416 人が現在オンライン
416 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

デジタル マーケティングの第 1 歩 : ユーザー行動を把握する

SMBDay-2.jpg

 

2018 年 あなたのビジネスを成長させるために、デジタル マーケティングの基本をおさらいしましょう。

 

オンライン上のユーザー行動の把握は、デジタル マーケティング施策を成功に導くための第 1 歩です。Google では、ユーザーの行動把握や情報収集に役立つツールを多数提供しています。ここでは、簡単に使えて、かつ皆様のビジネスにお役立ていただける便利な 3 つのツールをご紹介します。

 

「Google トレンド」でわかる、検索キーワードのトレンドと動向


Google トレンドは、Google 検索のトレンドや、特定のキーワードの検索ボリュームの推移を確認できる無料ツールです。例えば「今、どんなキーワードがよく検索されているのか?」「どのタイミングで検索のピークを迎えるのか?」といった推移を見ることができます(図 1)。

 

SMBDay-2-1.png図 1 : Google トレンドの画面イメージ

検索期間は、最短で直近 1 時間、最長で 2004 年から現在までの期間を指定することが可能で、現在の状況と長期的な推移の両方を確認できます。また、国を指定して調べることや、そのキーワードがどの国で人気が高いのかも表示されます。世の中で検索されているキーワードがひと目でわかるのが Google トレンドです。 

 

 

検索キーワードは文化を映し出す

 

「おせち」というキーワードを例に挙げてみましょう。お正月に食べる「おせち」というキーワードは、毎年 12 月に最も検索されることと、2004 年から全体のボリュームが増加傾向にあることが確認できます(図 2)。おせちを作るためにレシピを検索したり、購入するためにネット予約をしたりするなど、おせちを検索するユーザーが年々増加していることが推測できます。

 

SMBDay-2-2.png図 2 : Google トレンドによる 2004/1/1~現在までにおける「おせち」の検索動向(赤丸部分はすべて 12 月)

 

検索キーワードの動向を掴み広告効果を高めた運動靴メーカーの例

 

ある運動靴メーカー様が「子供靴」というキーワードを Google トレンドで調べたところ、 春先(3〜4 月)と秋口(9〜10 月)に多く検索されていることがわかりました(図 3)。つまり、入学や新年度、運動会の時期に、ユーザーは新しい運動靴の購入を考えていると推測できます。

 

SMBDay-2-3.png図 3 : Google トレンドで検索した「子供靴」の検索ボリュームの、過去 5 年間の推移(赤丸が 3〜4 月、青丸が 9〜10 月)

そこで、これらの時期の少し前から動画広告を配信してユーザーからの認知を高め、検索が増える時期に合わせて検索連動型広告に注力。結果、大きな成果を上げることに成功しました。

 

Google トレンドは無償ですぐに利用できます。ぜひ自身のビジネスに関連するキーワードを調べ、デジタル マーケティング戦略に活用してください。

 

「コンシューマー バロメーター」でユーザーの行動と心理を把握


無償で見られる、世界 55 か国のユーザー調査結果

コンシューマー バロメーターは、Google と第三者の調査機関が、世界 55 か国のインターネット ユーザーを対象に調査した結果を、無償で提供しているツールです。

 

ユーザーがオンライン上でどのような行動を経て商品の購入に至るのか、オンライン動画をどのように視聴しているのかなど、広告やマーケティング戦略に役立つ情報が揃っています。すべての調査結果はグラフで可視化され、画像や CSV データとしてダウンロードも可能です。

 

例えば「パソコンよりもスマートフォンでよく行うこと」という調査では、「検索エンジン」が多数という調査結果が出ています(図 4)。次いでソーシャル ネットワークの利用も多く、動画の視聴は少ないということが見てとれ、この結果から外出先では通信環境にハードルがあるのでは、ということが推察されます。

 

SMBDay-2-4.png図 4 : コンシューマー バロメーターによる「パソコンよりもスマートフォンでよく行うこと調査結果(2014 年、2015 年)」

「Google Surveys」なら大規模な市場調査も可能


Google Surveys は、オンライン ユーザーに向けて、簡単にアンケートを実施することができるツールです。

 

アンケートを作成すると、Google Surveys に登録されたウェブサイトに訪れたユーザーにアンケートが表示されます。アンケートはユーザーの年齢、性別、地域を絞ることができます。また、日本に限らず世界各国での調査が可能で、1 週間で 2,000,000 人に対してアンケートを実施するケースもあります。

 

現時点では日本語に対応しておらず、また有償となりますが、簡単にオンライン上で調査を実施したい場合には有用なツールです。

 

まとめ


  • Google トレンドでユーザーの検索動向を理解できる
  • コンシューマー バロメーターでユーザーのオンライン上の行動がわかる
  • Google Surveys で市場調査ができる
  • ユーザー行動の分析と市場動向の把握が効果的なデジタル マーケティングを実現する

次の記事では、無料で Google 検索画面上に自社のビジネス情報を掲載できる「Google マイビジネス」を解説します。

 

すべての記事の一覧はこちらからご覧ください。


Posted by 大内 真樹 - カスタマーエクスペリエンス部 マネージャー