368 人が現在オンライン
368 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

見積書について

初級者 ✭

初めまして。

 

今、あるプロジェクトでGoogleでの広告を計画していますが、見積書が必要です。

単価表でもかまわないのですが、どこにあるのか探せず。。。。

 

教えてください。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 見積書について

上級者 ✭ ✭ ✭
こんにちは。
計画しているのは検索広告でしょうか?ディスプレイ広告でしょうか?

検索広告であれば 画面上部の[運用ツール]→[キーワードプランナー]
ディスプレイ広告であれば、画面上部の[運用ツール]→[ディスプレイキャンペーンプランナー]
からそれぞれ予測データは単価表(クリック単価)など出せます。

詳しい使い方は
公式のヘルプ
https://support.google.com/adwords/answer/2999770
https://support.google.com/adwords/answer/3056115
に記載がありますが、よりわかりやすく使い方を説明している
ネット上のブログもあたりするのでそちらを検索して探してみるのもよいかもしれませんね!

Re: 見積書について

トップコントリビューター
こんにちは。
見積ですか・・・大変ですね。

AdWordsでは、tamotsu s さんが仰るように見積をするためのツールしか準備されていません。例えば検索連動型広告の場合、どのようなキーワードに対してどのようなプランで配信・運用するのかで予算は変化します。その提案内容次第で金額も大きく変化しそうです。ですから、想定した提案内容で運用管理費用を加算するなどして見積を独自に立てなければなりません。予算オーダーの設定については下記URLのヘルプ記事が参考になります。
https://support.google.com/adwords/answer/7054229?hl=ja

また、運用していく中で新たなキーワードを発見したり、トレンドによっては一時的に爆発的に広告掲出機会が増大する場合も有るかもしれません。クライアント様の予算に応じての提案、あるいは定期的に予算の見直しが必要な事も含めた見積提案をされると良いかもしれません。

(参考までに)
最近ですと、夜の(場合によってはコンバージン率が上がる)時間帯に予算が無くなって販売機会を損失しているケースなどもピックアップされています。
http://apac.thinkwithgoogle.com/intl/ja_ALL/articles/search-time-analysis-2.html

最後に蛇足的に・・・お支払い明細書や領収書を入手する方法については下記ヘルプ記事を参照ください。
https://support.google.com/adwords/answer/1723045?hl=ja

ご参考になりましたら。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 見積書について

トップコントリビューター
そもそものところですが、「Googleでの広告」がどのような商材かは把握されていますか?
テレビCMや新聞・雑誌のような広告とは価格体系が異なり、実際の金額は出し終わってからしか分かりません。
(中には、Youtubeのマストヘッド広告のように、テレビCMに近い価格体系の広告もありますが)

Re: 見積書について

トップ コントリビューター OB
玉城さん

おはようございます。

提案する相手が少しお堅めな会社かある程度柔軟な会社かで
提案方法、伝え方は異なると思いますが。。


基本的にはやはり使う予定のキーワードをある程度ピックアップして
キーワードプランナーで想定単価出して(Yahooも行う場合、もちろんGoogleとYahooで想定単価は異なります)
そこからの想定クリック数、想定コンバージョン率、想定コンバージョン数を出したりします。

あまりギリギリで組んでしまうと、石川さんが仰るように広告を多めに出したいときに
アクセル踏めなくなってしまうので、提示する数値はあくまで目安で必要に応じて広告費は増やさせてください。
的な相談ができる相手だとやりやすいですね。

とはいえそうではない予算に厳しい会社もあるので、
キーワードプランナーの数値に近いパターン、余裕を持たせたパターンと複数出して、
後者をおすすめとして提案して少しでも多く広告費を確保して頂くのがいいかと思います。


ご参考になれば幸いです。

久保 陽平
このトピックのエキスパート
石川 知紀
山田 良太