジネス情報の検索に使った Google サービス
表示回数(検索総数とほぼ同数)+マップ表示回数

(γ)ユーザーの操作
掲載情報(ナレッジパネル)を閲覧し、何か行動を起こした回数

となるので、ビジネスAを例に挙げると総検索数が2500件(α)でマップを足した数字が5000件(β)となっていそうです。
この流れで考えると、
関節検索と直接検索の比率、電話やルート検索回数も見てみないと細かくは診断できませんが、ビジネスAの方が立地的な面や知名度などの点で「見られる機会の多い店舗」と言えます。


-------ここからは補足として参考にしてください-------

検索の回数はGoogle検索経由の潜在顧客の総数と言えます。

内訳で言えば
【直接検索】は「名前を知っている方が店名で検索した数」です。
おおむね知名度、またはリピーターの比率と言って良いでしょう。
名前がなかなか打ちにくい、覚えにくい名前ですと、必然的に数が落ちる傾向にあります。

【間接検索】は「その周辺で行きたいと思ってジャンル検索し、引っかかっている数」です。
周辺に競合店が少ないジャンルであれば、

間接検索数=まだ行く店を決めていないGoogle検索経由の潜在顧客の総数

競合が多い店舗であれば、そこから競合に揉まれますのでGoogleの判断で検索順位の変動があり、その上での差し引いた数字となります。潜在顧客は居そうなのに不自然に数字が低ければ、競合が多すぎて食い合っている状況と推測されます。

マップ検索の回数は「マップの表示回数が少なければ、「マップ上で目立たない」「店周辺(特に店前道路)の交通量が少ない」「目的地にされにくい」などの理由があります。マップの検索数は経験上、立地要素が大部分を占めます。もちろん来客数が倍になるなどの状況が変われば違いますが、店舗規模とジャンルが同じであれば基本的にはほぼ立地要素と解釈して良いです。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

初級者 ✭
Tak Nさま
 
ご丁寧に回答いただきありがとうございます。
大変、参考になります。
 
>ただこれ、数字が逆じゃないでしょうか
という部分についてなのですが、ビジネスAを再確認したところ、やはり
 
(α)ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法が約5000件
(β)ユーザーがお客様のビジネス情報の検索に使った Google サービスが約2600件と、
 
(α)>(β)かつ、その数値が大きく乖離しているのです。
(*実際の数値をファイルに添付してみました)
 
Tak Nさまの私見で構いません。
この数値をどのようにお考えになるか、ご意見を頂戴できませんでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

注目ユーザー
あ、本当ですね。
ようすけ様、よろしければこのビジネスの「直接検索数」と、「間接検索数」を教えて頂けませんか?
そして可能であれば、期間を四半期に変更したスクリーンショットを見せて頂くことは可能ですか?

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

初級者 ✭

Tak Nさま
1ヶ月の直接検索数は320(6.6%)、間接検索数は4561(93.4%)でした。

 

四半期のスクショも添付いたしました。

ちなみに、四半期の直接検索数は953、間接検索数は12740でした。

 

ここから推察できることがありましたら、ぜひご教授いただけたら幸いです。

よろしくお願い致します。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

注目ユーザー
返信ありがとうございます。
ようすけ様、アドワーズなどのweb広告などは行っておりますか?

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

初級者 ✭
Tak Nさま
いえ、行っておりません。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

注目ユーザー
私見でお話させて頂くと、バグでの誤カウントの可能性が高いです。

私もさまざまな地域、業種、パターンのマイビジネスを見てきていますが、通常ではあまりならないケースです。ただ、ようすけ様と同様の説明できない不明な数字が出たケースが何度かあります。その場合でも半年後にしれっと通常のカウントに戻っていました。

ビジネスAとBはご質問の内容から察するに、支店比較と解釈させて頂きました。
ビジネス情報の検索に使ったGoogleサービスのカウントがAとBで似たような数字になっている事から、こちらを採用すべきと考えます。

もし誤カウントでないと判断したとしても、5000件の検索数があったものが、2000件程度しか表示されてないわけですから、「どちらにせよ2000件程度が実際の潜在顧客候補」と考えるべきかなと思います。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

注目ユーザー
今気づいたのですが、間接検索がかなり多いですね。数字自体の比率は実際あっておかしくない数字なのですが、ビジネスBと比較して、数字自体はどうでしょうか?

もし間接検索だけが異常に多いのであれば、こうなった糸口が見えそうな気がします。

Re: マイビジネスのインサイトの項目について

初級者 ✭
ご回答ありがとうございます。
ビジネスBと比較しても、直接と関節の比率はほとんど変わらないんですよね。

Tak Nさまのご意見を基に、引き続き自分でも考えてみたいと思います。
どうもありがとうございました。