429 人が現在オンライン
429 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ページタイトルごとのレポートに不明なアドレス

初級者 ✭

初心者のため、わかりづらい表現となりますが、ご教示頂けると幸いです。

毎月、ページタイトルごとのレポートを確認しています。

今回、不明なアドレスが対象となっていました。

プロトコルはhttpではなく、全く見に覚えの無いアドレスです。

これはどのような時に起こる事象なのでしょうか。

このアドレスをインターネットで検索すると、中国語のページばかり検索されます。

またレポート上でそのアドレスをクリックすると、実在のページアドレスが表示されています。これはそのページが改ざんや不正アクセスされている可能性があるのでしょうか。

 

Re: ページタイトルごとのレポートに不明なアドレス

レジェンド
こんにちは。

Googleアナリティクスは、じつはサイトのトラッキングコードが動作しなくとも、関係者出ない人が、まったくの第3者のGoogleアナリティクスへデータを送信し、あたかもそのページがサイト内に実在し計測させることが、技術的に可能です。残念ながら。

ですので昨今、リファラスパムやこうしたURLを残し、間接的に宣伝をする迷惑行為が注目されています。くわしくは、実際に見てみないとなんとも言えないですが、おそらくは、この事象に該当するのかなと感じました。

そのレポートの表の少し上にあります、「セカンダリディメンション」「国」、もしくは、「セカンダリディメンション」「ホスト名」で見てみて、国が想定ターゲット国以外だったり、ホスト名が自分のサイトと無関係だったりすれば、まあスパムの可能性が高いかなとは思います。

さて対策なのですが、フィルタといってデータそのものを遮断する方法が取られることが多いのですが、いっぽうで間違えますと正しいデータも除外してしまうため、ビューを複製し検証してから実装するなど、慎重な適用が求められます。

ですのでわたしならば、割合として、そのスパムURLが全体の10%未満でしたら放置、とするかとは思います。

いっぽうそれよりも遥かに多く困っている、ということですと、普段の分析はセグメントという「データ非破壊」の絞り込みを適用した状態をブックマークしておいて、普段はそれを見るかなと。

そしてあまりにも手間であれば、最後の最後として、フィルタなど対策を講じるかなと思います。フィルタという仕組みはGoogleアナリティクスではとても伝統的な手法なので、Google検索などで、「Googleアナリティクス ホスト名 除外 フィルタ」などで検索、もしくはこのコミュニティの過去のトピックにも近いものがあるかと思いますので、それらから探し実践することとなるかと思います。

なお、改ざんについては、質問者さまのサーバーのログなど不正侵入などの精査をしてみないことにはなんとも言えませんので、ここだけではわからないというのが正直なところです。ご心配であれば、業者や専門のかたに実際に見ていただくのが一番かと思います。

考え方重視の回答になってしまいましたが、わたしとしてはそんな印象です。よろしくお願い致します。
------
文責:カグア!

Re: ページタイトルごとのレポートに不明なアドレス

初級者 ✭
お返事有難う御座います。早速、「セカンダリディメンション」を調べたところ、国もホスト名も不審なことはありませんでした。
ご指摘の通り、関係ない人の仕業ということになるのでしょうか・・・
例えば、無関係のサイトにサイト引用などされていた場合のアクセスがカウントされてしまうことは有り得るのでしょうか。
質問ばかりですみません。
該当URLの全体比率は非常に低いので今回は放置しようかと思うのですが、気になってしまいまして。