92 人が現在オンライン
92 人が現在オンライン
Google マイビジネスのビジネス情報の編集方法、Google プラスの投稿方法などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。ビジネスオーナーならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

リスティングを別のアカウントへ移行したい

初級者 ✭ ✭ ✭

現状

私の個人名で表示されるアカウント(仮に「個人名アカウント」とする)と、屋号のアカウント(仮に「屋号アカウント」とする)が2つあります。

 

アカウントの概念を良く理解しておらず、当初は個人名アカウントに「屋号 A店」というリスティングを作成しました。

しかし、アカウントを分けられる事を知った&店舗が増えた為に屋号アカウントを作成し、「屋号 B店」「屋号 C店」と追加をしております。


 

希望

将来的に複数の人間で管理したい、管理リスティングが増えた際に綺麗なツリー階層にしておきたい、等の理由より

個人名アカウント」に紐づいた「屋号 A店」というリスティングを屋号アカウントへ移行 or 譲渡 したいと考えております。

 


 

試した事

ログイン後の画面より「個人名アカウント」を選択し、ビジネス情報の表示をカード表示にし、「屋号 A店」のビジネスを管理をクリック。

画面左上の3本線のメニューボタンをクリックし、「ユーザーを管理」をクリック。

権限を管理という表示の画面にて、右上のユーザーアイコンより新しいユーザーの追加を試みたのですが、 ユーザー名に屋号アカウントを入力しても[招待]がアクティブになりません。

gmailのアドレスを入力すると個人名アカウント」が表示されるので試していません。

フォーラムでも探してみたのですが、欲しい情報は見つかりませんでした。

 

 

お手数かけますが、方法をご存知の方いらっしゃったらご教授下さい。

 

2 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者satoty0307さんが付与
1月 2017

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

注目ユーザー

柴田さん

 

同一メールアドレス かつ ビジネスアカウントが異なる、という状況のようですね。


移動元(個人名アカウント)に入り、移動したいリスティング情報(店舗情報)の左端のチェックボタンにチェックを入れます。
チェックを入れるとページ上部が灰色になりますので、

ページの右上に右から二番目のフォルダアイコンをクリックしてください。

次に譲渡先一覧に屋号アカウントのビジネスアカウントが表示されるので、

譲渡先のビジネスアカウントをクリック → 「オーナー権限を譲渡」をクリック → 完了。

という流れになります。

※参考までに画像を添付しております。 

きゃぷちゃー.jpgオーナー権限移譲

でぶてて

元の投稿で解決策を見る

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

トップコントリビューター
こんにちは。

まず試して頂きたいのは、パソコンのブラウザをGoogle Chromeにしても同様であるかです。

最終的には屋号アカウント側から、他のユーザーによってビジネスオーナー確認が済んでいる場合の手順に従って、権限を譲渡する方法もあります。

ご参考になりましたら。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

初級者 ✭ ✭ ✭

石川さま

 

ご教授ありがとうございます。

 

ブラウザはchromeを使用しております。

 


 

 

「他のユーザーによってビジネスオーナー確認が済んでいる場合」についてですがこちらのヘルプページをみました。

しかしこちらも「オーナー権限を別ユーザーに譲渡する」ものだと理解しています。

 

 

今件では「個人名アカウント」も「屋号アカウント」も私自身がオーナーですので、恐らく方法が違うのかと。

 

また、下記を試しました

 

別メールアドレスの「仮アカウント」へメインのオーナー権限を譲渡。個人名アカウント」の権限を全て削除

仮アカウント」より元の個人名アカウント」を持つメールアドレスを入力し招待

 

これで招待の際に個人名アカウント」or「屋号アカウント」のどちらに紐づけるか選べるのでは、、という期待でしたがダメでした。

(自動的に個人名アカウント」の中のリスティングとして収まってました)

 

単純なツリー階層では無い様ですね、、難しいです。

 

 

 

