AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

524 人が現在オンライン
524 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

SSL化対応によるカスタムレポートの設定について

[ 編集済み ]
初級者 ✭

運用中のサイト(https)のカスタムレポートを設定しているのですが

参照元/メディアに「oa.connect.auone.jp / referral」が計測されており

ここにPV数やUU数の約8割が計測され、残りの参照元の数値が異常に

少なく計測されてしまっています。。

 

他のサイト(http)では参照元/メディアにoa.connect.auone.jp / referral」は

計測されず、正常に参照元のサイトが表示され、数値も計測できております。

 

調べたところクロスドメインなる事象が影響しているなど書いてあるのですが

よくわかりません。アナリティクスの設定でどうにかなるものなのか、別にタグ等を

書き込まなければならないのか、ご教授いただけますと幸いです。

 

「http:」のサイトだと参照元/メディアの計測は正常。

「https:」サイトだと参照元/メディアにoa.connect.auone.jp / referral」が表示され

計測されている数値の値が「oa.connect.auone.jp / referral」に集中しており、他の参照元の数値が

異常に少なく計測されてしまっている状況です。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: SSL化対応によるカスタムレポートの設定について

トップコントリビューター
http:のサイトとhttps:のサイトが別のサイトであれば、当然流入元の構成も変わるのでこれだけではなんとも言えません。

まず、httpとhttpsでの差異ということに着目するなら、「httpsのページからhttpのページに遷移するときは、デフォルトではリファラーが送信されない」というHTTPの仕様によるものの可能性があります。結果として、httpのページでは、httpsの場合はどこから来たか分からないので、最初からダイレクト流入になります。一方でhttpsのページではリファラー情報を持っているので、その値が参照元に残ります。

次に、「 oa.connect.auone.jp 」という流入元ですが、少し調べてみた限り、2段階認証の認証サーバーでしょうか。例えば、「自サイト」→「外部決済や外部ログイン機能などのサイト」→「自サイト」のようなフローを辿る場合、「クロスドメイントラッキング」を行うか「参照元除外設定」を行う必要があります。2段階認証の認証サーバーも同様のフローになります。また、認証のためであれば、クロスドメイントラッキングを行うことは難しいので「参照元除外設定」が妥当かと思います。
なので、プロパティの参照元除外設定の中に、「 oa.connect.auone.jp 」を追加してみてはどうでしょうか。