713 人が現在オンライン
713 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

MCFチャネルと通常のチャネルの違いについて

[ 編集済み ]
初級者 ✭

初めての投稿になります。

 

先日アトリビューションモデルでの分析を始めようと思い、

Google Analyticsのマルチチャネルから終点のコンバージョン数などを計測しているのですが、

通常のチャネルのコンバージョン(集客>全てのトラフィック>チャネル)を比較すると大きずれているように思います。

 

コンバージョンの種類を変更してみたり、

ルックバックウィンドウの日数を変更してもみてもあまり変わらないようです。

デフォルトチャネルグループでみても、direct/(none)の数字が通常のチャネルより多く出るようです。

 

これらの違いはどういった計測ルールの違いによって生じるのでしょうか。

 

ご回答いただきますよう、何卒お願いいたします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: MCFチャネルと通常のチャネルの違いについて

トップコントリビューター
Alex さん

こんにちは。
集客レポートとマルチチャネルレポートのコンバージョン差になりますが
集計仕様が異なるために発生いたします。

ざっくりと記載してしまうと以下の計測仕様となります。

集客レポート
1回目のセッション顔文字 びっくりしたrganic > 2回目のセッション:direct
2回目でCVした場合は、organicにCVがカウントされる。

マルチチャネル
1回目のセッション顔文字 びっくりしたrganic > 2回目のセッション:direct
2回目でCVした場合は、directにCVがカウントされる。

詳しくは下記のヘルプページをご参照いただけれるとよろしいかと思います。

マルチチャネル データについて - アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/1319312?hl=ja&ref_topic=1191164

上記ページ内の
「ノーリファラーの扱い」
「マルチチャネル レポートと他のアナリティクス レポートの比較」

以上、ご参考になれば幸いです。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。