521 人が現在オンライン
521 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

通話に基づく入札単価調整で電話問い合わせを促進 - Click-to-Call 広告に関するアップデート

click-to-call-update-hero.jpg

 

Click-to-Call 広告(電話番号表示オプション電話専用広告)は、電話による問い合わせを促進したい、という広告主様のご要望に応える機能です。ご提供を開始して以来、電話による多くの顧客獲得を求める広告主様を支えてきましたが、現在では、電話問い合わせがウェブでのクリックよりも 3 倍コンバージョンにつながりやすいという結果も出ています1 

 

このたびご提供を開始した通話に基づく入札単価調整は、広告主様の新たなご要望に応える新機能で、検索広告に通話オプション(電話番号表示オプション・電話専用広告)が表示される頻度をコントロールすることができます。

 

通話に基づく入札単価調整を使用すると、価値の高い電話問い合わせが得られるキャンペーンの入札単価を引き上げることが可能です。たとえば旅行代理店では、直接会話することでレンタカー、グループツアーなどの付加サービスをクロスセルしやすい電話経由の案件が、通常よりも高い価値を持つと考えられます。通話に基づく入札単価調整を使って電話番号表示オプションの表示頻度を高めれば、価値の高い通話コンバージョンを促進することができます。

 


click-to-call-update1.png

 「電話問い合わせは当社にとって重要な顧客獲得ルートです。通話に基づく入札単価調整のおかげで、Click-to-Call 広告の露出を増やし、モバイルで上位 1~2 位の掲載順位をキープすることができています。外出中のユーザーはコンバージョンに至るまでの時間が短いため、目立つポジションを確保し、希望と合う価格帯と立地で貸し倉庫をご提供していることをしっかりアピールしなければなりません。通話に基づく入札単価調整を導入し、通話促進型広告の入札単価を引き上げて以来、通話件数が 37% 増加し、通話 1 件あたりの平均コストは 22% 削減できました。」

 

-          Stephanie Christensen 氏(有料集客アナリスト)

 


click-to-call-update2.png 「当社の商品は、お客様や大切な方の健康を見守るアラート システムですので、お客様はスタッフと直接会話して適切な商品を選ぶことを重視される傾向があります。商品についてスタッフが詳しくご案内し、安心していただくことにより、30% ものコンバージョン率が得られます。これはウェブ経由の場合の 2 倍近い値です。当社にとって電話番号表示オプション経由の問い合わせは、ウェブサイトでのクリックよりも 1 件あたりの価値が大きいため、通話に基づく入札単価調整による最適化が有効です。広告代理店の Metric Theory と協力して、電話問い合わせ獲得にターゲットを絞った入札単価の引き上げを行い、電話番号表示オプションの表示頻度を高めた結果、通話件数は 20% 増加、費用は 60% 抑えることができました。」

 

-          Matt Guerrieri 氏(マーケティング担当ディレクター)

 


click-to-call-update3.png 
「通話に基づく入札単価調整のおかげで、広告経由での問い合わせ率が 79% 上昇するという大きな成果が得られ、主要なマーケティング目標を達成することができました。また、価値の高い保険契約を期待できる顧客にターゲットを絞ることもできました。柔軟な設定によって効率よく通話オプションを目立たせることができ、質の高い電話問い合わせが増加しています。電話問い合わせは、毎月の見込み顧客獲得数の中でも大きな比率を占めており、現在は通話に基づく入札単価調整をさらに重用する方向で取り組みを進めているところです。」

 

-          Anthony Gamble 氏(デジタル マーケティング(集客)責任者)

 

通話に基づく入札単価調整は AdWords リニューアル版専用の機能ですが、年内にはすべての広告主様にリニューアル版をご利用いただけるようになる予定です2。AdWords の電話関連ソリューションについて詳しくは、ヘルプセンター(電話番号表示オプションについて電話専用広告について)をご覧ください。電話問い合わせ促進のための運用ガイドや、コールセンターのユーザー エクスペリエンス向上についての記事(英語のみ)もご用意していますので、併せてご覧ください。


Posted by Amit Agarwal - 電話およびメッセージング部門シニア プロダクト マネージャー


  1. Google 内部データ(2016 年)
  2. AdWords リニューアル版は順次ご提供範囲を拡大しており、2017 年中にはすべての広告主様にご利用いただけるようになります。リニューアル版のご提供開始後は、新旧の管理画面を手軽に切り替えてご利用いただけます。

0 いいね!