343 人が現在オンライン
343 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭

初めて問い合わせさせていただきます。

 

弊社は海外向けにネットショップを運営しており14年ほど経過しました。

ここ5から7年ほどは毎日のアクセスも安定して増えることも減ることもなくコンバージョン率も増えることなく減ることなく これまではグーグルをふくむ宣伝媒体に大きな広告や宣伝は使用したこともなく 自然な形で運営をしておりアクセスをえておりました。

 

ですのでグーグルを利用した広告、宣伝にも経験がないのですが、市場の競争も激しくなり、多くの同業者が活発な宣伝や広告をうちだしており、弊社も今後より多くの方に商品を提供できるように楽しんでいただけるようにと グーグルでの宣伝を模索しております。

 

これまでの自然の流れで運営していたお店にどのような影響や効果がでるものでしょうか? プラスの効果以外にも やり方次第ではマイナスの効果もありえるものでしょうか? 注意点や考慮すべき点につきましてご助言をいただくことができましたら幸いです。

 

また これからグーグル広告について覚える段階となっておりどこから手を付けるべきかわからないことも事実です。 この分野に長けて見える専門の方に依頼するメリット、デメリット、 また 海外市場に特化しているのですが、 海外市場向けには海外市場向けに適した手法があるため 外国人の専門家に任せたほうがよりよい結果が得られる可能性がたかいものなのでしょうか?

 

色々とご質問が多くなってしまいお手数をおかけしますがよろしくお願い致します

 

 

2 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者OK I さんが付与
5月 2017

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
Googleの広告は上手く使えば、自然検索結果よりも幅広い検索ワードからの流入、自然検索結果だけよりも狙った検索ワードでの流入増、通常リンクが貼られないようなサイトからの流入、特定の何かに興味がある人へのアプローチ、などなどできます。
それが有効かどうか、という以前に、
現在成果が出ている要因がなんであるか?そこを伸ばせるか?そこ以外で手を広げてみるべき範囲はあるか?そもそもそれはGoogleの広告なのか?
と考えたほうがよさそうな気がします。

推測ですが、広告宣伝をしていないということは、おおよそこういったところからの流入により購入がある、というようなことがあるのかな?と思います。

・その商品に直接関するワードの検索経由での流入
・その商品を紹介してくれているサイトからのリンク
・自社のSNSアカウントに接触してくれた人からの流入
・自社の商品に関わるような趣味をベースにSNS上で交流したり調べたりしている人に見つかり、サイトに流入

まずは、Googleの広告、SNSの広告を使って、これらのポイントをさらに伸ばせるか?と考えるのが、一番現実的だと思います。

そこからさらに、次のように考えてみると、手を出してみるべきかどうか、もっと考えられるかも知れません。

・自然検索ではアプローチ出来ていない検索ワードで、アプローチしてみるべきワードがないか? → 検索連動型広告
・自社で扱う商品のジャンルに関心のある人でアプローチしてみるべき人はいないか? → ディスプレイ広告
・ウェブサイトに何度か訪れて検討はしているけどまだ買うには至っていない人がいないか? → リマーケティング広告
・自社の商品に関わるようなジャンルのコミュニティがSNS上にあって、もっとそこにアプローチできないか? → SNS(Facebook?)の広告

やれることもやり方も様々で、そのやり方次第では、基本的には良い結果をもたらすことができることが多いだろうとは思います。

また、一般的には広告をはじめると、それまで以上にたくさんの人、関心の高い人からそうでない人、能動的な人から受動的な人、幅広くの人が来ることになることが多いので、売れる商品の比率が変わったり、問い合わせ対応に手間がかかるようになったり、ということがあります。

また、広告を出すと営業マンの目にもふれるので、かけられる営業が増えるという影響もあります。それが良いのか悪いのかはさておき。

海外市場は、海外市場次第だとは思いますが、基本的にはその市場のことを知っている人に相談するほうが無難かなとは思います。
ただしそういう人材もそう多くないのが悩ましいところです。
ひとまずはそういった人をなんとか探して相談してみるのもいいかも知れませんが、相談だけなら、日本のスペシャリストに相談しても、広告の仕様の把握や、はじめ方のサポートは充分にしてもらえるとは思います。

自分で行うなら、ひとまずは、検索連動型広告で、自然検索で今まで成果がよかったキーワード(把握できているなら)を1つだけでもいいので登録して、そのキーワードに合った商品にリンクさせてみる、それも少額予算でひとまず手を出してみる、というのも良いかと思います。
ゆくゆくは誰かに依頼するにしても、一度くらいは自分でちょっと手を動かしてみたほうが何かと話が進めやすいはずです。
小西 一星

