279 人が現在オンライン
279 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ウェブテストのセッション数とレポートのセッション数

初級者 ✭

GAを使ってウェブテストを行いました。

 

この時、ページAとページBを比較してテストを行ったとして、

「行動」内の「ウェブテスト」の結果ページにある、ページAの「ウェブテストセッション」の数字と、

「ユーザー」内の「サマリー」ページで、アドバンスセグメントを用いて「ページAを見た」という条件で見た「セッション」の数字が

2倍くらい違っているのですが、これはなぜなんでしょうか。

ちなみに後者の方が数字は少ないです。

 

期間やデバイス等の条件は同じになっていることは確認しました。

「ウェブテストセッション」という数字は、単純にそのテストページ(A)のセッション数という認識だったのですが、

そうではないのでしょうか。

そうではないにしても、この数字が、「ページA」を見たという条件のユーザーサマリーのセッション数よりも多くなる、というのには

違和感があります。

 

どなたか教えていただけますと幸いです。

 

Re: ウェブテストのセッション数とレポートのセッション数

レジェンド
こんにちは。

Googleアナリティクスのウェブテストは、ページAというページに来たセッションを、テスト仕様に
したがって、別なページ(パターンB)に飛ばす、という仕様のはずです。

したがって、そもそも、ページAにはみんな来ていて、リダイレクトされるため、結果としては
見ているページは2種類になる、という認識です。

セグメントに「ウェブテストパターンA」というディメンションがあれば、おおせのような数字にな
るかとは思いますが、セグメントで「ページAを見た」ということですと、母数に近い数字が出る
のではないかと推察します。

いかがでしょうか。
------
文責:カグア!

Re: ウェブテストのセッション数とレポートのセッション数

初級者 ✭
「ウェブテスト」の結果ページにある、オリジナルのページの「ウェブテストセッション」には、リダイレクトされた分も含まれるということでしょうか?
ウェブテストセッションの値がページ別訪問数の2倍近くある現象が起きており、困っております。