538 人が現在オンライン
538 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ダイエット食事指導の広告について

初級者 ✭

ダイエットのための食事指導プログラムの広告を作成しています。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」でなくても薬事法を意識した表現をしないといけないのでしょうか?

 

 

4 人のエキスパートが返信verified_user

Re: ダイエット食事指導の広告について

注目ユーザー

原 さん

 

法的なお話になるので、確実な情報を得るために、関係省庁に問い合わせ頂いたり専門家にご相談頂くのが間違いないと思います。。。

 

・医療法、薬機法(厚生労働省)…栄養指導がこれらの法の下に規制対象となるかの確認

 

厚生労働省 : http://www.mhlw.go.jp/

 

・景品表示法(消費者庁)…10日で30kg減量のように誤認を与えかねない表示に関する規制などの確認

消費者庁ウェブサイト : http://www.caa.go.jp/

 

個人の感覚値としてはこうであろうというものはあるのですが、医療情報を取り巻く昨今の状況もあるため、個人の見解については控えさせていただければと思いますので、ご理解いただけますと幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: ダイエット食事指導の広告について

トップコントリビューター
こんにちは。

私見で申し上げます。
仰る内容は打ち出し方によって「医療行為」と見なされ、薬事以上に慎重にならざるを得ません。最終的にはGoogleや日本の関係省庁の判断なのですが、先にGoogleによる慎重な判断がされるかと思います。

広告、ランディングページ、リンク先の各ページに至るまで「慎重な対応」であるかどうかがポイントになります。

規制法は薬事法などではなく、厚生労働省の医療広告に関するガイドライン等になってくるかと思います。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: ダイエット食事指導の広告について

注目ユーザー
例としてフィットネスクラブの表現例があったので。
http://aksk-marketing.jp/column/keihin/187

景品表示法に抵触する可能性はありそうですね。
平均的な体重変化や個人によって異なるなど、広告文やLPの表現には誇大表現にならないよう気をつけた方が良いかもしれません。

ご参考下さいませ。
Hiromichi Ogasawara
follow me on twitter

Re: ダイエット食事指導の広告について

トップコントリビューター
景表法、薬事法、医療広告ガイドラインに関わるようなお話は、なかなかここでご相談いただくのも難しい内容かなぁとも思います。
詳しい内容を把握できなければなんとも言えないですし、詳しくお聞かせいただいたところで、ここのような単なるオンラインコミュニティで無責任にお答えできるような内容でもない、といいますかお答えするべき内容でもなさそうな気がします。

法律がどうあれ、たとえ医療レベルのものではないにしても健康に関わるようなお話は、いつもいろんなところであらゆる問題を起こしていますし、個人に対して重大な影響をもたらすことがあるお話ですし、かなり、慎重に扱うべき問題です。
そういった意味では、医療広告ガイドラインも薬事法も景表法も、消費者を守るためによくできている、必要な法律だなと思えます。
ご自身のサービスによって誰かを傷つけないためにはどうしたらいいか、範囲外である各法律も合わせて学ぶことでとっても参考になっておすすめです。

そういった前提で、無責任に答えるならば、まず景表法は知るべきとして、内容によっては薬事法も適用されるかも知れません。
医療広告ガイドラインが適用される可能性はとっても低そうな気がしますが、表現によっては、医療ではないのに医療レベルの話を示唆しているからNGと認識されることもあります。
施術だけを行うエステサロンなら薬事法は適用範囲外である可能性が高い、ということは痩せるための指導プログラムなだけならそれも薬事法の適用範囲外である可能性は高い、ような気がしますが、具体的にどこまでが施術の範疇であると言えるのか、ちょっとした物を扱った時点で薬事法適用範囲に該当しないのか、施術にしても医療行為の範囲にも及ばないのか、このあたりは慎重に調べる必要があります。
小西 一星
このトピックのエキスパート
石川 知紀
Hiroki Tanaka
小笠原 弘充
小西 一星