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者OK I さんが付与
5月 2017

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
Googleの広告は上手く使えば、自然検索結果よりも幅広い検索ワードからの流入、自然検索結果だけよりも狙った検索ワードでの流入増、通常リンクが貼られないようなサイトからの流入、特定の何かに興味がある人へのアプローチ、などなどできます。
それが有効かどうか、という以前に、
現在成果が出ている要因がなんであるか?そこを伸ばせるか?そこ以外で手を広げてみるべき範囲はあるか?そもそもそれはGoogleの広告なのか?
と考えたほうがよさそうな気がします。

推測ですが、広告宣伝をしていないということは、おおよそこういったところからの流入により購入がある、というようなことがあるのかな?と思います。

・その商品に直接関するワードの検索経由での流入
・その商品を紹介してくれているサイトからのリンク
・自社のSNSアカウントに接触してくれた人からの流入
・自社の商品に関わるような趣味をベースにSNS上で交流したり調べたりしている人に見つかり、サイトに流入

まずは、Googleの広告、SNSの広告を使って、これらのポイントをさらに伸ばせるか?と考えるのが、一番現実的だと思います。

そこからさらに、次のように考えてみると、手を出してみるべきかどうか、もっと考えられるかも知れません。

・自然検索ではアプローチ出来ていない検索ワードで、アプローチしてみるべきワードがないか? → 検索連動型広告
・自社で扱う商品のジャンルに関心のある人でアプローチしてみるべき人はいないか? → ディスプレイ広告
・ウェブサイトに何度か訪れて検討はしているけどまだ買うには至っていない人がいないか? → リマーケティング広告
・自社の商品に関わるようなジャンルのコミュニティがSNS上にあって、もっとそこにアプローチできないか? → SNS(Facebook?)の広告

やれることもやり方も様々で、そのやり方次第では、基本的には良い結果をもたらすことができることが多いだろうとは思います。

また、一般的には広告をはじめると、それまで以上にたくさんの人、関心の高い人からそうでない人、能動的な人から受動的な人、幅広くの人が来ることになることが多いので、売れる商品の比率が変わったり、問い合わせ対応に手間がかかるようになったり、ということがあります。

また、広告を出すと営業マンの目にもふれるので、かけられる営業が増えるという影響もあります。それが良いのか悪いのかはさておき。

海外市場は、海外市場次第だとは思いますが、基本的にはその市場のことを知っている人に相談するほうが無難かなとは思います。
ただしそういう人材もそう多くないのが悩ましいところです。
ひとまずはそういった人をなんとか探して相談してみるのもいいかも知れませんが、相談だけなら、日本のスペシャリストに相談しても、広告の仕様の把握や、はじめ方のサポートは充分にしてもらえるとは思います。

自分で行うなら、ひとまずは、検索連動型広告で、自然検索で今まで成果がよかったキーワード(把握できているなら)を1つだけでもいいので登録して、そのキーワードに合った商品にリンクさせてみる、それも少額予算でひとまず手を出してみる、というのも良いかと思います。
ゆくゆくは誰かに依頼するにしても、一度くらいは自分でちょっと手を動かしてみたほうが何かと話が進めやすいはずです。
小西 一星

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
こんにちは。
小西さんが回答されていらっしゃいますので、僕からは「メリット・デメリット」を少しだけ。


インターネット上で広告を配信するメリット・デメリット
---
メリット
・より多くの人の目に触れる
・認知が広がる(深まる)

デメリット
・経費割れするかもしれない
・今までと異なる客質のユーザーが増える可能性がある
---
インターネット広告で訪問したユーザーは、常に他と比較して商品を選んでいる可能性があります。リピートしてくださるには、他社にはない何か強い魅力が必要になります。
また、競合他社が広告配信していらっしゃる場合、その競争に飛び込むわけです。1回のお買い上げでは広告経費の元が取れないこともあるかもしれません。


広告配信に長けた広告代理店に依頼するメリット・デメリット
---
メリット
・広告システムに専門知識を持っており、即座に仕事に着手できる
・日々新しくなる広告システムを専業者として把握出来る
・相応の広告効果が期待できる

