385 人が現在オンライン
385 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

不正クリック対策について

中級者 ✭ ✭ ✭

現在、運用している広告に対して不正クリックと思われるクリックが非常に多数発生しています。

 

あるキーワードにおいて、クリック率が60%を超えるなど、通常ではまず考えられないクリック率となっており、クリック数に見合うだけのCVも獲得できていません。

こうした不正クリックへの対抗策は何かありますか。

 

現在、行なっているのは、以下になります。

・サーバーのログからIPを検出してIP除外設定

・競合と思われるサイトのIP除外設定

・アクセス解析ツールを導入し、不正クリックからのアクセスを記録し、google側に無効なクリックとして申請する準備

 

除外設定は随時行なっているものの、相手は携帯電話の偽造IPでどんどんと変更されているようで、あまり効果が出ていません。

記録を取ってgoogleに申請するのは、どこまで戻ってくるのかということと、後手に回ってしまっていて、先に支払わなければならない広告費が厳しい状況です。

 

相手の大元のIPがわかれば、営業妨害で情報開示を求められるのではとも思うのですが、なかなか上手く行きません。

 

何か他に有効な対策をご存知の方がいらっしゃいませんでしょうか?

2 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者大槻晃弘さんが付与
10月

Re: 不正クリック対策について

中級者 ✭ ✭ ✭
なかなか、根本的な解決とは行きませんが、すこし状況が変わりましたので、皆さまの参考になりますように共有させていただきます。

色々と手は打ちましたが、競合が怪しいとはいえ、なかなか確証は持てず、googleへの申請も時間がかかっています。
ということで、現在も不正クリック自体は続いているのですが、不正クリックの影響自体はほぼなくなりました。

通常の課金クリックと不正クリックの割合は、1:9か、それ以上なのですが、不正クリックの9割以上がきちんと無効クリックとしてカウントされており、クリック率、CPC、CPAへの影響はほぼなくなりました。
不正クリック被害に会う前と同じレベルの数値となっています。

相手側がツールを使っているのか、業者を使っているのかはわかりませんが、相手側がその料金やリソースの分、マイナスになっているだけの状況と思われます。

googleの機械学習おそるべしと言ったところでしょうか。
意識していたわけではないですが、広告を止めることなく2週間ほど出し続けたのがよかったのかもしれません。
CVの自動最適化ではないですが、不正クリックのパターンを学習してくれたのではないかと思います。


不正クリックは止まっていませんが、影響はなくなったということで、一応の解決にはなったかと思います。
ご意見をくださった皆さま、本当にありがとうございました。
特殊なケースではありますが、似たような被害にあった方の参考になれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る

Re: 不正クリック対策について

注目ユーザー
大槻晃弘さま

はじめまして。佐藤と申します。
この度は、不正クリックでの被害とのことで心中お察し致します。

すでに、ある程度の不正クリックツールの導入検討などはされているとのことで
こちらはおそらく大槻さまのほうがすでにお詳しいので割愛いたします。

また、完全に別の目線からのご提案となりますがご容赦ください。
似たような事例に遭遇したことがあり対策を検討したことがあります。


以下の仮説のもとに、思考実験的に相手の大元を特定する作業をしたことがございます。
---------------------
1.不正クリックの発生元は、広告の利害関係者である=広告を出向している
2.その過程で、ライバルである大槻さまの広告費を減らそうとしている

1と2より、不正クリックにさらされている御社業界のなかで、インプレッションのシェアを増やしている競合がいれば、ある程度の割合で不正クリック主の可能性がある
---------------------
といったものです。


GoogleAdWordsには、オークション分析という機能があります。
その機能をもとに、直近3ヶ月などでインプレッションシェアを伸ばしている競合などを調べてみるのはいかがでしょうか?
https://support.google.com/adwords/answer/2579754?hl=ja
完全に仮説の上でのお話なので、どこまで大槻さまの実情と噛み合うかは不明ですが
何もないよりは良いのかなと思いご提案致します。

以上、よろしくお願いいたします。

佐藤
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: 不正クリック対策について

中級者 ✭ ✭ ✭
佐藤様

ご回答ありがとうございます。

大変、参考になります。
不正クリックの大元が競合である可能性は高いと考えています。

インプレッションシェアなど参考に、どの競合が怪しいかなど調べてみたいと思います。
ありがとうございます。

大槻

Re: 不正クリック対策について

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

悪意ある人に知られるのも嫌なので詳しくは書きたくありませんが、残念ながら、狙われつつ、上手くいく仕組みを用いられているなら、簡単に防げるものでもありません。

受け手側として調べられることや、できる対抗策で基本的なことはすでに行われていると思います。

そうなると、AdWords運営側であるGoogleになんとかしてもらうしかないので、IPなどの調べられる情報をまとめ、とにかくうるさいくらいに申請するしかないかと思います。


