439 人が現在オンライン
439 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

セッションとページ別訪問数の違いについて

初級者 ✭

カスタムの指標にセッションとページ別訪問数の両方を設定した場合に、

両者の数字が違うのはなぜでしょうか?

 

 

お答えいただけますと幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: セッションとページ別訪問数の違いについて

レジェンド
こんにちは。

縦軸にページ(URL)、横軸に、セッション、ページ別訪問数、というレポートですかね。

URLとセッションは基本紐付いていません。ですから、そもそも、ページ数とセッション数は
レポートしてどういう数値が出るのか未知数です。

いっぽう、ページ別訪問数というのは、そのページでの訪問数ですので、基本的には
ページ単位での数値になります。

つまり、セッション数というのは、1ページ目2ページ目・・・離脱ページ、という一連の行動を
1セッションとしてカウントするわけで、違うのは自然といえば自然な状態と言えます。

行動>サイトコンテンツ>すべてのページ

で表示されるレポートを参考にされるのが良いかと思います。

・・・ということですかね?ちょっと情報が少ないため、わたしもこの方向性の回答で
あっているのか、いまいち自信がありませんが。
------
文責:カグア!

Re: セッションとページ別訪問数の違いについて

トップコントリビューター

JLEAGUEさん

こんにちは。
前述のカグアさんの内容でお間違いないですが、
考え方の補足として以下を追記させていただきますね。

URLA → URLB → URLC
ユーザーがURLAでサイトにランディングし、URLCでサイトから離脱したとします。

セッションは、URLAに1がカウントされます。
ページ別訪問数は、URLAに1、URLBに1、URLCに1がつきます。
セッションはランディングしたページにカウントされ、
ページ別訪問数はセッション内で遷移したページに1ずつ付与されるとお考えいたければと思います。
カスタムレポートでディメンションをURL、指標をセッションとページ別訪問数を並べると下記になります。
URL:セッション、ページ別訪問数
A :1     、1
B :0     、1
C :0     、1

例えば、ユーザーが同一セッション内にて下記の遷移をした場合でも
URLA → URLB → URLC → URLB(離脱)
ページ別訪問数はセッション内で遷移したユニークなページにカウントされますので
URLAに1、URLBに1、URLCに1とカウントされ、URLBは2となりません。

以上、ご参考になれば幸いです。