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

トップコントリビューター
ご確認、有難うございます。

「個人アカウント」と「屋号アカウント」はGoogleアカウント(Gmailアドレス)が異なると考えていますが、間違い無いでしょうか。
この場合、Google的には「個人アカウント」と「屋号アカウント」は別ユーザーです。

ですから、一人二役で権限要求して頂き、権限譲渡が可能になります。同様の事を、何か月か前に僕自身が試して問題無く実行できました。

「個人アカウント」と「屋号アカウント」の解釈が間違っているようでしたら、もう少し詳しく教えてください。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

初級者 ✭ ✭ ✭

言葉が足りず失礼しました。

「個人アカウント」と「屋号アカウント」は同一googleアカウントです。

 


 

>>一人二役で権限要求して頂き、権限譲渡が可能になります。同様の事を、何か月か前に僕自身が試して問題無く実行できました。

 

こちら(↑)は恐らく私が試してみた(↓)事と同様かと思います。

 

>>別メールアドレスの「仮アカウント」へメインのオーナー権限を譲渡。「個人名アカウント」の権限を全て削除

>>↓

>>「仮アカウント」より元の「個人名アカウント」を持つメールアドレスを入力し招待

 

しかし、この方法でも「屋号アカウント」へ紐づける選択が出来ませんでしたので、違う方法でしょうね、、

現状のキャプチャ貼付けます。

 

sample.jpg

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者satoty0307さんが付与
1月 2017

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

注目ユーザー

柴田さん

 

同一メールアドレス かつ ビジネスアカウントが異なる、という状況のようですね。


移動元(個人名アカウント)に入り、移動したいリスティング情報(店舗情報)の左端のチェックボタンにチェックを入れます。
チェックを入れるとページ上部が灰色になりますので、

ページの右上に右から二番目のフォルダアイコンをクリックしてください。

次に譲渡先一覧に屋号アカウントのビジネスアカウントが表示されるので、

譲渡先のビジネスアカウントをクリック → 「オーナー権限を譲渡」をクリック → 完了。

という流れになります。

※参考までに画像を添付しております。 

きゃぷちゃー.jpgオーナー権限移譲

でぶてて

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

初級者 ✭ ✭ ✭
てぶててさま

ありがとうございます、無事移行できました。

この場合に該当のリスティングのユーザー情報を確認すると、今件で言っております「個人アカウント」と、「屋号アカウント名」がどちらも表示されています。
「個人アカウント」を削除しても良いとは思うのですが、この場合は削除してもしなくても出来る事等はまったく一緒と考えてよろしいですか?

他のgoogleアカウント使用の方と共同で管理する場合等にはこちらで管理すべき。
管理するビジネスアカウントをまたぎ、すべてのリスティングを同一のgoogleアカウントで管理している場合(今件の様な場合)はユーザー権限を意識しなくてよい。

という認識を持っております。

Re: リスティングを別のアカウントへ移行したい

注目ユーザー
> 「個人アカウント」を削除しても良いとは思うのですが、この場合は削除してもしなくても出来る事等はまったく一緒と考えてよろしいで
管理する管轄が変わる というイメージをもってもらえればOKです。出来ることは変わりません。

> 他のgoogleアカウント使用の方と共同で管理する場合等にはこちらで管理すべき。
> 管理するビジネスアカウントをまたぎ、すべてのリスティングを同一のgoogleアカウントで管理している場合(今件の様な場合)はユーザー権限を意識しなくてよい。
私の経験上になりますが、
複数ユーザー(メアド自体が違う場合、代理店と一緒に管理するなど)で管理する場合は、新しいビジネスアカウント(柴田さんのいう屋号アカウント)を使った方が管理しやすいです。デフォルト(柴田さんのいう個人アカウント)ではリスティング一つ一つにしかユーザー追加ができないのですが、ビジネスアカウントであればビジネスアカウントに登録されているリスティングアカウント全体に一括でユーザー権限を付与できます。
今回のような場合やGoogleAdWordsと連携する場合は圧倒的にビジネスアカウントで管理するほうが楽です。

ご参考までに。
でぶてて