205 人が現在オンライン
205 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

自社比較サイトの診断結果が他社サイトだった場合、ブリッジページにあたるか

初級者 ✭ ✭ ✭

比較サイトの広告出稿を検討していますが、

下記のような導線の場合、ブリッジページ等に該当するでしょうか。

 

------------------------------

1. 広告表示

 ↓※広告クリック

2. 弊社ページA

 ↓※ユーザーが見たいカテゴリを選択

3. 弊社ページB(Aで選択したものにマッチする結果一覧を表示)

 ↓※結果一覧から適当なものを選択

4. 弊社アライアンス先のページC表示

------------------------------

 

このような導線のサイトの場合、

ブリッジページと判断され、広告掲載不可になる可能性はありますでしょうか。

どなたか見解、または似たような過去の事例などお持ちでしたら教えてくださいませ。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 自社比較サイトの診断結果が他社サイトだった場合、ブリッジページにあたるか

トップコントリビューター
こんにちは。

以前、求人のブリッジページに広告を当てていたことはありますが・・・途中で止まってしまいましたね。
具体的には、こちらを参照されてはいかがでしょうか。
http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html

ご参考になるようでしたら。



石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 自社比較サイトの診断結果が他社サイトだった場合、ブリッジページにあたるか

トップコントリビューター
金融系の比較サイトの事例ですが、ブリッジページかどうかの判断はユーザーにとって「有用な検索機能」を有しているかどうかが大きいようです。

2〜4の部分が検索機能として役割を果たしていれば大丈夫ではないかと思います。

有用な検索機能というのは例えばクレジットカードの比較サイトであれば、「ポイント還元率順」「年会費が安い順」などに絞り込むことが出来るということです。

ご参考になれば幸いです。
鳴海 拓也
このトピックのエキスパート
石川 知紀
Takuya Narumi