AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

570 人が現在オンライン
570 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

アクセスされた地域がおかしい

初級者 ✭

すごく簡易な質問で申し訳ありません。

自分のサイトへのアクセスを見るときに

アクセスされている地域を判断しているものは

何でしょうか?

Re: アクセスされた地域がおかしい

レジェンド
こちらは、広告を出す際の位置情報ターゲティングのヘルプになりますが、Google Analyticsで表示される地域情報はIPアドレスベースのものになると思います。Google検索や広告で使われる(表示される)位置情報については、それに加えてGPSやWi-Fi、Bluetooth、携帯基地局ベース、ユーザーの閲覧履歴に応じたものが使われます。
ユーザーの所在地

Google 広告システムでは、複数の要素に基づいてユーザーの所在地が判断され、お客様の広告を表示するかどうかが決められます。所在地の判断には、ユーザーのパソコンやモバイル端末の位置情報といった利用可能な情報が使用されます。

  • IP アドレス:

    一般に、ユーザーの所在地はインターネット プロトコル(IP)アドレスに基づいて判断されます。IP アドレスは、インターネット サービス プロバイダにより、インターネットに接続する各コンピュータに割り当てられる固有の番号です。

    端末が Wi-Fi ネットワークに接続されている場合は、その端末の IP アドレスを検出して場所が判断されます。また、モバイル端末が携帯通信会社のプロキシ サーバーに接続されている場合は、その会社の IP からモバイル端末の場所が特定されます。

  • 端末の位置情報:

    端末の位置情報の設定によっては、広告掲載に活用できるような正確な位置情報を取得できる場合があります。

    • GPS: 精度は GPS 信号と接続状況に左右されます。
    • Wi-Fi: 精度は通常の Wi-Fi ルーターのアクセス範囲と同程度です。
    • Bluetooth: Bluetooth や Bluetooth スキャンが有効になっている端末では、公開された Bluetooth 発信信号により、正確な位置情報を取得できます。
    • Google のセル ID(基地局)による位置情報データベース: Wi-Fi や GPS がない場合に使用されます。精度は地域内の基地局の数と利用可能なデータ量に依存します。また、セル ID 位置情報をサポートしていない端末もあります。
Taishi Akiyama / フルスタックエンジニアのWEBマーケターです。とりえあえず検証してみるが信条。★や解決マークをくれるとモチベーションあがって回答の質があがるかもしれません