427 人が現在オンライン
427 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

ユーザーのアクションを把握しながら最適化できる Google AdWords

 

SMBDay-5.jpg

 

2018 年 あなたのビジネスを成長させるために、デジタル マーケティングの基本をおさらいしましょう。

 

前回の記事では、手軽にオンライン広告を始められる AdWords Express をご紹介しました。今回は、ビジネス拡大に向けて広告のデータを細かく見て運用したいという方のために、Google AdWords について説明します。広告の細かなカスタマイズができる Google AdWords で、広告効果の最大化を目指しましょう。

 

ユーザーの検索行動データを分析しながら広告をカスタマイズ


「広告がより多くクリックされるのは、どの曜日でどの時間帯なのか?」

「ユーザーはどのようなキーワードで検索しているのか?」

「2 つの広告文のうち、どちらがより成果が出るのか?」

 

オンライン広告でより成果を出したいと考えたときに、これらのデータを確認できるのが Google AdWords です。Google AdWords の検索連動型広告は、ユーザーの検索行動をもとに広告を表示することができ、その成果を見ながらカスタマイズできるのが大きな特徴の 1 つです。

 

キーワードや単価を自由に設定できる

AdWords Express とは異なり、Google AdWords は自身でキーワードや 1 回あたりのクリック単価を設定することができます。


設定するキーワードを考える際は、キーワード プランナーが便利です。キーワード プランナーは、検索キーワードを入力すると、そのキーワードが月にどれくらい検索されているか、競合性は高いのか、推奨の入札単価はいくらなのかといったことを確認できます(図 1)。

 

SMBDay-5-1.jpg図 1 : キーワード プランナーで検索された際に表示される項目

 

掲載できる広告の幅が広がる 

Google AdWords では、AdWords Express では使えなかったさまざまな機能を利用できます。「サイトリンク オプション」は、広告文に続けて指定のページへ直接リンクできるため、ウェブサイトのトップページへの訪問や、営業時間や商品ページといったウェブサイト内の特定のページへユーザーを誘導できます(図 2)。

SMBDay-5-2.jpg図 2 : サイトリンク オプションの表示画面

広告文 + アルファの内容を訴求できる上、特にスマートフォンに広告を出す場合は画面上に大きく広告が表示されるため、ユーザーの目に留まりやすくなるというメリットがあります。

 

簡単にコンバージョン計測ができる

広告がどれだけ成果に結びついたか(コンバージョンしたか)は、広告の評価において重要な指標です。Google AdWords なら、コンバージョンの計測も簡単に行えます。

 

例えば「商品購入に至った」「イベント参加の申し込みをした」といった数値を計測したい場合、購入や申し込みができるウェブページ内に、タグをコピーして貼り付けるだけでコンバージョンを計測することができます。

Google AdWords の活用でわかること


Google AdWords で確認できる詳細なデータの一部は下記のとおりです。

 

検索語句レポート

検索語句レポートでは、ユーザーがどのキーワードで検索したときに広告が表示されたのか、またその広告のクリック数やクリック単価、コンバージョン数などを確認できます。

 

キーワードを見ることで、ユーザーが何を求めて広告をクリックしたのかといった発見につながり、キーワードの見直しに役立ちます。

 

地域レポート

地域レポートでは、どの地域で広告の効果が高いのかを確認できます。「横浜 Google 英会話教室」の例では、やはり教室のある横浜でクリックが 1 番多く、次に川崎が多いという結果になっています(図 3)。

 

SMBDay-5-3.jpg図 3 : 地域レポートの画面表示

 

ユーザー属性レポート

さらに、年齢や性別といったユーザー層ごとに、下記の成果を確認できます。

  • クリック数
  • 表示回数
  • クリック率(CTR)
  • 平均クリック単価
  • 費用
  • コンバージョン数、コンバージョン率 

まとめ


  • キーワードや単価、表示項目を自由にカスタマイズできる
  • 広告表示オプションでより詳細な情報をユーザーに届けられる
  • コンバージョン計測により最終的な購買などの成果が確認可能
  • データに基づいた詳細なレポートや分析ができる

次の記事では、オンライン広告に取り組む際に、事前に知っておくべき 4 つのポイントを解説します。

 

すべての記事の一覧はこちらからご覧ください。