AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

310 人が現在オンライン
310 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

ユーザーID設定によるクロスデバイス計測について

初級者 ✭ ✭ ✭

お世話になっております。

 

ユーザーIDを設定し、クロスデバイス計測ができるようにした場合、

ユーザーエンゲージメント、デバイスの重複、デバイス経路、集客デバイス以外の通常見るレポートでも

(たとえば ユーザー>概要 や コンバージョン>マルチチャネル>コンバージョン経路 など)

ユーザーは統一されているのでしょうか?

 

具体例をあげると

あるユーザーが

 

6/29、スマホのブラウザで広告Aをクリックして該当サイトへ行き離脱

6/30、自宅PCのブラウザで広告Bをクリックして該当サイトへ行き離脱

7/1、会社PCのブラウザでGoogleで検索して該当サイトへ行きCV

 

という行動をとったとき(上記全てログインしている状態)

 

Google Analyticsの「ユーザー>概要」レポートでは

1人のユーザーが 3回セッションを行った

ことになり、

コンバージョン>マルチチャネル>コンバージョン経路」では

1人のユーザーが「広告A>広告B>Google自然検索」という経路を踏んだということになるのでしょうか?

 

クロスデバイス特有のレポート項目以外でも、きちんと同一ユーザーとみなされて表示されるのか、が気になっています。

 

よろしくお願いします。

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: ユーザーID設定によるクロスデバイス計測について

トップコントリビューター
はしびろこう さん

こんにちは。記載いただきました件につきまして返信させていただきます。

User-IDビューにつきましては、異なるデバイスでも同じuidの値を付与されたユーザーは
同じユーザーとしてユーザー数に集計されます。
ですので、記載されている例ですと
同じユーザーとしてコンバージョン経路に表示されているはずとなります。

以上、ご参考になれば幸いです。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。