579 人が現在オンライン
579 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
Google AdWords に関する公式情報を、いち早くお届けします。メール通知を受け取るには、こちらの手順をご参照ください。
star_border

Google AdWords の動的検索広告がアップデート後さらに効果的に

Enhanced-DSA-hero.jpg

 

動的検索広告(DSA: Dynamic Search Ads)を利用すると、キーワードや広告の管理に手間をかけることなく、自社の商品やサービスを探しているユーザーにアプローチすることができます。この記事では、DSA の最新の3つの改善点についてご紹介します。

 

ページフィードを利用して宣伝する商品をコントロール


ページフィードを利用すると、DSA キャンペーンの管理精度を高め、関連性の高い商品やサービスだけがユーザーに表示されるようにすることができます。宣伝する商品を定義したフィードを Google に提供し、自動ターゲット設定に含めたいランディング ページを指定するだけで、広告を表示するタイミングやユーザーの誘導先ページが調整されます。

 

ページフィードでは、広告の整理に役立つ「カスタムラベル」を適用することも可能です。たとえば、年末商戦の時期にだけ宣伝する商品に「年末商戦」というラベルを適用しておけば、該当商品の広告をまとめて有効化したり、一時停止したりするのも簡単です。また、品切れ商品に「在庫切れ」などのラベルを適用しておけば、該当商品のページにトラフィックが流入するのを防ぐことができます。

 

ヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト『ホットペッパービューティー』は、ページフィードを利用することで、DSA キャンペーンの管理にかける時間を 90% 削減しました。

 

HPB_logo.png「DSA の運用でページフィードを利用することで、URL レベルの詳細なターゲティング管理を維持しつつ、ユーザーリーチ率向上とオペレーション コストの劇的な削減に成功しました。」 - 石井智之氏(株式会社リクルートホールディングス メディア&ソリューションSBU ネットマーケティング推進室 シニアマネージャー)

 

オンラインの宿泊施設予約サービスとして世界をリードする Booking.com も、ページフィードのメリットを実感している企業のひとつです。

 

 booking-1.png「DSA ページフィードのおかげで、広告の関連性を高めて掲載結果を伸ばし、より多くの見込み顧客にアプローチできるようになりました。」- Richard Gradwell 氏(マーケティング PPC イノベーション担当ディレクター)

 

動的検索広告でも拡張版フォーマットを活用


今年に入って、検索キャンペーンとディスプレイ キャンペーンは拡張テキスト広告への移行を完了しています。DSA キャンペーンにも、むこう 1 か月程度の間に拡張版フォーマットが導入される予定です。新フォーマットでは、広告見出しと広告文の字数制限が緩和されており、ユーザーにはより多くの情報を踏まえたうえで広告をクリックしてもらうことができます。新しい広告を作成する際は、[広告文] 欄(以下、図の [Description])を活用して、ユーザーの関心に沿った詳しい説明を提供しましょう。

 

Screen Shot 2017-02-21 at 3.49.05 PM (1) copy.png

 

 

さらに関連性の高い的確な広告を表示


広告は、ユーザーが探している情報と合致する場面に絞って表示することが重要です。たとえば京都のベーカリーの広告なら、表示対象は京都でパンや焼き菓子を探しているユーザーに限定するのが効果的です。DSA キャンペーンも、こういった点を意識して常に改良されています。最新のアップデートの成果は、平均コンバージョン率の向上と平均コンバージョン単価の低下という形ですでに表れ始めています。


Posted by Walter Vulej(AdWords 担当プロダクト マネージャー)