110 人が現在オンライン
110 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

「コンバージョン経路」レポートの仕様

初級者 ✭

 「コンバージョン経路」レポートで質問です。

 

ある1日を集計対象期間にして、ルックバック日数を30日にしたとします。コンバージョン(CV)の経路が次のような場合に、「コンバージョン経路」レポートにおいて、それぞ れの経路表示はどのようになるのでしょうか。

 

①30日前に参照サイトで訪問しCV ⇒ 集計対象日にオーガニック検索で訪問しCV
②30日前に参照サイトで訪問し非CV ⇒ 集計対象日にオーガニック検索で訪問しCV

 

疑問点はルックバック日数内のアシスト自体がCVでもあった場合に、
・そのままアシストとして生かされるのか
・それ以前が経路(アシスト)から消去される(CVをきっかけにしてゼロクリアされる)のか
という点です。

 

<集計ケース1>
そのままアシストとして生かされるのが自然かなと考えていますので、その場合はどちらも下記のようになるはずです。
①のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索
②のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索

 

<集計ケース2>
消去される(CVをきっかけにしてゼロクリアされる)のであれば、それぞれ下記のようになるはずです。
①のCV経路:オーガニック検索
②のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索

 


また下記のように集計対象期間に2つのCVを計上したユーザーはどうなるでしょう。マルチチャネルのCV数と通常のCV数は同数 なので、マルチチャネルも延べでCV数をカウントしているようなので、下記でもマルチチャネルでは2カウントされると思いま す。

 

③30日前に参照サイトで訪問し非CV ⇒ 集計対象日にオーガニック検索で訪問しCV ⇒ 集計対象日にソーシャルで訪問しCV

 

<ケース3>
そのまま生かされるのであれば、
③の一つ目のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索
③の二つ目のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索 ⇒ ソーシャル

 

<ケース4>
CVをきっかけにしてゼロクリアされるのであれば、
③の一つ目のCV経路:参照サイト ⇒ オーガニック検索
③の二つ目のCV経路:ソーシャル

 

言わんとしていることは、わかりますかねえ。。。宜しくお願いします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者hiromi ibukuroさんが付与
11月 2016

Re: 「コンバージョン経路」レポートの仕様

トップコントリビューター

衣袋さん、

 

こんにちは。

 

②は<集計ケース2>で、疑義を挟む余地はないかな?と思いました。

③は①の挙動が確認できれば、確からしい推測がでそうかな?と思いました。(←今、あまり検証に時間かけられないので端折った ^^; )

 

なので、①を私なりに検証してみたので、そのプロセスと私なりの結論を以下に共有させて頂きますね。

 

1) 前回のa2iセミナー「Googleアナリティクスアドバンスト」でお話した、ローデータに基づく、ヒットベースのフルカスタマージャーニーが役に立つかと思いました。

30日以内に2回CVした、ちょうど良いユーザーさんがいてくれました。(ただし、この記録上は2回ともオーガニックトラフィックで、衣袋さんの例とは完全には合致しません。)

 

1103_1.png

 

 

2) ちゃんとGoogleアナリティクス側でも、そのように認識しているのかを確認するために、ユーザーエクスプローラーを確認しました。

 

このユーザーさん、たしかに、8/9に、Organic Searchでランディングし、「お問い合わせ完了」のCVもしてくれています。タイムスタンプもバッチリです。

 

1103_2.png

 

3) コンバージョン経路のレポートで、日付を8/9に絞り込みました。8/9にはたまたまお問い合わせ完了は1件だったので、精緻な検証ができそうです。

 

これがどのように表示されるか?で、衣袋さんのご質問に回答できるのではないかと思いました。

すると、以下となりました。

 

1103_3.png

 

ノーリファラー x 2 

 

なるほど、ユーザーエクスプローラーレポートも、「ダイレクトトラフィックは、直近の参照元/メディア」を上書きしない仕様なので、「ユーザーエクスプローラーではOrganic Searchとなっていたけれど、実際にはダイレクトトラフィックだったんだな。」ということがわかりました。

 

しかも、(ここからが衣袋さんのご質問への回答となるのですが)期間中(30日間以内である、7/14と8/9)に2回CVしているユーザーさんについても、7/14のCVは無視され、8/9のCVだけが記録されている。(7/14はアシストトラフィックである)ということがわかりました。

 

つまり、①の集計方法は<集計ケース1>である。

 

と証明できたのではないかと思います。

 

ちなみに、このコンバージョン経路を、初回獲得の6/16まで含めるため、8/9日から54日分遡れるようルックバックウィンドウを広げますと以下になりました。

 

1103_4.png

 

つまり、このユーザーさんは、、、

 

  1. 6/16に Organic Search (Google)で初回訪問し
  2. その後、2回目の訪問~5回目の訪問を全てダイレクトトラフィックで流入してくれて、
  3. その4回目、及び、5回目に「お問い合わせ完了」のCVをしてくれた。

