156 人が現在オンライン
156 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

導入直後の質問(初心者向け)

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭

Googleアナリティクスの件で質問があります。

当方Googleアナリティクス初心者です。
会社のHPで最近Googleアナリティクスの利用設定を行い、数値が反映されるようになりました。
 
HPといっても自社商品のPRの為のランディングページ(着地ページという解釈ではなく)1ページと、そこからリンクに
なっている問合せフォームの1ページの合計2ページのみにトラッキングコードを埋めています。
(ここで言うランディングページは全て商品PRページのことを指します)
 
質問が3点あります。
 
①リファラについて
[集客レポート]>[すべてのトラフィック]>[チャネル]>[Refarral]と進み、URLを見ると謎のリファラが存在します。
ある日セッション数が急激に伸び調べたところ、リファラスパムというものを知り、ある程度フィルタを設定して防ぐことが
出来るようになりました。(URL指定やnot setを除外など)
そのあとから出ているリファラでわからないものがあります。
まだフィルタ設定後間もないのですが、主に3つあり3つとも参照元URLが載っているのですが、
https://www.aguse.jp/ で調べてもページが存在しないという結果になってしまいます。
これはつまりリファラスパムと捉えれば良いのでしょうか。
 
②オーガニック検索について
[集客レポート]>[すべてのトラフィック]>[チャネル]>[Organic Search]と進み、キーワードを見ると僅かですが
いくつかキーワードが出てきます。
このキーワードで試しに、Yahoo検索で自社ランディングページを探したのですが検索上位には全く表示されず、
自身で見つける前に心が折れてしまいました。
果たして本当にこのキーワードで自社ランディングページにたどり着いた方がいらっしゃるのでしょうか。
それともこのキーワードの捉え方を私が何か間違えているのでしょうか。
自社ランディングページについて検索順位チェッカー(http://checker.search-rank-check.com/) なるもので
キーワード判定したのですが、どのキーワードも検索エンジンも全て圏外(1~100位外)となります。
この結果から100番よりも後ろにあるページを訪問者が探し出してたどり着いたということになるのでしょうか。
 
当初の想定としてはそのキーワードで検索したら自社ランディングページがヒットすることが確認出来て、
今後も流入元キーワードをチェックしていこうと考えておりましたが、もしかするとそこまであてにならない
のかと思いました。
 
③オーガニック検索の結果
②と少し重複するのですが、オーガニック検索のキーワードは全件Yahoo検索によるものと判明しました。
Google検索はSSL化の為か取れておりませんでした。Yahoo検索でキーワード取得が出来ていることも
SSL化のことを考えるとわからないです。
また、1つだけキーワードをもとに弊社にたどり着けるものがあったのですが、検索でヒットしたページは上記で説明しました
2ページでは無く、トラッキングコードを埋め込んでいない自社HP(notランディングページ)でした。
(自社HP内にもランディングページへのバナー広告を埋め込んでいます)
自社HPがバナー設置していることが影響してアナリティクスの数値に反映されるということはありえるのでしょうか。
バナーによって集客レポートのチャネルへDisplayと表示されるのはわかるのですが、トラッキングコードを埋め込んでいない自社HPへキーワードでたどり着いたこともアナリティクスへ反映されるのかがわからず確認しました。
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者匿名5-26さんが付与
4月 2016

Re: 導入直後の質問(初心者向け)

レジェンド
こんにちは。

1.リファラ

URLを調べてもわからないときは、以下を試すと良いです。

"https://www.aguse.jp/"
(ダブルクォーテーションをつけて検索)

調査するドメインだということが書いてありました。

ドメインを保有しているところは、その取得情報が公開される
ことになりますので、ドメイン検索をする(whoisといいます)
と良いと思います。

http://tech-unlimited.com/whois.html

ある会社名が出てきました。

いずれにしても、こういうところからはリンクは有り得ないよ
なあ、という場合は、

・リファラスパム
・何かしらのキャッシュ(自動的に収集される)
・自動収集プログラム

と考えて良いかと思います。

2.キーワード

おおせのキーワードのGoogleアナリティクスのレポート画面で
「セカンダリディメンション」として「完全なリファラ」とし
ますと、リンク元がわかります。

そこで、Yahooと出れば、おおせのようにヤフーで調べてみて、で
良いでしょうし、docomoなどと出れば、docomoの検索サイトで
調べるなどすると、より正確に調べられると思います。

