AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

248 人が現在オンライン
248 人が現在オンライン
Google 広告に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

オンライン広告初心者でも簡単に運用できる AdWords Express

 

SMBDay-4.jpg

 

2018 年 あなたのビジネスを成長させるために、デジタル マーケティングの基本をおさらいしましょう。

 

前回の記事で Google マイビジネスの活用法をご紹介しました。今回は「横浜 英会話」のようにビジネス名を特定しない「間接検索」で埋もれてしまわないための広告サービスについてご紹介します。「AdWords Express」は、簡単な初期設定のみでオンライン広告を掲載できる、手軽な広告サービスです。AdWords Express を使えば、Google マイビジネスではリーチできなかったユーザーに情報を届けられるようになります。

 

Google マイビジネスだけではリーチできなかったユーザーに情報を届ける


Google マイビジネスでは「横浜 Google 英会話教室」のように、店舗など固有名詞が指定された際に、自身の Google マイビジネスの情報が表示されます。これが「直接検索」です。

 

しかし「間接検索」、つまり「横浜 英会話」というように地域名と業種名など固有名詞を特定せずに検索された際は、ビジネスが表示されません(図 1)。

 

そこで、Google AdWords や AdWords Express といった Google の広告サービスを利用することによって、「横浜 英会話」という間接検索に連動して広告を表示できるようになります。このような広告を「検索連動型広告」と呼びます。

 

SMBDay-4-1.png図 1 : 間接検索における Google マイビジネスと AdWords Express 、Google AdWords の表示の違い

 

AdWords Express の設定と表示内容


AdWords Express の設定はとても簡単です。下の設定項目の「広告文、商品やサービスのカテゴリ、予算とお支払い方法」のみの設定で、後は自動的に広告が配信され、機械学習により最適化されます。

 

  1. 広告文( 3 行の広告文、リンク先ページ URL)
  2. 広告で宣伝する商品やサービス(もっとも当てはまるビジネスカテゴリ)
  3. 1 か月の予算とお支払い方法
  4. 広告を表示する地域
  5. 電話番号
  6. 広告の目標 (電話による問い合わせ、店舗への来訪、ウェブサイトでの操作)
  7. 広告の配信スケジュール

 

4 以降の設定は任意項目ですが、設定は簡単です。「横浜 英会話」の例では、横浜周辺のユーザーに見てもらうために地域を指定するといいでしょう。また電話での問い合わせも想定して、電話番号も設定しましょう。設定が承認されると、広告上に電話番号が表示されます。

 

課金の条件

実際に費用が発生するのは広告がクリックされた場合のみで、検索結果に表示されただけでは費用はかかりません。表示された広告に対し、ユーザーが以下のいずれかのアクションを起こした場合に費用が発生します。

  • 広告文のクリック
  • 電話ボタンのクリック(モバイル端末にて)
  • マップでの店舗ピンのクリック
  • マップでの店舗までの経路の表示

 

自動最適化

AdWords Express はシステムにより単価や広告を自動で最適化し、ターゲットとなるユーザーに適切な広告を適切なタイミングで配信することが可能です。運用が簡単なため、オンライン広告が初めての方や、運用にあまり時間をかけられないという方に特にお勧めです。また、ターゲット エリアを距離で設定できるため、地域に重点を置くビジネスの広告にも有用です。

Adwords Express の活用でわかること


AdWords Express では、ダッシュボードでデータを一覧で確認できます。表示回数とクリック数、費用の項目では、デバイスごとの割合も確認できます(図 2)。

 

また、実際にユーザーが打ち込んだ検索キーワードも確認できます。下図の例では、「横浜 英会話」の方が「横浜 英語」で検索されたときよりも検索数が多い一方、後者の方が表示回数に対してクリックされる割合(クリック率)が高いことが確認できます。

SMBDay-4-2.png図 2 : AdWords Express のダッシュボードと確認できる項目注意点は、AdWords Express では任意のキーワードを追加したり、キーワードごとに細かく予算の調整ができないことです。広告予算をより賢く使うために、細かくデータを見ながら運用したい場合には Google AdWords をご利用いただくことをお勧めします。

 

まとめ


  • AdWords Express の活用で、自社のビジネスに関連するキーワードを検索しているユーザーに情報を届けられる
  • AdWords Express は初期設定が容易で、かつ自動的に最適化されるため、運用の手間がかからない
  • AdWords Express で費用が発生するのは広告がクリックされた場合のみ

*AdWords Express についてさらに知りたい方は、こちらのヘルプもご覧ください。


次の記事では、本格的にオンライン広告に取り組みたい方に適した「Google AdWords」を解説します。

 

すべての記事の一覧はこちらからご覧ください。