AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

227 人が現在オンライン
227 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

商標許諾の手続き 子会社の場合 - #教えてAdWords

[ 編集済み ]
Community Manager

AdWords チームに寄せられる質問をご紹介していくこのコーナー、本日は「商標」を取り上げます。

 

商標手続きに関する基本的な情報は以前もご紹介しましたが、今日は少し応用編です。

 

 

-------------------------------------------------------------

 

Q.  海外に拠点を置く会社の日本支社です。自社の商品名やブランド名を広告文中に含めようとしたところ、「商標用語」が理由で不承認となってしまいました。

 

海外の親会社が、「商標権侵害の申し立て」手続きを行ったことが理由のようです。


「商標使用を許諾する相手」の一覧に自社(子会社)のアカウントを含めるよう、使用許諾の手続きを行いたいのですが、この許諾フォームを送信できるのは親会社のみなのでしょうか

 

「商標の使用を許諾できるのは、公式の商標権者様または商標権侵害の申し立てに記載されている連絡先のみです。」という説明を読んだのですが、「商標権侵害の申し立てフォーム」には親会社の連絡先が記載されていたはずです。


このような場合、自社(子会社)でアカウントを作成するたびに親会社に連絡をとり、手続きを依頼する必要があるのでしょうか?

Re: 商標許諾の手続き 子会社の場合 - #教えてAdWords

[ 編集済み ]
Google スタッフ

AdWords コミュニティの皆様、こんにちは!広告営業本部の杉本と申します。

こちら回答させていただきます。

 

自社(子会社)が商標使用許諾を受けるには、 2 つの方法がございます。

 

  1. 「商標使用を許諾する相手」の一覧に自社(子会社)のアカウントを含めた上で親会社(商標権所有者)より商標使用許諾の手続きを行う。
  2. 親会社(商標権所有者)より「自社(子会社)の担当者に権限を委譲する / 代理人として認める」旨のメール(英語・日本語どちらでも可)を trademark_jp@google.com 宛にご連絡いただく。その場合、以降の商標使用許諾の手続きは自社(子会社)にて行うことが可能。

 

今後、新たなアカウントを作成される可能性がある場合は、上記 2. の方法をとっていただくことをお勧め致します。


また、代理店様やその他関係者様においても、商標権所有者より「権限を委譲する / 代理人として認める」旨のメールが trademark_jp@google.com 宛に届いている場合は、商標使用許諾の手続きを行うことが可能です。

 

-------------------------------------------------追記-------------------------------------------------

trademark_jp@ は、日本語で送信いただけますが、英語での回答が返ってきます。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。