165 人が現在オンライン
165 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

出会いや結婚系のサイトのレギュレーション、Googleとヤフーでの違いについて

中級者 ✭

出会いや結婚系のサイトのレギュレーションですが、Googleとヤフーでどの辺が異なりますでしょうか?

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 出会いや結婚系のサイトのレギュレーション、Googleとヤフーでの違いについて

トップコントリビューター

こんにちは。

 

出会い系や結婚関連は手掛けたことが無いのですが、Googleの場合は、良くても成人向けの承認しかされないはずです。(結婚はブライダルではなく、いわゆる結婚を想定した出会いや結婚相談所と想定しました)

あと、ランディングページにも「18禁」の年齢認証が必要になるはずです。

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6023699?hl=ja

 

Yahoo!の方は詳しくないのですが、広告に「18歳未満利用不可」とする要件があるようですね。

https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1583

https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1639

 

この程度しか分らないのですが、参考になりましたら。

 

 

 

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 出会いや結婚系のサイトのレギュレーション、Googleとヤフーでの違いについて

プロフェッショナル ✭ ✭
兵庫様

回答させていただきます。
こちら広告の審査という視点であれば、GoogleとYahoo!に大きな違いはないとみています。
サイトの性質にもよるかもしれませんが、例えば「結婚相談所」「街コン」「結婚指輪」といった業種であれば、
広告文やLPに、ヘルプに記載されているような文言を必ず明示しなければならないなど、厳しい審査が入る印象はありません。
実際にどのようなキーワードで配信したいか定まっているようであれば、
広告プレビューでご覧になってみると、他社の広告文が参考になるかと存じます。

ご参考になれば幸いです。

Re: 出会いや結婚系のサイトのレギュレーション、Googleとヤフーでの違いについて

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭ ✭

婚活サイト、およびコミュニティサイトの経験談から回答させていただきます。
基本的なレギュレーションは、石川さまの回答しているリンク先のレギュレーションの通りです。
ですので、過去に指摘を受けて広告審査が停止、再入稿を求められたものをまとめました。

<Google/Yahoo! 両方で求められたもの>
・広告文に「18禁」などといった年齢確認が必要
・リンク先が年齢確認ページであること「○歳以上ですか?はい・いいえ」

<Googleでのみ審査が落ちたもの>
・検索広告は上記の表記があればよいが、アプリDL(リンク先がストア)広告は基本的に出稿禁止
※おそらく年齢確認欄が経由できない故かと思います。現在、Googleでの出稿はほとんどのアプリが検索広告(リンク先がLPで年齢確認ページ→ストア)でのアプリ広告になっています。
※すいません、Yahoo!は未確認です。

<Yahoo! でのみ審査が落ちたもの>
・インターネット異性紹介事業の届出番号の表記
 (広告リンク先からリンクできる場所に明示)
・ログインID/PWをアカウント情報設定欄の審査用認証情報に記載
 (複数プランあると、すべてのコースにおいて求められました)
・広告文において○歳「以上」「対象」といった曖昧な表現は掲載不可
 https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1639
※婚活サイトにおいて、アダルトな印象を避けるため「20歳以上」という表現を使ったところ、落ちました。

また、出会い系サイト規制法の基準を遵守する形で、出会い系サイトでではなくコミュニティサイトとして上記基準に則らず出稿した結果、G/Y!が出会い系と判断すれば、出会い目的のサイトではなくても、出会い系の基準をクリアしないと広告出稿できないという経験もありました。

基本的に、Yahoo!のほうが細かく基準が設けられているので、Yahoo!に合わせれば両方問題ないかと思います。

Re: 出会いや結婚系のサイトのレギュレーション、Googleとヤフーでの違いについて

歴代 トップ コントリビューター
皆様の回答の他に補足するものがあるとすれば、年齢確認ページが必要か必要でないかの判断基準は「2人が直接会うサービスかどうか」になります。

■年齢確認ページ必要なし
結婚相談所:カウンセラーを介して2人が出会う。現地またはカウンセラーが年齢確認をするためページは必要ない。
街コン・婚活パーティ:スタッフを介して会場で出会う。スタッフが年齢確認をするためページは必要ない。

■年齢確認ページが必要
ネット婚活サイト:ウェブ上でマッチングし、直接連絡を取り合って会う。(年齢確認をする人が居ないためウェブ上で年齢確認を行う必要がある。)

ざっくりですが経験上、色々と質問した結果上記のような分類で審査時に判断をしているようです。
ご参考になれば幸いです。
鳴海 拓也