デメリット
・広告費以外に、広告運用を依頼する経費が発生する
・自分自身で運用する訳ではないので、詳細な部分で腑に落ちない場合がある
---


僕も、一度ご自身で広告システムを触って広告配信してみることは良い事だと思いますが・・・さて、お時間を割くことが出来るかどうかが問題かと思います。月額広告費が3,000,000JPYを超えると「専任の従業員が一人雇える」などと言ったりしますが、まずはヘルプ記事を一通り読んでみてはいかがでしょうか。案外、ざっと見て「うん、専門家に頼もう」と、なるかもしれません。
僕は初めて認定資格を取る際に、学校のテストの如く一通り目を通して覚えました。

■AdWords ヘルプ
https://support.google.com/adwords#topic=3119071
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
小西様 石川様
ご返答いただき誠にありがとうございます。
非常に参考になる情報とアドバイスをいただき誠にありがとうございます。
弊社は十分にグーグルコンソールやキーワードプランナーなども使いこなしておらず、闇雲にスタートするようなイメージはありますが これまで運営してきた経験上の感覚と勘をもとに小さくスタートする事は可能だとはおもいます。それがプロの方から見て最適で的をえたやり方なのかは分からないですし結果が出るかもわからないです。が テストと考えて一度やってみたいと思います。
これほどまでに中身のあるお返事を頂けるとは思いませんでした。ありがとうございます。 

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
石川様
ご丁寧にお返事いただきありがとうございます。

GOOGLEの検索エンジンで上位にランクされるように専門業者に依頼する際にも費用はかかります。しかし検索結果は今後 長期にわたって売上やアクセスに作用しますが グーグルの広告はこのような 長期にわたる効果と高変化をもたらす可能性はあるものなのでしょうか? 
どちらもとても大事なことだと思いますが まずはさらにSEOに投資をするべきなのかもしれないとも考えておりますがいかがでしょうか?
よろしくお願い致します。

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
小西様
度々 恐れ入ります。
弊社は5カ月ほど前からイギリスのグーグル認定の専門業者とインスタグラムの運営に取り組んでおり、GOOGLE ANALYTICSとコンソールにて弊社のサイトの状況や状態を確認もしてもらっております。グーグル広告のエキスパートで英語圏の方ですので 今回グーグル広告を依頼する際にもと考えているのですが判断材料や弊社自身の経験と知識が乏しいため判断ができません。下記のような肩書を持つ方は 実力や実績も高い方だと推測することができるものでしょうか?
Head Marketing Mentor l Google Launchpad
Google Expert l GDE Experts Program

お手数をおかけいたしますがよろしくお願い致します。今回 ご返答いただきましたような具体的な提案といいますか情報を提供していただけるのであれば安心なのですが、 小西様 石川様のように丁寧で具体的な詳細や説明まではこれまでもあまりありませんでした。そのような面からも日本の業者を選ぶべきなのかなとも考えております。

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
ご確認、有難うございます。

長期に渡り効果があるかと言いますと、ディスプレイ広告はブランディングに貢献するかと思います。ざっくりとダイレクトレスポンスをもたらす検索連動型広告、ブランディングやリマーケティングの為のディスプレイ広告と考えると良いかと思います。またTVCMの替わりにYouTube広告も考えられます。何度も目にする事によって「あ、これ知ってる!」と思わせる事は、なかなか目には見えなくとも、しっかり解析すれば効果の程が確認できるようになるかと思います。

SEOとのバランスですが、どちらも大切です。ただ、SEOは自然検索でサイトを見つけてくれた人にしか表示出来ませんが、広告は関連ある(指定した)検索クエリで広く表示させる事が可能になります。例えば予算とターゲットを限定したスモールスタートであっても、広告はお試しになる値打ちがあるかと思います。

ご参考になりますでしょうか。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
石川様
ご返答をいただきありがとうございます。
まずは小予算にて進めて行きたいと思います。

有益な情報をいただきご丁寧にご対応いただき誠にありがとうございます。 

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭ ✭

小西様 石川様
先日は ご教授いただき誠にありがとうございました。

その後 検討と調査を重ねており 外国のGOOGLE広告専門業者の方と グーグル広告を始める事を検討しております。 アドバイスをいただいていた中にあります下記を主な手法としまして グーグルディスプレイ広告をしていきます。

・ウェブサイトに何度か訪れて検討はしているけどまだ買うには至っていない人がいないか? → リマーケティング広告

今回初めて このような業者と広告を進めていくのですが 毎月$499で GOOGLEの広告予算毎月2000ドルまで使用できるというプランなのですが 私はそのような相場感など持ち合わせておりません。 この提案をいただいたプランはどう思われますでしょうか? 毎週 レポートも出してくれるそうでして 業者は実績もあり信頼のできる業者であり 5カ月ほど前からインスタグラムの運営も依頼しております。

