175 人が現在オンライン
175 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

レポーティングについて

中級者 ✭ ✭ ✭

いつも大変助かっております。

ありがとうございます。

 

さて、GAで色々なセグメントの使い方はある程度はわかってきたのですが、

GAのレポーティングをしたことがありません。

クライアントを人材会社さんと仮定します。

 

①毎月出した方がいいレポート項目

 ①-1:マクロというかサマリーレポート

 ②-2:ミクロのレポート

②3ヶ月や半年に一度でいいので出した方がいい項目

(ビッグファネル分析?)

 

上記のように区分できるのではないのかな、と思いました。

違う視点があればぜひぜひ教えて頂きたく思います。

 

①-1、①-2ともに極力自動化を図りたいのですが、

 Googleスプレッドシートを活用した自動化がよく記事で

拝見しますが、そのやり方で①-1、①-2ともに自動化できる

ものなのでしょうか?

 

レポートの雛形のようなものがあれば、頂戴できますと幸いです。

 

延々数字が出せてしまうので、どこまでレポーティングするのか?

という考え方も大事だと思っています。

①-1だけだと、数字だけ見て、「ふーん」で終わりそうで、

やはり①-2も入れていかないと、、入れた上で仮説と改善の打ち手を

提案すべきなのかな、、と思っております。

 

レポーティングにおいて考え方の型を教えていただけますと幸いです。

わがままな質問で大変恐れ入りますが、

何卒よろしくお願いいたします。

 

中村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者中村 真也さんが付与
1月 2017

Re: レポーティングについて

レジェンド
こんにちは。

考え方でいいますと、わたしはクライアント様の改善に対する体重のかけかた、リソースのかけ方
次第でKPIも含め都度都度考えます。つまり、毎月同じレポートは出さないことのほうが多いです。

定番の全体俯瞰などは、事前にGoogleアナリティクスの画面で共有して、課題感のあるテーマ
に関するデータを抽出、もしくは計測の仕込みの提案、というレポーティングが多いです。

打ち手の提案は、もちろん行いますが、どうしても先方のリソース次第というのがあるため、ただ、
先方もどれくらいリソースを割けばいいのか、避けるのか、じつはわかっていないケースが多いと
感じています。

ですから、都度都度刺さりそうな計測を行っていく、リクエストがあれば、それを取れるよう
に仕込んでいく、という感じです。

レポートについてはですから、トレンドの係数を算出して、今後3ヶ月はこうなりますよ、という
予測を提出することのほうが多いですね。予測を示せばどういう打ち手が必要なのか、という
「議論」が出来ますので。もちろん、そのトレンドが問題なければそれはそれで良いわけですし、
さらにブーストかけよう、広告はいくらくらいがいいかね、と議論が出来るようになります。

わたしは伝え方がうまくないので、そんな感じに、お客さまに伝わる共通言語や認識をどう擦り
寄せていくか、という作業のほうが多く、そして結果としては、レポートというよりは計測の仕込み
のほうが多くなる、というスタイルが多いです。

ご参考になれば幸いです。
------
文責:カグア!

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者中村 真也さんが付与
1月 2017

Re: レポーティングについて

レジェンド
こんにちは。

考え方でいいますと、わたしはクライアント様の改善に対する体重のかけかた、リソースのかけ方
次第でKPIも含め都度都度考えます。つまり、毎月同じレポートは出さないことのほうが多いです。

定番の全体俯瞰などは、事前にGoogleアナリティクスの画面で共有して、課題感のあるテーマ
に関するデータを抽出、もしくは計測の仕込みの提案、というレポーティングが多いです。

打ち手の提案は、もちろん行いますが、どうしても先方のリソース次第というのがあるため、ただ、
先方もどれくらいリソースを割けばいいのか、避けるのか、じつはわかっていないケースが多いと
感じています。

ですから、都度都度刺さりそうな計測を行っていく、リクエストがあれば、それを取れるよう
に仕込んでいく、という感じです。

レポートについてはですから、トレンドの係数を算出して、今後3ヶ月はこうなりますよ、という
予測を提出することのほうが多いですね。予測を示せばどういう打ち手が必要なのか、という
「議論」が出来ますので。もちろん、そのトレンドが問題なければそれはそれで良いわけですし、
さらにブーストかけよう、広告はいくらくらいがいいかね、と議論が出来るようになります。

わたしは伝え方がうまくないので、そんな感じに、お客さまに伝わる共通言語や認識をどう擦り
寄せていくか、という作業のほうが多く、そして結果としては、レポートというよりは計測の仕込み
のほうが多くなる、というスタイルが多いです。

ご参考になれば幸いです。
------
文責:カグア!

Re: レポーティングについて

トップコントリビューター
中村 さん

こんにちは。
ご記載いただいたレポーティングフォーマットについてですが
中村さんがそのレポートを通じて何を話したいのか、お客さまに動いていただきたいのかを
着目点にレポートを作成すればよいのではないでしょうか。

毎月その数値を見せるのはどのような意味があるのか。
その数値を構成している内訳にはどのような意味があるのか。
そこを考えることでどのような数値が必要で、
どのような見せ方としてレポートをデザインしなければいけないのかが見えてくるかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
ご確認の程よろしくお願いいたします。

Re: レポーティングについて

中級者 ✭ ✭ ✭
ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます!

Re: レポーティングについて

中級者 ✭ ✭ ✭
ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
このトピックのエキスパート
yu-suke