472 人が現在オンライン
472 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

新たな測定イノベーションの導入で、精度のより高い Google の来店計測(Store Visit)が可能になります

store-visits-data-hero.jpg

 

買い物をするお店、食事をするレストラン、遊びに行く場所など、人はどこに行くときも、スマートフォンを使って近くの場所を探します(英語)。そこで Google では今から 2 年前に来店数の測定を導入(英語)し、オンラインとオフラインの世界を行き来する購入経路の測定を可能にしました。それ以来 AdWords で測定された来店数は、世界中で 40 億件を超えています。 

 

本日は、世界中のもっと多くの広告主様が来店数を測定できるようになる、新しいイノベーションをご紹介いたします。すでに来店数を測定されている広告主様も、この新しいイノベーションの導入でカウントされる来店数が増え、広告掲載の成果の全貌をより的確に把握できるようになります。

 

精度の高さは維持したまま、カウント可能な来店数が増加


来店数のような測定データは、マーケティング キャンペーンの運用や最適化に関わる重要な意思決定を左右します。だからこそ、AdWords では集計するデータの信頼区間を厳に控えめに設定し、高い精度基準を満たすデータだけを来店数としてカウントしています。 また、来店数の集計はプライバシーを保護した安全な方法で実施され、ユーザー個人の位置情報が共有されることはありません。来店数は、ロケーション履歴を有効にしているユーザーのデータを匿名で累積した情報に基づいて算出されています。

 

機械学習やマッピング テクノロジー、アンケートの質の向上に伴い、Google の測定技術(英語)は今後も進化し、現在と同じ高い精度を維持したままで、カウント可能な来店数を増やすことが可能になります。

 

深層学習により、正確な測定が難しい状況でも来店の予測精度が向上


先月 Google では、来店数の測定方法を改善するため、深層学習(ディープ ラーニング)モデル(英語)のアップグレードを実施しました。これにより、さらに膨大なデータセットでの機械学習が可能になり、「実際の来店」を予測するうえで優先すべき場所のデータを割り出す精度を向上できるようになりました。今後は、多数の店舗が集中している大規模商業施設など、来店の測定に誤りが生じやすい場面でも、高い精度を維持したままでカウント可能な来店数を増やせるようになります。

 

Google の数々の優れた機能の中核を成すのが、革新的な機械学習技術です。この技術のおかげで、人々が毎日の暮らしの中で遭遇する複雑な課題の解決をサポートできるのです。たとえば、Google フォトでは自動的に写真を選別し、良く撮れた写真を集めて思い出のアルバムを作成できます。また、Google 翻訳では全文をまとめて処理することで、ネイティブ スピーカーの表現に極めて近い、自然な翻訳ができます。

 

新たなマッピング テクノロジーで位置関係の特定手法を改善


より多くの店舗について、正確な場所と位置関係を把握する取り組みも実施しました。Google Earth と Google ストリートビューの画像を最新のものに更新し、建物の外観から隣接する建物の境界がわかるようにしました。世界中の現場で働くチームがより多くのビジネスと連携し、建物内で Wi-Fi の強さを調べて実際の境界を見極めています。

 

アンケート データの質を高めて来店数を検証


来店が発生したと思われるデータをシステムが捉えると、その中からユーザーを選別して本人に直接来店に関するアンケートを実施し、精度の検証をさらに強化しています。訪れた場所について本人に直接尋ねることで「来店」の予測精度を確認し、そのデータを機械学習モデルの調整に利用します。こうしたアンケートは、Google の担当者が自ら店舗を訪れて実際に検証する作業を積み重ねたことで、信頼性と品質が向上しました。具体的には、多店舗が集中する地域で発生した来店数をより多く検証できるようになり、機械学習モデルに入力できるデータが増えてデータの精度が向上し、これまで除外されていた来店データもカウントできるようになったのです。

 

来店数の測定に関わる新しいイノベーションの導入により、こうしたインサイトを利用できる広告主様が増えるほか、すでに来店数を測定している広告主様も、カウントされる来店数が増えて、部分的ではなく全体的なデータを把握できるようになります。今後も皆様のご協力のもと、オンラインとオフラインを行き来するユーザーに対する利便性を高め、ビジネスの成果に直結する指標の測定をサポートしてまいります。

 

※なお来店コンバージョン計測は、一定の条件を満たした広告主のみご利用いただけます。ご利用にあたっては、弊社担当営業までご相談下さい。


Posted by Kishore Kanakamedala ‐ プロダクト マネジメントおよびオンライン・オフライン ソリューション担当ディレクター