恐らく攻撃側は競合他社だろうとは思われますが、それを特定したところで防ぐことは難しいです。
根本的にやめさせるには、法的な力をもってして社内を内部調査できるくらいでないと、難しいんじゃないかと思います。
それでも、実施している痕跡は社内から見つからないようにもできます。

あと、特定も完全な防止もできるかはさておきという前提にはなりますが、不正クリックまわりの仕組みや業界的背景については、お金や時間をかければ大槻さんも調べることは可能です。
その辺は、公の場合では書くべきでもないことまで書かないといけなくなるので、その筋の人に直接お願いして情報収集してもらうしかありません。
曖昧に書いて恐縮ですが、いろいろ、書きづらい内容になりますので…。
(ちなみに僕はその筋の人ではありません)

 

 

あ、本当にそれが不正クリックなのかどうか、ということはさておき、回答しました。

そこを外部から少ない情報で短絡的に判断するわけにもいかないので。

なんにしろ複雑な問題なのでご容赦ください…。

小西 一星

Re: 不正クリック対策について

トップコントリビューター
スマホではじめて投稿してみたんですが、変な改行(?)になりました…
小西 一星

Re: 不正クリック対策について

中級者 ✭ ✭ ✭
小西様
大変、丁寧なご回答をありがとうございます。

やはり、不正クリックを特定することはとても難しいことなのですね・・・。
現在も不正クリックは継続してはいるのですが、google側に無効なクリックとして弾かれる確率は徐々に高まっているようです。

他に決定的な手段は見つかっておりませんが、不正クリックのペースを若干遅らせるツールや、システムエンジニアによる不正クリック手法の解析、また、法的な手段に出られるかどうかは置いておいて、できる限りの情報を集めてもっとも疑わしい強豪相手に接触しようと考えて動いております。

アドバイスいただいたように、googleへの問い合わせも行なっていきたいと思います。
難しい問題にお答えいただき感謝いたします。

広告の質やクリック単価で広告枠上位を取られるのは仕方がないと思いますが、こうした法律や規制の穴をつくようなやり方で被害が出ることは悔しくて腹立たしいですね・・・。

ケーススタディとして参考になるかもしれないので、また、何らかの解決があれば、こちらで追記しようと思います。
みなさま、ありがとうございました。

Re: 不正クリック対策について

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

はい、不正クリックは撲滅したいですね!
ぜひ何か参考になる解決策ありましたら、ご共有くださいますと助かります。

小西 一星
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者大槻晃弘さんが付与
10月

Re: 不正クリック対策について

中級者 ✭ ✭ ✭
なかなか、根本的な解決とは行きませんが、すこし状況が変わりましたので、皆さまの参考になりますように共有させていただきます。

色々と手は打ちましたが、競合が怪しいとはいえ、なかなか確証は持てず、googleへの申請も時間がかかっています。
ということで、現在も不正クリック自体は続いているのですが、不正クリックの影響自体はほぼなくなりました。

通常の課金クリックと不正クリックの割合は、1:9か、それ以上なのですが、不正クリックの9割以上がきちんと無効クリックとしてカウントされており、クリック率、CPC、CPAへの影響はほぼなくなりました。
不正クリック被害に会う前と同じレベルの数値となっています。

相手側がツールを使っているのか、業者を使っているのかはわかりませんが、相手側がその料金やリソースの分、マイナスになっているだけの状況と思われます。

googleの機械学習おそるべしと言ったところでしょうか。
意識していたわけではないですが、広告を止めることなく2週間ほど出し続けたのがよかったのかもしれません。
CVの自動最適化ではないですが、不正クリックのパターンを学習してくれたのではないかと思います。


不正クリックは止まっていませんが、影響はなくなったということで、一応の解決にはなったかと思います。
ご意見をくださった皆さま、本当にありがとうございました。
特殊なケースではありますが、似たような被害にあった方の参考になれば幸いです。

Re: 不正クリック対策について

注目ユーザー
続報を頂きましてとても嬉しく思います。
私も参考になりました。ありがとうございます!
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。