AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

249 人が現在オンライン
249 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

カスタムディメンションで設定したクライアントIDが一部データにしか紐づかない

初級者 ✭ ✭

【症状】

カスタムディメンションで、クライアントIDを表示させる設定をしました。

レポート(行動 > サイトコンテンツ >すべてのページ)上で、「セカンダリディメンション:カスタムID」を選択したところ、一部のレコードにしかクライアントIDが紐づかず、紐づかないレコードは計測数としても除外された値に書き換わってしまいました。

 

【設定】

以下サイトを参考にしてGRMの設定をしました。

▶アクセス解析担当が必ずやってるGoogleAnalytics設定のまとめ【2018年版】
(ページ後半「カスタムディメンション」の項目を参考にしました)
 https://qiita.com/mr_word_wide/items/28cba0409675739e9917
▶GTMでGoogleアナリティクスのClient IDを取得する一番確実で楽な方法(2018年版)
(GTM側の設定の参考にしました。JSなども載っており助かりました)
 https://makoto-shimizu.com/news/how-to-measure-google-analytics-client-id-with-gtm-2017/

 

【質問】

  1. なぜすべてのレコードにクライアントIDが紐づかないのでしょうか
  2. すべてのレコードにクライアントIDを紐づける方法はありますか
1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: カスタムディメンションで設定したクライアントIDが一部データにしか紐づかない

トップコントリビューター
asa_Gさん

ログインしていないユーザーのクライアントIDは取得できていないので、そうしたユーザーからのサイト利用時にはカスタムディメンションは空になります。

で、「ページ」に対して、セカンダリディメンションで「クライアントID」をかけ合わせた時、カスタムディメンションが空の場合にはレポートに数値が出てこない(undefinedとか、(not set) とかにならない)仕様なんですね。

それが、理由です。すべてのレコードにクライアントIDを紐付けるのは、全ユーザーにログインしてのサイト利用を強いる(=完全に会員が、ログインして利用するサービスとする)というような方向性かと思います。

Kazkida

Re: カスタムディメンションで設定したクライアントIDが一部データにしか紐づかない

初級者 ✭ ✭
ありがとうございます。
ログインというのは、Googleにログインという意味でよろしかったでしょうか。

※もともとopenサイトなのでログイン認証は無く、そのためuser IDの利用はしていない状態です。

Re: カスタムディメンションで設定したクライアントIDが一部データにしか紐づかない

レジェンド
Kazkidaさんが仰っているのは、クロスデバイストラッキング等に使う「User ID」のことで、asa_Gさんが仰っているClient-IDのことではないかと思います。

以下、自前の検証サイトでクライアントIDは取れることを確認していますし、逆に取れていないとGAの計測はできません。注意事項としては、複数のGAプロパティのタグを入れていると、GAのトラッカーは複数出ますので、そこで何か不具合が起こるやもしれません。
http://abc.go2020.tokyo/?cidcheck=on

その前提でご回答すると、なんらかの事由でGTMの該当のトリガやタグが発火しなかった、customTaskが動かなかったことが考えられます。また、Client-IDを取得する設定をした後の期間だけのデータをご覧になっていますでしょうか?

現在は、カスタムディメンションにわざわざ設定をしなくても、ユーザー>ユーザーエクスプローラーでクライアントID毎の情報も見ることができますので、そちらのページ遷移と、カスタムディメンションでクライアントIDが抜けているセッションのデータを見比べてみるということでも何か分かるかもしれません。
Taishi Akiyama / フルスタックエンジニアのWEBマーケターです。とりえあえず検証してみるが信条。★や解決マークをくれるとモチベーションあがって回答の質があがるかもしれません