133 人が現在オンライン
133 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ページ遷移の詳細を知りたい

初級者 ✭

お世話になります。

 

あるサイトにおいて、特定のページからの遷移数を知りたいです。

遷移先は離脱(外部リンク有り、無し両方)および、内部遷移(独自に作成したのグループ10個)です。

 

知りたい項目は、以下です。

1. どのグループにどの程度遷移したか。

2. 内部遷移総数

 

レポートとしては、以下を想定しています。

 

対象ページ: TOPページ(www.aaa.com/index/html)

単位:セッション

1.離脱

 (not set)     100

 (外部リンクA)  100

 (外部リンクB)  100

 (外部リンクC)  100

 外部リンク合計  400 - ①

2. 内部遷移

 (グループ1)   200

 (グループ2)   200

 (グループ3)   200

 内部遷移合計   600 - ②

3. 合計       1,000(①+②)

 

イメージとしては、行動> サイトコンテンツ > すべてのページで、対象ページを設定し、

セカンダリディメンションで2ページ目を選べばいいのではないかと思いますが、確証がもてません。 

 

お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

トップコントリビューター
manabu hさん

こんにちは。
分析したい意図に対する見るべきレポートに関しては問題ないと思います。

1.離脱
TOPページから離脱であれば、
TOPページのページビュー数✕離脱率が離脱数となります。
外部リンクA~Cに関しては、別途イベント計測する必要があります。
イベントカテゴリにて、外部リンク遷移
イベントアクションにて、遷移先リンクAorBorC
イベントラベルにて、TOPページ内のリンク位置などを指定し計測することで
外部リンクに遷移した数は計測可能かと思います。
離脱数ー外部リンク遷移数が純粋にTOPページで離脱した数になるかと思います。

2. 内部遷移
内部遷移に関しては、記載いただきましたように
行動>サイトコンテンツ>すべてのページ で表示されたレポートに対し
セカンダリディメンションにて、「2ページ目」を選択する方法がよいのではないでしょうか。
ただし、気をつけなければいけないのは上記で記載したレポートは
指標がセッションではなくページビューが中心となります。

セッションに関してはランディングページのみにカウントされる指標となりますので
そちらをお気をつけいただければと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

初級者 ✭

yu-sukes様

 

早々の御連絡ありがとうございます!

 

2. 内部遷移
ただし、気をつけなければいけないのは上記で記載したレポートは
指標がセッションではなくページビューが中心となります。

うーん、、やはりPVとなってしまうんですね・・・

何人が遷移したかというデータは取得できないのでしょうか。。

 

イメージとしては行動フローのようなものがcsvで落とせると嬉しいです。

(行動フローは階層を深く掘り進めていくものではないので今回のイメージに合いません。)

 

サイトマップを作成し、

TOPページからの入ってきたユーザーがどの経路でサイトを掘り進めていくかを見たいのです。。

 

恐縮ですが、お知恵をお借りできますと幸甚です。

 

 

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

manabu hさん

 

ご確認いただきありがとうございます。
セッションで対応されたいのであれば、
シーケンスセグメント一択のように思います。

シーケンスセグメントとは下記のようなセグメントです。

 

2016-07-13_112622.png

 

上記のように、

TOPページの直後に遷移したページグループを指定したり、

 

2016-07-13_112653.png

 

上記のように、

TOPページに存在する外部リンクをクリックした際の

直後のイベントを指定し、

セッションが表示されるレポートを閲覧することで、

それぞれの遷移を行なったセッション数を確認することが可能です。

 

ただし、行動フローのようにビジュアライゼーションされているわけではなく

それぞれのセグメントを適用したセッション数を抽出するだけになりますので

取得した数値をわかりやすいレポートに起こす必要があります。

 

上記にて参考になりましたでしょうか。

お手数おかけいたしますが、ご確認の程よろしくお願いいたします。

 

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

レジェンド
こんにちは。

トップページから次に進んだセッションを絞りこみました。
https://gyazo.com/b0a8e3ee1670705515c7aa9d36957e87

結果、以下のように、ユーザー>ユーザーエクスプローラー では、
トップページの次の遷移が、ユーザー単位(厳密にはクライアントID単位)で
わかるようになりました。
https://gyazo.com/1b340d24c16654b58d5ac1a77653f7ab

