436 人が現在オンライン
436 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

モバイルサイト表示速度の重要性と高速化の方法

SMBDay-7.jpg

 

2018 年 あなたのビジネスを成長させるために、デジタル マーケティングの基本をおさらいしましょう。

 

今日のデジタル マーケティングを語る上で、「モバイル」は切り離せないキーワードになりました。本記事では、皆様のビジネスにとっていかにモバイルサイトが重要であるか、そしてモバイルサイトの表示速度を高める方法について説明します。

 

ウェブページの表示速度がビジネスに与える影響


いまやスマートフォンがない生活を想像するのが難しいほどです。事実、モバイル ユーザーがスマートフォンに接触する回数は、1 日平均で約 150 回1と言われています。検索したり地図を見たり、音楽や動画、ゲームを楽しんだり、友人とメールやチャットをしたり、時間にして約 180 分をスマートフォンの利用に費やしています。

 

ここで注目したいのは、接触時間を回数で割ると、1 回の接触あたりの時間は、わずか 1 分程しかないということです。モバイル ユーザーはこの 1 分間のうちに、例えば気になる事柄を検索するなど、自身の目的を完了しようとします。しかし、このとき検索で見つかったウェブページがなかなか表示されなかったらどうでしょうか?

 

興味深い調査があります。ウェブページが表示されるまでに 10 秒以上かかる場合、49% の人がそのサイトを去る2というのです。ほかにモバイルサイトを閲覧する際、最もイライラする要素を聞いた調査3では、46% もの人がページの表示が遅い点を挙げています(図 1)。

図 1 : モバイルサイトを閲覧する際、最もイライラする要素を聞いた調査結果図 1 : モバイルサイトを閲覧する際、最もイライラする要素を聞いた調査結果

また、ウェブページの読み込み時間が長いことは、ユーザーがすぐに離脱してしまうこと以外にも悪影響を与えることがわかっています。

 

例えば Google 検索で表示されるランキングの決定要因にも、ウェブページの表示速度が含まれています。そして皆様のビジネスにとっても重要な点としては、ウェブページの表示速度が売り上げにも影響を与えるということが挙げられます。

 

調査4によると、読み込み時間の 1 秒の遅延は、下記のような悪影響をもたらすとしています。

 

  • ページビュー : -11%
  • コンバージョン率 : -7%
  • 顧客満足度 : -16%

 

ウェブページ読み込み速度の高速化


それでは、ウェブページの読み込みを高速化するために何をすればいいのでしょうか。ウェブページの高速化では、以下の 3 つの要素が重要となります。

 

  1. 表示にかかる時間(目標は 3 秒未満)
  2. リクエスト数(目標は 80 回未満)
  3. ページ容量(目標は 1MB 未満)

 

これらの具体的なアクションが図 2 となります。

 

図 2 : ウェブページ高速化に必要な要素とアクション図 2 : ウェブページ高速化に必要な要素とアクション

これらのアクションをすべて実行することで大きな効果が期待できますが、一気にすべてを行うのが難しい場合は、作業の容易さと見込める効果を考慮して、順序立てて改善していくことをお勧めします。

 

ウェブページ高速化のためのアクションの例


第 1 段階

必須であり、かつ作業が容易な上、非常に高い効果が期待できる

  • 画像圧縮
  • リソース連結
  • キャッシュ活用

 

第 2 段階

重要であり、かつ作業が容易な上、高い効果が期待できる

  • 画像最適化
  • GZIP 圧縮
  • リダイレクト回避

 

第 3 段階

有用で高い効果が期待できるが、実装に手間がかかる

  • リソース縮小
  • レンダリングパス整備
  • 1st View 優先

 

これらはあくまで一般的な方法であり、すべてのウェブページに当てはまるわけではありません。そこで最後に、自身のウェブページにとって効果的なアクションを知るための方法をお伝えします。

 

Test My Site でウェブページの読み込み速度を確認する


Google が提供する、Test My Site というツールを使えば、ウェブページの読み込み時間はもちろん、ユーザーの推定離脱率や同業種の競合他社との比較、改善点まで知ることができます。

 

自身のウェブページの URL を入力するだけで、読み込み時間とユーザーの推定離脱率が確認できる自身のウェブページの URL を入力するだけで、読み込み時間とユーザーの推定離脱率が確認できる

 

同業種の競合他社との比較もできる同業種の競合他社との比較もできる

改善した場合にどのくらい速くなるかを確認でき、「優先度の高い修正点を確認」をクリックすると改善点も指摘してくれる改善した場合にどのくらい速くなるかを確認でき、「優先度の高い修正点を確認」をクリックすると改善点も指摘してくれる

 

まとめ


  • ウェブページの表示速度は Google 検索での順位決定要因にもなり重要
  • ウェブページの表示速度が遅いほど、コンバージョン率に悪影響がある
  • ウェブページの高速化では、表示にかかる時間、リクエスト数、ページ容量が重要
  • Test My Site を使用し、自社のサイトに必要なアクションを確認する

すべての記事の一覧はこちらからご覧ください。


  1. Kleiner Perkins Caufield Byers、2013 年 5 月
  2. kissmetrics infographic
  3. Google Webmaster Central Blog: “#MobileMadness: a campaign to help you go mobile-friendly” (posted: Monday, April 27, 2015)
  4. A Beginner’s Guide to Website Speed Optimization