231 人が現在オンライン
231 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ディレクトリにある他サイト

初級者 ✭ ✭

ディレクトリごとの分析を行っている際に、中国のサイトなどが入っているケースがあります。

 

リファラースパムなどは理解できるのですが、ディレクトリの場合はどういった行動があって

 

translate.googleusercontent.com/

 

fanyi.myyoudao.com/

 

といったものが入ってくるのでしょうか。

知識としていれておきたいので、ご回答を何卒よろしくお願い致します。

Re: ディレクトリにある他サイト

[ 編集済み ]
レジェンド

こんにちは。

とりあえず、スパマーの人たちが使うと思われるメジャメントプロトコルという機能がGoogleアナリティクスには実装されていますが、それはほとんどの情報をGoogleアナリティクスに偽装して送信できます。

ですから、リファラのみならず、URLとして表示しても不自然じゃないところは、手当たり次第すべて狙ってきているのですかね。

そのセッションのユーザーエージェントや国などを調べて、個別に追跡するくらいしかできなさそうですが、手間がかかりますよね。

 

ちなみに、translate.googleusercontent.com/ はGoogle翻訳から見ると、それが残るはずです。外国の方が、質問者さまのページを、Google翻訳経由で見るとそうなるような気がします。ただ、それを詐称したスパムかもしれません、未検証です。

 

まああまり多ければ、その言語などをGoogleアナリティクスで調べて、その言語対応したページを作ってしまうのも良いかもしれませんけどね。それがまっとうなアクセスの場合は。

 

fanyi.myyoudao.com は検索しましたが、ブログツールやアクセスカウンタなどのWebサービスっぽかったです。

 

いずれにせよ、調べるにしても、いきなりそのサイトに行くのは、セキュリティ上やらないほうが良いでしょうから、"fanyi.myyoudao.com" とダブルクォテーションでくくったURLを、Google検索されて様子を見られるのが良いと思います。

 

よろしくお願い致します。

------
文責:カグア!