お手数をおかけいたしますが判断材料が乏しいため、 少しでもご確認をいただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
こんにちは。

進展があったようですね。
$499は広告運用の手数料で、$2,000までの広告費は別途(Googleへ直接)お支払いされるという契約かと思います。
現在もそうであるか否かはともかく、日本では月1回のレポーティングで広告運用手数料は広告予算の20%と一般的に言います。そういう意味では25%だけども毎週レポートを出してくれるなら、料金的には一般的な費用かと思います。(実際は広告代理店によって固定月額10万円などと料金体系は変わります)

個人的な意見を申し上げれば、リマーケティングによる広告配信リストからは、お買い上げくださった方は除外する設定をされると良いのかなと思います。そうでなければ、お買い上げくださった方に対しては他の関連商品を提示する広告にするべきではないかと思う次第です。

リマーケティングで今回はバナー広告という事なのですね。明確に御社の商品ジャンルに興味があるユーザーに対して広告を露出するので、ブランディング効果も狙える良いアイデアかと思います。月額200,000JPY相当が御社にとってどの程度の規模となるのか分かりかねますが、テストランの期間や契約期間などはお考え下さい。また、この予算規模でしたら最低でも四半期に一度は広告運用改善の為のミーティングをして欲しいところですね。

ご参考になりますでしょうか。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭

石川様

 

ご返信いただき誠にありがとうございます。

ご助言をいただき検討をしまして下記のような疑問点が生じました。

 

*海外の業者の担当者はフリーランサーとのことでその業者自体とはインスタグラムやアナリティクスの共有などをしておりましたが 今 現在のところ弊社のオンラインビジネスに関して無頓着でした。

国内のフリーランサーで海外へのマーケティングに精通している方に 日本語でより密接につながりながら 広告料の20%の相場付近で依頼することもよりよい結果を導くのではないかという点

もし担当の方がすでに調査など把握をされているのでれば問題はないのですが、、

リマーケティングの手法もご説明いただきましたような詳細まで私は把握しておらずプロに一任する形となります。そのためにも日本の海外への広告になれたフリーランサーを選択する事も一つと思います。石川様はそのような業務も請け負ったりされておみえなのでしょうか??

 

*海外向けにネットショップを展開しております。 サイト表示は英語なのですが お客さんの多い ドイツやフランス、スエーデン、今後の事も考えて中国のそれぞれの国の言語で主要なキーワードでアドワーズ広告をするというのは効果的な手法になりうるものでしょうか?

 

例えば 日本の刃物を扱うお店でしたら Japanese Knifeというキーワードをその他の国の言語でグーグルアドワーズ広告を行うというような形なのですが、 このような手法は効果があるものなのでしょうか? このような手法も検討しております。

 

度々お手数をおかけいたしますがよろしくお願い致します。

 

 

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
OK I さん

日本の代理店に英語での広告運用を依頼すると20%という訳にはいかないかもしれませんね。そのあたりは代理店との交渉かと思います。
OK I さんご自身が依頼されるのでしたら、OK I さんのビジネス拠点をベースに依頼する先を考えると良いかと思います。下記はGoogleが用意したGoogle Partners プログラムに参加する広告代理店の検索が出来るサイトです。最下部右側にプルダウンで言語と国を選択する機能もあります。
(弊社も登録はしていますが、海外事情には決して明るくないですし、このコミュニティ上での営業活動は禁止されておりますのでご理解ください)

■Google Partners プログラム
https://www.google.co.jp/intl/ja/partners/about/


以下、余談です。

・フリーランスでも優れた手腕の持ち主はいらっしゃいます。ただ、仕事として依頼する場合は、病気で仕事が止まるなどのリスクを回避するために企業の方が良いかもしれません。
・ご存知だとは思いますが、刃物の輸出は刃渡りによっては航空会社などから断られる可能性があります。また、輸入する側の国にも法規制が有るので事前の調査が必要です。
・中国に関してですが、上海・北京をはじめ、Googleへの接続が出来ませんので広告も無効です。百度などへ広告を出稿される方が良いかと思います。
・サイト表示が英語でしたら、英語ユーザーに広告が表示されるように設定すれば基本的には問題無いと思います。端的に言えば、日本の英語ユーザーに広告を展開することを最初に始めるという方法も考えられます。

