234 人が現在オンライン
234 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

AdWords のユーザーリストをキャンペーン単位で設定して作業を効率化

rsla-hero.jpg

 

 

お客様のビジネスに関心を持っている価値の高いユーザーに対しては、購入経路を進んでいる途中で行動に移そうとした瞬間を捉えてリーチすることが不可欠です。それには、検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)カスタマー マッチを使って、過去に接点を持ったことがあるユーザー向けにキャンペーンをカスタマイズするのが有効です。ただし、広告グループがいくつもある場合は、特に最初の設定に手間がかかります。そこで、このたび、大規模なユーザーリストの管理を簡素化するため、ユーザーリストをキャンペーン単位で設定できるようにいたしました。

 

キャンペーン単位のユーザーリストを利用するメリット


キャンペーン単位のユーザーリストを使用すると、入札単価調整の測定や変更も簡素化されます。入札単価調整を個別の広告グループごとに変更する場合とは異なり、キャンペーン単位の場合は十分なデータに基づいて判断を下せるため、自信を持って最適化を行うことができます。ユーザーリストの入札単価調整のおすすめの方法については、こちらをご覧ください。

 

活用事例


redfin logo copy.jpg

「キャンペーン単位のユーザーリストを使用すると、大規模なリマーケティング リストを効率よく設定できることが実証されています。当社では、多くのキャンペーンでいくつもの広告グループを使用しています。このため、従来の検索広告向けリマーケティング リストでは、何時間もかけてユーザーリストを個別に設定して、広告グループごとに結果を分析しなくてはなりませんでした。しかし、ユーザーリストをキャンペーン単位で設定することで、広告グループの設定もれがなくなりました。また、作業が効率化されたことで、新居を探しているお客様のサポートに時間をかけられるようになりました。」– Redfin SEM 担当シニア マネージャー、Debra Carroll 氏

 

 

 

webstaurant logo.png

「ほとんどのキャンペーンで数百単位の広告グループを使用しています。このため、すべてのユーザーリストをキャンペーン単位で設定できるようになったことで、複数のキャンペーンにリストを追加する手間が大幅に省けました。入札単価調整もまとめて設定できるので、検索キャンペーンの予算を効果的に配分できるようになって、広告費用対効果の向上につながりました。」– Webstaurant PPC スペシャリスト、Nathan Eagan 氏

 

キャンペーン単位の検索ユーザーリストを使用すると、従来より柔軟な方法でユーザーにアプローチできます。キャンペーン単位のユーザーリストについて詳しくは、ヘルプセンターをご覧ください。また、効果的なメッセージを適切なユーザーに表示する方法については、Google の運用ガイドをご覧ください。


Posted by Bhanu Narasimhan(AdWords プロダクト管理担当ディレクター)

0 いいね!