399 人が現在オンライン
399 人が現在オンライン
Google アナリティクスのアカウント設定、プロパティ、ビューやフィルタ設定などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合って、よりデータ分析の知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

SSL対応済みサイトからリファラーが取れず、サイトへの流入元がわからないときの対応

初級者 ✭

あるサイトのコンバージョンを計測できるように設定したのですが、

そのコンバージョンを発生させた流入元が表示されません。

 

流入元のサイトはSSL対応済みなのですが、コンバージョンを計測しているサイトの方がSSL対応していないことが原因のようです。

 

SSL対応サイト→非SSL対応サイト

 

※この時にリファラーが渡されていない

 

このような時にリファラーを正しく表示させて、

 

コンバージョンの流入を把握する方法はありますでしょうか。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

岩田

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: SSL対応済みサイトからリファラーが取れず、サイトへの流入元がわからないときの対応

レジェンド
こんにちは。

SSLがリファラを渡さない、というのはたしかにそのとおりなので、このあたりは
技術的な検討をするとして、

とりあえずの応急処置として、非SSLサイトに向かうリンクのクリックに、CV発生
もしくはイベントをしかけて、データを取っておくのが良いかと思います。

いったんは、そこでデータをとっておいてゆっくり、接続の検証や考案をする、と
いうので、まずは検討されてみてはいかがでしょうか。

すみません、答えになっていなくて。
------
文責:カグア!

Re: SSL対応済みサイトからリファラーが取れず、サイトへの流入元がわからないときの対応

レジェンド
流入元サイト側のコードなどを変更できれば、対応できる方法がいくつかありますが、
変更できない場合は対策は限られてしまいます。

流入元サイトのコードが変更できる場合は、

1. 該当のリンクに対し、カスタムパラメーターで流入元を明示する
2. 流入元サイトのメタタグに「<meta name="referrer" content="origin">」などを入れ、リファラーを送信するようにする
3. いったんHTTPのページにリダイレクトさせてからmeta refreshなどで実際のリンク先に遷移させる

といった方法のどれでも流入元が取得できるようになるはずです(2の場合は一部対応していないブラウザがあります)。


もし、流入元サイト側のコードが変更できない場合、対策は「自身のサイトもSSL化する」の一択になります。
自身のサイトのサーバーがSSLに対応しているのであれば、SSL化してしまうほうが他のメリットもあるのでお勧めです。
(SSL証明書もLet's Encryptなどを使えば、無料で手に入ります)

Re: SSL対応済みサイトからリファラーが取れず、サイトへの流入元がわからないときの対応

トップコントリビューター
Senkichi Iさん

こんにちは。
私も山田さんが記載されているように、
どこまでコントロールできるのかによって対応方法が異なり
ご自身が何を分析されたいのかによって対応方針も変わるかなと思います。

流入元サイトA(SSL)
コンバージョン計測ポイントがあるサイトB(非SSL)

上記のうち、どのサイトまでを計測しており、
どのサイトまでを分析し、成果を改善されたいのでしょうか。

流入元サイトAまでコントロール可能で、流入元サイトAの集客経路から
サイトBのコンバージョン最大化までを目的とするのであれば、
サイトAとサイトBをクロスドメイン設定することでセッションが繋がります。

一方、サイトBしかコントロールできない場合は、
サイトBをSSL化する一択となります。
もし、サイトBでコンバージョンポイントに到達するために
何らかの情報をユーザーに入力させる必要があるのであれば
SSL化するメリットもあると考えられます。

以上、ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
このトピックのエキスパート
yu-suke