145 人が現在オンライン
145 人が現在オンライン
Google AdWords のログイン、MCC、API、Editor、認定資格などについてユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

TrueView広告でのリマーケティングについて

中級者 ✭ ✭

TrueView広告でリマーケティングを行っている方に質問です。

 

こちらの記事に

http://jp.techcrunch.com/2017/01/21/20170120google-wants-to-make-youtube-a-better-place-for-advertis...

 

>今年以降、GoogleはYouTubeにおける

 クッキーとピクセル(どちらもユーザー追跡技術である)の利用を制限していく計画だ。

 

とあるのですが、実際にYouTubeにリマーケティングを出していて

配信が減った、出にくくなったなどの影響は出ていますか?

 

*Googleのヘルプからは「記事以上のことは答えられない」との回答しか得られませんでした。

 

ネタ元のAdwordsの記事(英文)はこちらです。 

https://adwords.googleblog.com/2017/01/making-youtube-better-in-mobile-cross.html

 

宜しくお願いします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: TrueView広告でのリマーケティングについて

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

新藤友理 さん

 

ご共有いただいた記事、僕も拝見してましたが、おそらく悲観的に見る内容ではないかと思います。

今年以降、GoogleはYouTubeにおける

クッキーとピクセル(どちらもユーザー追跡技術である)の利用を制限していく計画だ。

これなのですが、YouTubeはモバイル端末やタブレット、リビングのテレビで視聴するケースが増えてきてパソコンだけでYouTubeを見るというケースが減ってきているという背景がまずあります。で、リマーケティングは基本的にリマケタグ(ピクセル)を読み込んで、ブラウザにCookieを保存することで、そのクッキー情報を元にリマケの広告を表示しますよね。

 

例えば、それがAというPCのブラウザウェブサイトを閲覧してでリマケの対象となったとします。で、YouTubeはBという端末のアプリと、Cというタブレットのアプリで見たとします。

 

Aというブラウザにはリマケタグを踏んだことでCookieがブラウザに保存されるので、端末AでYouTubeを視聴すると当然リマケ対象となるのでリマケの広告が配信されます。が、BとCは端末がそもそも異なるため、Aで訪問したサイトの情報もなければCookieも持たないため、リマケの対象にならず、リマケの広告が表示されないという問題が起こります。

 

とすると、端末が分断されることでリマーケティングの対象にならなくなるということですので、Cookieとピクセルによるリマケでは既にターゲティング手法として破綻しているといえます。

 

ですので、1つの方法としては、Cookieとピクセルにだけ頼るのではなく、訪問履歴を例えばGoogleアカウントに保存して、その情報を用いてトラッキングを行うようにすれば、これらの影響を受けずにどの端末でもリマケの対象とすることができます。この辺はFacebookのリターゲティング広告と同じ仕組みですね。

(※ただ、Google Chromeを使っていてGoogleアカウントにログインしていたら、すでにアカウント単位でトラッキングされているかと思います。ですので、ここではFirefoxやSafari、Edge(旧IE)でもそれができるようにというイメージですね。)

 

アカウント単位で追跡できれば、広告主からは機会損失を防げるし、視聴者からすれば不要な広告をオプトアウトすることで、どの端末どのブラウザでもオプトアウトされた状態を続けることができます。

 

ということで長くなりましたが、本文では制限するという書き方になっていますが、新しい追跡方法に移行してくという認識が良いのかなと思います。ですので、あまりネガティブなものではないかと思います。

とあるのですが、実際にYouTubeにリマーケティングを出していて

配信が減った、出にくくなったなどの影響は出ていますか?

以上のことを踏まえると、アカウント単位でリマケ広告を配信できるようになるかと思いますので、機会損失が減ってむしろ配信が増えるのではないかとも思ったりしております。

 

ただ、検索連動型広告で特定の広告主をオプトアウトすると、YouTube上でも同じ広告主がオプトアウトされるような記述もありますので、対象となるユーザーと対象とならないユーザーのリストをきっちり分けて管理していかないとウザがられて、結果として若干ネガティブに働くこともあるかもしれませんね。

 

ご参考までに。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka)
※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります