107 人が現在オンライン
107 人が現在オンライン
Google アナリティクスの Google タグマネージャを含む計測の設定やトラブルシュートなどについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

【基本】埋め込む2つのGTMタグの用途について

初級者 ✭

GTMタグを埋め込む際、2種類のタグがあるかと思います。

・ユニバーサルタグ

・iframeタグ

なぜ2つ埋める必要があるのか教えていただけますでしょうか?

それぞれがどのような用途で用いられているかが知りたいです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 【基本】埋め込む2つのGTMタグの用途について

[ 編集済み ]
Ray 注目ユーザー
注目ユーザー

ムッタさん、こんにちは。

2つ埋める理由ですが、ページの構成において、何らかの理由でJavaScriptが利用できない時に
iframeを使用してタグを呼び出しできるよう、2つのタグを設置する必要がございます。
詳細は、以下のヘルプ(英文となってしまいますが、、)にも記載されているので、お時間ある時にお読みいただけると幸いです。
https://developers.google.com/tag-manager/quickstart

The Google Tag Manager container snippet is a small piece of JavaScript and non-JavaScript code that you paste into your pages. It enables Tag Manager to fire tags by inserting gtm.js into the page (or through the use of an iframe when JavaScript isn't available).

 

また、以下のアユダンテさんの記事も参考になるかと思います。

https://ayudante.jp/column/2016-11-11/19-18/

少しでも処理速度を上げたいのであれば、bodyタグではなくheadタグの方が早くなります。ではなんでheadタグではなくbodyタグだったのかというと、一緒に記述していたnoscriptタグが本来はbodyタグ内での動作が前提となるものでしたので、予期せぬバグや表示崩れを避けるためにbodyタグ内となっていたんですね。
つまり、今までもscriptタグだけであればheadタグ内でも問題なかったわけです。

今回新しくなるに伴い、そもそもscriptタグとnoscriptタグを別々に分けてしまうことにしたようです。
これでscriptタグをheadタグ内へ移動させられるようになりましたので、処理開始を早めようというのが狙いだと思われます。

ちなみにですが、noscriptタグはJavaScriptが動作しない環境向けの保険的な記述になります。またJavaScriptが動作しない状況ですので、当然ながら配信されるタグもJSで動作するタイプは除外されるようです。
そのため、以前試したときは実質的にほとんどのタグが配信されず、文字通りあくまで保険程度の気休めにしかならないようです……。


よろしくお願いします。

Ray お役に立てましたら、いいねや解決済みマークを押していただけると幸いです!

Re: 【基本】埋め込む2つのGTMタグの用途について

トップコントリビューター
iframeタグはJava Scriptをサポートしないブラウザ向けに設置するものです。
とは言え、最近のサイトの場合、サイト本体がJava Scriptを前提とするものも多いと思いますので、その際は無理にiframe側の設置はしなくてもいいと思います。