ちなみに、検索エンジンとの結果のマッチですが、わたしの
サイトでもそれほどマッチはしないですね。これは検索エンジン
が彼ら自身のデータベースをどう更新するか、もしくは、見ている
ユーザーごとに検索結果を変えている(パーソナライズ)ためで
すので、完全な追跡は難しいと思います。

なお、Googleアナリティクスでは、以前にあるキーワードで着地
した、次の訪問は直接URLをうって来た、という場合、2回目は
本来はダイレクトというチャネルになるはずですが、

Googleアナリティクスの仕様として、ダイレクト流入の場合、かつ
ての流入経路があれば、それを上書きする、というのがあるので
もしかしたら、かつてそういう流入があったが、今はその検索結果は
でない、というのもありえるかもしれません。

3.キーワードチェッカー

これらのツールの順位付けについては、それぞれのツールの仕様が
ありますので、ちょっとわかりません。

ただ、あくまで参考程度にするのが、良いかと思います。

いっぽうで、着地するきっかけとなったキーワードを調査すること
自体は悪いこととは言えません。基本的には、流入キーワードの多く
はその検索結果から来てたどり着いた可能性は高いはずですから、

そのキーワードとページ内容があまりにもかけはなれているときは、
本文をチューニングすることはよく行われます。

ある程度、キーワードの数がたまってきますと、傾向も見えてくる
はずですから、そこで、頻出と思われるキーワードに対するチューニ
ングをするのが良いかと思います。

4.ヤフーのSSL化

これはちょっとわからないですね。ただ、うちのサイトでも取れて
おり、とりあえずは参考にはしています。ただ、(not provided) も
出てきていますので、正常には動作しているものとして、とくに
謎のまま、運用しています。


5.自社ページからの流入

トラッキングコードを埋め込んでいないページが、Googleアナリテ
ィクスに計測されることは理論的には少ないです。

しかし、まったくの第3者が他者のGoogleアナリティクスに勝手に
データ計上させることは、リファラスパムでもわかるように、実は
出来てしまいます。

とはいえ、おおせのように、自社HPである場合は、その限りではない
と考えるのが自然です。ですので、ちょっと実際のサイトを見てみな
いとなんとも言えない、というのが回答です。

理論的には、トラッキングコードを埋め込んでいないサイトのデータは
計上されません。

------------------

あと、できればなのですが、こういったコミュニティは皆さんの
善意で運営されています。

そして、Google側としても、後学のために利用者の皆さんが使い
やすくなるようにとの趣旨で無料で運営されています。

今回のように、1つの質問に複数のトピックを入れる形式ではなく
表題でどういうことに困っているのか、ということをお書きいただき
回答に、その答えがでる、という後々検索されやすいような、投稿
をしていただきますと、皆さん喜ばれると思います。

また、納得の回答が得られたときには、回答を締め切る処理をして
いただけますと、見つけやすくなりためになります。

これからの方のためにも、お手数をおかけしますが、何卒
よろしくお願い致します。



------
文責:カグア!

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者匿名5-26さんが付与
4月 2016

Re: 導入直後の質問(初心者向け)

レジェンド
こんにちは。

1.リファラ

URLを調べてもわからないときは、以下を試すと良いです。

"https://www.aguse.jp/"
(ダブルクォーテーションをつけて検索)

調査するドメインだということが書いてありました。

ドメインを保有しているところは、その取得情報が公開される
ことになりますので、ドメイン検索をする(whoisといいます)
と良いと思います。

http://tech-unlimited.com/whois.html

ある会社名が出てきました。

いずれにしても、こういうところからはリンクは有り得ないよ
なあ、という場合は、

・リファラスパム
・何かしらのキャッシュ(自動的に収集される)
・自動収集プログラム

と考えて良いかと思います。

2.キーワード

おおせのキーワードのGoogleアナリティクスのレポート画面で
「セカンダリディメンション」として「完全なリファラ」とし
ますと、リンク元がわかります。

そこで、Yahooと出れば、おおせのようにヤフーで調べてみて、で
良いでしょうし、docomoなどと出れば、docomoの検索サイトで
調べるなどすると、より正確に調べられると思います。

