302 人が現在オンライン
302 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

初級者 ✭

いつもお世話になっております。

昨年末より趣味で、ブログの運営を開始しました。

日々、独学で勉強しながら取り組んでおります。

そんな中で今、早速ぶち当たっている壁が「集客」で、特に「集客戦略立案のためのアクセス解析」が上手くいっていない状態です。

内容としては、まず「グーグルアナリティクス」と「サーチコンソール」を使っております。

そこで問題というのが、直近1ヶ月で絞った際に、アナリティクスのオーガニックからの「セッション数」とサーチコンソールの「クリック数」の数が、全然一致しないのです。

直近1ヶ月という範囲で、オーガニックサーチでの「セッション数」が138件ございます。

これに対しサーチコンソールでの「クリック数」が”not set”も含めて18件しかありません。

この「大きな差=120件」の原因が全く分からず、身動きがとれない状況になっております。

当方の思いとしては、「検索エンジンからの正確なアクセス数に対しての、それぞれの検索キーワードを分析したい」というところが、その分析の意図となります。

こちらの思いを満たすための方法について、お忙しいところ大変恐れ入りますが、何かしらのアドバイス頂けますと幸いです。。

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

トップコントリビューター
こんにちは。

これは非常によくある事のようですが、サーチコンソールとアナリティクスは、そもそもデータ収集の方法が異なる点をご理解ください。

その上で、ざっくり僕の私見を申し上げると、サーチコンソールはGoogle検索、アナリティクスのオーガニックはGoogle検索以外を含むといった感じでしょうか。

アナリティクスでGoogle検索のオーガニックだけを抽出しても、数字が大きく離れるのはサーチコンソールが必ずしも全ての検索からのクリックを数字として表す訳ではなく、相当丸められた値だからだと理解しています。

ご参考になるようでしたら。


石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

トップコントリビューター
Keisuke Mさん

こんにちは。
前述の石川さんが記載されているようにツールが違うことによる集計方法の差が原因となります。Googleアナリティクスではメディア=organicとしてもGoogle検索以外の検索エンジンが含まれます。そこで参照元をgoogleに絞り、参照元/メディア=google/organicとするとSearch Consoleの検索アナリティクスにおけるクリック数と近しい数値となるかと思いますが、それでもGoogleアナリティクスの方が数値が大きくなるはずです。
その要因としては、Googleアナリティクスは(direct)でサイトに訪問した時は、ひとつ前の参照元/メディアを引き継いでしまうという仕様があります。
つまり、1回目で参照元/メディア=google/organicでサイトに訪問して、2回目の訪問で参照元/メディア=direct/noneの場合、2回目の訪問にて計測されるのは1回目の参照元/メディアとなります。
その他、Googleアナリティクスで計測しているドメインやディレクトリ、デバイスなどの計測範囲とSearchConsoleで設定している設定範囲によっても、数値誤差は発生するかと思われます。

分析の意図は素晴らしいと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

Re: オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

初級者 ✭

石川様、yu-suke様

 

お忙しい中、大変ご丁寧に回答頂き、誠にありがとうございました。
助かります。。

 

ちなみに期間も再設定し、アナリティクスのオーガニック検索の参照元を「グーグル」で絞ると下記のとおりとなりました。

 

期間:5/15~6/13
アナリティクス セッション数:131件
サーチコンソール クリック数:17件

 

以前として、差が大きい状態です。。

ちなみにアナリティクス側の「キーワード」を確認すると、下記のとおりとなりました。

 

(not provided) →72件
www.get-free-social-traffic.com → 59件

 

この59件はリファラスパムでしょうか?

であるとするならばアナリティクスのセッション数は72件としてカウントすべきであり、その場合でも「80%近くの乖離」がある状況となっています。。

 

ここで追加のご質問としましては、まずこの乖離はリファラスパム対策をとったうえであれば、特に気にしなくてもよいものなのでしょうか?

 

そしてもう一点追加のご質問としましては、(not provided) に対して「キーワード」が分からない状況ですが、このような場合はどのようにキーワード分析すればよいのでしょうか?
サーチコンソールでは(not provided) のキーワードも拾えるということなのでしょうか?

このあたりのアナリティクスとサーチコンソールの使い分けがよくわかっておらず、教えて頂けますと助かります。

 

以上、お手数をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Re: オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

レジェンド
www.get-free-social-traffic.com の59件はリファラースパムなので、除外したほうが良いかと思います。
また、80%の乖離ですが、もう少し近しい値になるべきなのかと思います。
自分のブログで確認したところ、Analytics:1,709、Search Console:1,905となりました。Analytics < SearchConsoleなので逆の現象ですが。

Search Consoleのほうが少ない状況なので、後調べるとしたら、Search Consoleに登録されているプロパティが正しいかどうか、でしょうか。Search Consoleの場合はプロトコル(http / https)やサブドメインの違いも区別して計測しているはずです。一方Googleアナリティクスの場合、プロトコルやサブドメインは関係なくタグさえ設置されていれば計測対象となります。
例えば、https とhttpのページが混在しているサイトでSearch Consoleではhttpのページしか登録していない、となるとhttpsにランディングするトラフィックがSearch Consoleに載ってこないので、Search Consoleの数値がその分減ってしまいます。

>> そしてもう一点追加のご質問としましては、(not provided) に対して「キーワード」が分からない状況ですが、このような場合はどの>> ようにキーワード分析すればよいのでしょうか?
>> サーチコンソールでは(not provided) のキーワードも拾えるということなのでしょうか?

流入キーワードを知りたい、のであればSearch Consoleを使うのが良いかと思います。こちらならnot providedとならずにキーワードをチェックすることができます。ただし、注意しなければいけないのは、
・一度に取得できるキーワード数に限界があるので、大規模サイトでニッチキーワードを探すのは難しいかもしれない
・取得できるデータは過去90日分なので、昨年度との比較は難しい(別途ツールが必要)
・サイトに流入した後、どうなったか?はわからない(あくまで、検索結果画面でのパフォーマンスを知ることが目的のツール)
といった点かと思います。

Re: オーガニックセッション数とクリック数が一致しない問題

トップコントリビューター
こんにちは。

山田さんがお答えですので・・・特に申し上げる事はありません(笑)
ご存知かとは思いますが、不明なトラフィックの流入元を調べる際は、直接URLやドメインを検索窓に入れると危険ですので「"www.get-free-social-traffic.com"」のように「 " 」(ダブルコーテーション)で囲って検索してみると良いかもしれません。


石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h
このトピックのエキスパート
石川 知紀
yu-suke