これらをトータルに考えると、多国語対応で広告出稿できる代理店を探すか、展開エリアごとに何社かに分割して依頼する方法が考えられます。スモールスタートという当初の話を踏まえますと、例えば一番分かり易い国(または州や都市など)を1つ選び、スタートさせてはいかがでしょうか。個人的にはリストの収集手段を考えても、検索広告を押さえてリマーケティング広告を展開するべきかと思いますし、紋様の素晴らしい刃物でしたら動画広告も面白いかなと考えます。もちろん、各国の法律などがあるので調査が必要かと思いますが。

細かな設定の自動化など運用方針も簡単には説明できないので、基本的には運用自体は代理店に一任なのですが、あとは相手の人柄などで判断いただくことになるかと思います。

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
石川様
いつも大変お世話になっております。
その後も検討をすすめており ディスプレー広告に決まりかけていましたところにGOOGLEショッピングの宣伝方法をアメリカの専門業者から説明を受けました。月額400ドルで 広告の上限額が25000ドル リストする商品も何千点と大きな規模のネットショップにも安い価格で対応しており、独自で開発をしたシステムでGOOGLEショッピングで多くの実績を残しているようで具体的な説明を受けて興味をもちました。 宣伝に投資した金額に対する売上額の比率が非常に高く、 やはり検索した商品を購入したい方がGOOGLEショッピングの広告でつかみやすいものようなのですが特に海外ではGOOGLEショッピングは効果的な宣伝方法なのでしょうか? 新規顧客の見込み客が増えるというのは弊社の一つの広告の目的にもなると考えております。

私はGOOGLEショッピングについて詳しい調査をしておりませんでしたが ディスプレー広告とGOOGLEショッピングはやはり目的や 対象となる顧客にも違いがあると思いますがどのように思われますでしょうか?

度々お手数をおかけいたしますがよろしくお願い致します。 

OKI


Re: GOOGLE広告の効果につきまして

トップコントリビューター
OK I さん

一般論として、ショッピング広告は商品の指名買いに強い広告となります。つまり、具体的な商品名まで分かっている方が購入段階でどの条件で購入するかを決める段階であったり、その直前です。代表的なものですが、一般的なGoogleの広告については下記のようなイメージです。ご参考になりましたら。


■ディスプレイ広告
バナー型広告に代表されるイメージ広告。掲載する先のコンテンツテーマや、ユーザーの興味に合わせて掲出するのでブランディングに有効。

■検索連動型広告
検討段階のユーザーに有効。そのものの名称で検索していない場合でもキーワードを指定して広告を掲出できる。ただし、基本的には文字だけの広告。そのまま購入に繋がることも多い。(なぜなら、ユーザーはまず「検索」するからです。)

■ショッピング広告
商品そのものと金額を表示するので、購買段階のユーザーに有効。検索結果にも表示されるので競合が少なければ費用対効果は高い。

■YouTube広告
ブランディングに有効。YouTubeの動画再生前に挿入される「5秒後にスキップ出来る動画」など基本的に動画を使った広告で、複数種類の掲載方法がある。TVコマーシャルの代わりにもなる。
(慣れてきたらお試しいただくと良いかと思いますが、動画を用意するためのコストが必要になります。日本国内ですと、TVCMの放映代よりも相当安いです。)

※リマーケティング広告
上記の広告に対するオプションのようなものです。一度ホームページへ訪れたユーザーに広告を何度も見せることが出来ます。ディスプレイ広告でリマーケティングしてブランディング効果を高めたり、購入に至らなかったユーザーへもうひと押ししたり、何かを購入済みの方へ新商品を勧めたりといった使い方をします。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: GOOGLE広告の効果につきまして

初級者 ✭ ✭ ✭
石川様
いつも本当にありがとうございます。
具体的な情報を提供いただきありがとうございます。
弊社の製品は有名なブランド商品でもなく 知る人ぞ知るニッチな商品です。 その商品を探している人も少ないですが 探している人はいます。 
グーグル広告を多用している同業者もそれほどたくさんありませんので効果のある広告になるのかもしれません。商品が有名でないならば より 固有名詞をキーワードにしたショッピング広告も大きな可能性を秘めているのかもしれません。

通常売上の10%から15%を広告や宣伝に投資するネットショップが多いと聞きました。 予算を具体的に決めたとして いくつかの種類の広告を実行したほうがいいものなのか、 これがより効果が出るのではないかと思える広告のみに絞ったほうが良いものなのか、 やってみないと分からないのですが今の状況では正直にどの方法が一番よいのかもわかりません。

投資と思い 相場や同業他社の宣伝に投資している金額なども参考にしながら決めたいと考えています。 でも複雑で自分には難しそうに思います、、

度々お手数をおかけいたしておりますが ご助言いただきほんとうにありがとうございます。

OKI