 

ということかと思います。

 

そうしたケースで、コンバージョンの経路レポートを見ても、1行しか表示されないので、このレポートの仕様として、

 

  • カレンダーで選択した期間 + ルックバックウィンドウで設定した遡り期間 において
  • 同一のユーザーが、同一CVを複数発生させた場合、
  • 最後のCVを「正」と認識し、それ以前の、セッションはたとえCVをしたとしても、アシストセッションとして認識する。

 

ということかと思いました。

 

ご参考になれば、光栄です。(^^)

 

Kazkida

 

 

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者hiromi ibukuroさんが付与
11月 2016

Re: 「コンバージョン経路」レポートの仕様

トップコントリビューター

衣袋さん、

 

こんにちは。

 

②は<集計ケース2>で、疑義を挟む余地はないかな?と思いました。

③は①の挙動が確認できれば、確からしい推測がでそうかな?と思いました。(←今、あまり検証に時間かけられないので端折った ^^; )

 

なので、①を私なりに検証してみたので、そのプロセスと私なりの結論を以下に共有させて頂きますね。

 

1) 前回のa2iセミナー「Googleアナリティクスアドバンスト」でお話した、ローデータに基づく、ヒットベースのフルカスタマージャーニーが役に立つかと思いました。

30日以内に2回CVした、ちょうど良いユーザーさんがいてくれました。(ただし、この記録上は2回ともオーガニックトラフィックで、衣袋さんの例とは完全には合致しません。)

 

1103_1.png

 

 

2) ちゃんとGoogleアナリティクス側でも、そのように認識しているのかを確認するために、ユーザーエクスプローラーを確認しました。

 

このユーザーさん、たしかに、8/9に、Organic Searchでランディングし、「お問い合わせ完了」のCVもしてくれています。タイムスタンプもバッチリです。

 

1103_2.png

 

3) コンバージョン経路のレポートで、日付を8/9に絞り込みました。8/9にはたまたまお問い合わせ完了は1件だったので、精緻な検証ができそうです。

 

これがどのように表示されるか?で、衣袋さんのご質問に回答できるのではないかと思いました。

すると、以下となりました。

 

1103_3.png

 

ノーリファラー x 2 

 

なるほど、ユーザーエクスプローラーレポートも、「ダイレクトトラフィックは、直近の参照元/メディア」を上書きしない仕様なので、「ユーザーエクスプローラーではOrganic Searchとなっていたけれど、実際にはダイレクトトラフィックだったんだな。」ということがわかりました。

 

しかも、(ここからが衣袋さんのご質問への回答となるのですが)期間中(30日間以内である、7/14と8/9)に2回CVしているユーザーさんについても、7/14のCVは無視され、8/9のCVだけが記録されている。(7/14はアシストトラフィックである)ということがわかりました。

 

つまり、①の集計方法は<集計ケース1>である。

 

と証明できたのではないかと思います。

 

ちなみに、このコンバージョン経路を、初回獲得の6/16まで含めるため、8/9日から54日分遡れるようルックバックウィンドウを広げますと以下になりました。

 

1103_4.png

 

つまり、このユーザーさんは、、、

 

  1. 6/16に Organic Search (Google)で初回訪問し
  2. その後、2回目の訪問~5回目の訪問を全てダイレクトトラフィックで流入してくれて、
  3. その4回目、及び、5回目に「お問い合わせ完了」のCVをしてくれた。

 

ということかと思います。

 

そうしたケースで、コンバージョンの経路レポートを見ても、1行しか表示されないので、このレポートの仕様として、

 

  • カレンダーで選択した期間 + ルックバックウィンドウで設定した遡り期間 において
  • 同一のユーザーが、同一CVを複数発生させた場合、
  • 最後のCVを「正」と認識し、それ以前の、セッションはたとえCVをしたとしても、アシストセッションとして認識する。

 

ということかと思いました。

 

ご参考になれば、光栄です。(^^)

 

Kazkida

 

 

Re: 「コンバージョン経路」レポートの仕様

初級者 ✭
木田さん、
完璧な検証、ありがとうございました。③も①の検証結果から明らかでしょうね。

自分の質問に対する答えを下記に一応整理しておきます。

ルックバック期間内で途中に別のコンバージョンがあっても、そのコンバージョン以前の経路パスが「CVをきっかけにしてゼロクリアされる」ことはなく、そのコンバージョン以前の経路パスもすべて「そのままアシストとして生かされる」。

よって、①と②においては、<集計ケース1>の通りに集計され、③は<集計ケース3>の通りに集計される。ということで、すっきりしました。

ユーザーエクスプローラから該当のユーザーをうまく見つけるくらいなら、自分でテストしてみる方が早いかなとも思ったのですが、この場を利用させて頂きました。感謝!
このトピックのエキスパート
Kazkida