AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

282 人が現在オンライン
282 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

シーケンスを使ったセグメント方法について

pks
初級者 ✭ ✭ ✭

シーケンスを使って、以下のユーザーをセグメントしたいと思っております。

 

ステップ1 参照元:Email

ステップ2(次のステップ) 参照元:(direct)

 

マルチチャネルのコンバージョン経路を見ると、上記のように遷移したユーザーが多数いる状況で

なぜこういったユーザーが多いのか、セグメントを使って深堀したいと思っております。

 

ただ、添付ファイルの通り、シーケンスを使いセグメントしても上手くセグメントできません。

 

どうすれば正しくセグメントできるのか、ご教授いただきたいです。宜しくお願い致します。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: シーケンスを使ったセグメント方法について

レジェンド
こんにちは。

確認なのですが、おおせの、Email や (direct) は、 集客>すべてのトラフィック>参照元/メディア にも表示されていますでしょうか。

お使いの、「参照元」というディメンションですが、ここの名称を使って設定しなければならないはずです。※ /~~ は不要ですが。(direct)/(none) ならば、(direct) で良い

たしか、マルチチャネルの表記と一致しなかったように記憶しています。参照元パスであれば問題はないです。
ちょっとうろおぼえですみません、いちおう確認です。

わたしも試してみました。
https://gyazo.com/e8a7ac21d3c0e63099dba7d02f396219

たしかに、上記セグメントが16で、マルチチャネルの数値のほうがはるかに多い。
https://gyazo.com/b9db175742d8d8e1318a1a859d683f00

セグメントは、とくにユーザー単位のセグメントは癖があると、オーソリティの意見も目にしたことがあるので、できるのかもしれませんが、どうなのでしょうね・・・。

解決にならずすみません。
------
文責:カグア!

Re: シーケンスを使ったセグメント方法について

トップコントリビューター
そもそも、マルチチャネルにおける参照元関連のディメンションと、通常レポートにおける参照元関連のディメンションの定義が異なるのが原因です。

実際のユーザーの流入経路が「1回目はメールから」「2回目はURLを直接入力した」だとすると、

マルチチャネルレポートの場合・・・1回目の参照元情報は「メール」、2回目の参照元情報は「ダイレクト」

通常レポートの場合・・・1回目の参照元情報は「メール」、2回目の参照元情報は「メール」

となります。つまり、通常レポートではダイレクトでの流入の場合は直近の参照元を代わりに用いるようになります。


どうすれば正しくセグメントできるか?についてですが、本来であれば、2つ目のステップの条件に「直接セッション」というディメンションを使うべきなのですが、現状まだ「直接セッション」というディメンションはアドバンスセグメントで利用できないので、セグメントで抽出するのは難しいと思います。
もしやるなら、「メールから流入したユーザー」を抽出し、ユーザーエクスプローラーなどで1つずつ確認する、になると思います。