640 人が現在オンライン
Google アナリティクスの Google タグマネージャを含む計測の設定やトラブルシュートなどについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

GTMの変数定義に関して

中級者 ✭

GTMのデータレイヤーに関してになります。

現在、購入完了ページにデータレイヤーを作成しております。そこでEコマースの設定をGTM上で設定したいのですが

購入完了ページに記述しているデータレイヤーの項目が予約語ではなく、独自に命名した項目でして

GTM上で変数の定義?をしなければなりません。

 

こちらの設定方法をご教示いただければと思います。

 

例)

予約語:transactionTotal': 10000,

HTML上の変数名:gtm-product_price': [7500],

Re: GTMの変数定義に関して

N H
上級者 ✭ ✭ ✭

Takaaki-K さま

 

方法としては2つです。

 

1.CMS側で出力する変数名を置換しておく

 →これが一番ベストです。

 

2.GTM側で変数名を置換して計測

 ・一旦出力しているデータレイヤーをデータレイヤー変数として取得し、

  カスタムHTMLでデータレイヤーとして再度出力する感じです。

  ※商品データの読み込みは DataLayer変数として 「transactionProducts」とすれば

   とることができます。

 

 

設定例は以下のような感じです。

※ページ上のコード例

<script>
dataLayer.push({
   'transactionId': '1234',
   'transactionAffiliation': 'Acme Clothing',
   'gtm-product_price': 38.26,
   'transactionTax': 1.29,
   'transactionShipping': 5,
   'transactionProducts': [{
       'sku': 'DD44',
       'name': 'T-Shirt',
       'category': 'Apparel',
       'price': 11.99,
       'quantity': 1
   },{
       'sku': 'AA1243544',
       'name': 'Socks',
       'category': 'Apparel',
       'price': 9.99,
       'quantity': 2
   }]
});
</script>

上記に対して、以下の変数を作成(中身はデータレイヤー変数)

transactionAffiliation

・gtm-product_price

・transactionId

・transactionProducts

・transactionShipping

・transactionTax

 

上記変数を用いて出力したカスタムHTMLは下記の感じ。

 

<script>
  dataLayer.push({
  'event':'purchase',
   'transactionId': {{transactionId}},
   'transactionAffiliation': {{transactionAffiliation}},
   'transactionTotal': {{gtm-product_price}},
   'transactionTax': {{transactionTax}},
   'transactionShipping': {{transactionShipping}},
     'transactionProducts': {{transactionProducts}}
});
  </script>

これでevent=purchaseのタイミングでUAタグを渡せばイケルと思います。

※いけなかったらスミマセン…