で、ユーザーエクスプローラーでは、1つ1つを見ていかなくはならないため
CSVで一気に落としたい、ということですかね。

カスタムディメンションにクライアントIDとタイムスタンプが、格納できていれば
以下のようにカスタムレポートで出力できますので、あとはダウンロードして
EXCELでピボットなり、いろいろと集計可能かと思います。
https://gyazo.com/190d58c1ec539787ac70275db1907b4f

とりあえず、生ログっぽくなるように、Googleタグマネージャでいろいろな変数を
カスタムディメンションに入れておく、ということが前提になりますが、参考までに。
https://gyazo.com/86c7ad012e9c0abeefd793b34943543b

ということですかね??
------
文責:カグア!

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

初級者 ✭

カグア様

 

すみません、ユーザーではなく、セッション単位でした。。

言葉の使い方を気をつけないといけませんね。。。

 

添付のように、TOPからユーザーがどのように流れていくかを見られたらと思っています。

(ECサイトではなく、ビジネスサイトです。離脱数は省略しています。)

 

もちろん、ユーザーがこのフローのとおりに一筆書きでは無いことを認識していますが、

ユーザーのフローがうまく表わせ、全体を見られないかと悩んでいます。

 

何か良いお知恵がございましたらご教授頂きたく存じます。

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

初級者 ✭

yu-suke様

 

お世話になります。アドバイス頂きありがとうございます!

シーケンスセグメント、初めて知りました。

 

仰るとおり、これであればデータは取れそうですね。

ただ、やはりご指摘通りレポーティングが大変そうですね^_^;

 

ありがとうございました!大変参考になりました!!

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

トップコントリビューター
manabu h さん

ご確認いただきありがとうございます。
Picture1.png を拝見させていただきましたが、
GoogleアナリティクスのUI上で添付いただいたような
レポートを再現することは不可能となります。
有償版のGoogleアナリティクス360であればファネルレポートを
作成することができますが、経路ずつのファネルレポートになります。

前述させていただきましたシーケンスセグメントにて
各経路ごとのセグメントを作成いただき、抽出したデータを
ビジュアライゼーションツールに当てはめていくのがよいかと思います。

以上、ご確認の程よろしくお願いいたします。

Re: ページ遷移の詳細を知りたい

レジェンド
yu-sukeさんもおっしゃられていますが、Googleアナリティクスでは、おおのせような
綺麗なフローになる集計は難しいでしょうね。

また、わたしがご提案した生ログ集計は、ユーザー単位ですが、日付やセッションを
わけることも可能ではあります。

Googleアナリティクスでも、行動フローやユーザーフローの機能をリリースするときに、
どうやったら、あまたの経路を集計し綺麗に魅せるか、ということを悩み、思い至った
手法がサンキーダイアグラムです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC_%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82...
https://markezine.jp/article/detail/14995

現状では、生ログを集計して、独自に経路を見出すことも、ユーザーエクスプローラー
で個別に見ることも、シーケンスセグメントである程度絞ることも、決定打ではないながら
各自で工夫し、妥協して使っていることでしょう。

なんのためにユーザー導線を見たいのか、顧客が知りたいのは導線ではなくどういう
行動なのか、ではわかったところで、どうしたいのかなど、決定打がない以上、本質を
見極めて、それを解決するための、ベストじゃないながらもベターな集計を、各自で考
え工夫していることでしょう。

逆に、manabuさんも、実際に集計や工夫をしてみて、その具体的な手法をお出しいた
だき、こちらのコミュニティで議論することも、このコミュニティの重要な存在意義です。

正解がないものに、みんなの知見を集めていく、そんなコミュニティにしていければ、と
考えています。

最終的にEXCELでビジュアル化するのか、Googleアナリティクスだけで済ませるのか、
答えは私達の中にしかないでしょう。

そういう意味では、わたしはEXCELでどうとでもなる、生ログっぽいデータを取りあえず
作って、あとは、EXCELで都度都度ビジュアル化を考える、というスタイルに今のところ
帰着しています。

ぜひ、manabuさまの普段の手法やアプローチもお教えいただけると、みんなの知見に
もなると思いますので、ぜひ。
------
文責:カグア!
このトピックのエキスパート
yu-suke