284 人が現在オンライン
284 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

キーワードに対する入札単価の引用について

KEI
初級者 ✭

キーワードの入札単価を論文で使用したいと考えています。

購買に近いキーワードの単価はどの様に変化するのかというところを明らかにするにあたり、Aというキーワードの単価は◯円だというデータを記載しようと考えています。

 

規約は一読しましたが、禁止事項の中にみあたりませんでした。

もし見落としていたら、申し訳ございません。どなたか詳細をご存じの方はいらっしゃらないでしょうか。

 

もし、禁止事項の場合どのような形でならデータとして転用可能化をご教授頂ければ幸いです。

例:具体的なキーワードは出さずに単価のみなら◯

  具体的なキーワードは可能だが単価は☓

 

カテゴリとして適切な質問かはわからないですが、ご回答いただけるかたがいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

 

(GoogleAdWords自体は課金しており、職場で使用しています。小さな学会での報告のデータとして使用する予定です。)

3 人のエキスパートが返信verified_user

Re: キーワードに対する入札単価の引用について

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

一回のクリックの単価は、キーワード単体による要素だけではなく、デバイス、地域、時間帯、ユーザー属性、広告、リンク先、他の広告主の状況、明かされてない何かなどあらゆる要素が絡み合って決まるので、そもそもAというキーワードの単価は○円だ、という決めつけがほぼ不可能に近いとは思います。

どういう論文なのかにもよるかも知れませんが。

小西 一星

Re: キーワードに対する入札単価の引用について

注目ユーザー
KEIさま

こんにちは。
とても、面白い取り組みだなと感じます。
その一方で、小西さまが先述しているとおりのこともありますが、

例えば、
・Googleキーワードプランナーのデータを元にする(エリア、検索時期は統一)
・「りんご」と「りんご 通販」のクリック単価のシミュレート値の比率は XX%だった。(沢山調べる)

などのような調べ方は面白いのではないでしょうか。
論文の内容によりますが、アカウントの設定に左右されるアカウント内のCPCよりもキーワードプランナーのほうが良いのかなと感じた次第です。

どうぞよろしくお願いいたします!
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: キーワードに対する入札単価の引用について

注目ユーザー
KEI様
初めまして。web広告代理店に勤務しております、古田と申します。

いただいたご質問に回答させていただきます。
既に小西様や佐藤様が回答されており、ほぼ同じ内容になってしまいますが、キーワード単価を論文内に記載することに関しては様々なサイトでも紹介されていますし、問題ないのではないかな?と思います。(私自身、利用規約を完全に把握してないので、詳細はわかりませ。Googleの公式サポートセンターに確認いただくのがいいかと思います。)
ただし、様々な要素によってクリック単価は変動するものですので、「この場合のクリック単価はこれ!」と断言して論文に記載すると虚偽の内容になってしまいます。
KEI様がAdWordsを利用されていた際の設定や状況などを細かく記載した上で、「その場合はこのクリック単価でした。ただし、状況によって常に変動します。」と注意書きもあった方がいいかもしれないですね。

論文で利用するのは面白い取り組みだと思います。頑張ってください^^
古田 聡(@soufuruta)※問題は解決しましたでしょうか?解決のヒントになった場合は「✓解決策マークを付ける」ボタンを押していただけますと他の方の参考にもなります。よろしくお願いします。