ちなみに、検索エンジンとの結果のマッチですが、わたしの
サイトでもそれほどマッチはしないですね。これは検索エンジン
が彼ら自身のデータベースをどう更新するか、もしくは、見ている
ユーザーごとに検索結果を変えている(パーソナライズ)ためで
すので、完全な追跡は難しいと思います。

なお、Googleアナリティクスでは、以前にあるキーワードで着地
した、次の訪問は直接URLをうって来た、という場合、2回目は
本来はダイレクトというチャネルになるはずですが、

Googleアナリティクスの仕様として、ダイレクト流入の場合、かつ
ての流入経路があれば、それを上書きする、というのがあるので
もしかしたら、かつてそういう流入があったが、今はその検索結果は
でない、というのもありえるかもしれません。

3.キーワードチェッカー

これらのツールの順位付けについては、それぞれのツールの仕様が
ありますので、ちょっとわかりません。

ただ、あくまで参考程度にするのが、良いかと思います。

いっぽうで、着地するきっかけとなったキーワードを調査すること
自体は悪いこととは言えません。基本的には、流入キーワードの多く
はその検索結果から来てたどり着いた可能性は高いはずですから、

そのキーワードとページ内容があまりにもかけはなれているときは、
本文をチューニングすることはよく行われます。

ある程度、キーワードの数がたまってきますと、傾向も見えてくる
はずですから、そこで、頻出と思われるキーワードに対するチューニ
ングをするのが良いかと思います。

4.ヤフーのSSL化

これはちょっとわからないですね。ただ、うちのサイトでも取れて
おり、とりあえずは参考にはしています。ただ、(not provided) も
出てきていますので、正常には動作しているものとして、とくに
謎のまま、運用しています。


5.自社ページからの流入

トラッキングコードを埋め込んでいないページが、Googleアナリテ
ィクスに計測されることは理論的には少ないです。

しかし、まったくの第3者が他者のGoogleアナリティクスに勝手に
データ計上させることは、リファラスパムでもわかるように、実は
出来てしまいます。

とはいえ、おおせのように、自社HPである場合は、その限りではない
と考えるのが自然です。ですので、ちょっと実際のサイトを見てみな
いとなんとも言えない、というのが回答です。

理論的には、トラッキングコードを埋め込んでいないサイトのデータは
計上されません。

------------------

あと、できればなのですが、こういったコミュニティは皆さんの
善意で運営されています。

そして、Google側としても、後学のために利用者の皆さんが使い
やすくなるようにとの趣旨で無料で運営されています。

今回のように、1つの質問に複数のトピックを入れる形式ではなく
表題でどういうことに困っているのか、ということをお書きいただき
回答に、その答えがでる、という後々検索されやすいような、投稿
をしていただきますと、皆さん喜ばれると思います。

また、納得の回答が得られたときには、回答を締め切る処理をして
いただけますと、見つけやすくなりためになります。

これからの方のためにも、お手数をおかけしますが、何卒
よろしくお願い致します。



------
文責:カグア!

Re: 導入直後の質問(初心者向け)

初級者 ✭ ✭
カグア様

こんにちは。
丁寧なご回答ありがとうございます。

1について

3つの見解ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。
私が記載したURLは、アナリティクスのリファラという意味では無く、URLを調査するサイトを
リンクとして貼ったという意図でした。
調査サイトで、アナリティクスの変なリファラのURLを間接的に開いてみたが、ページが存在しないと
結果が出ておりました。

whoisも今後試してみますね。


2について

Googleアナリティクスにはそのような仕様があるのですね。
また検索があまりマッチングしないとのこと承知しました。
私だけで起きていたことではなく、仕様による影響とわかり納得しました。


3について

キーワードの順位は不明ですが、ある程度参考にはなるということですね。
今後もGoogleアナリティクスの流入元キーワードは取れる限りは確認を続けたいと思います。


4について

YahooのSSL化は昨年からの導入なのでまだ全体に行き渡っていないということかもしれませんね。
弊社でもキーワードが取れる限りは参考にしたいと思います。


5について

トラッキングコードの理論についてありがとうございました。
その理論によりますと、もしかしたら私のパソコンからのYahoo検索では自社HPがヒットしましたが、
他社の検索ではランディングページがヒットしたと考えるのが妥当かもしれませんね。


補足の件承知しました。
確かに他の方の為に質問は分かり易く区切らなくてはいけませんでしたね。
すみません。
配慮が欠けておりました。
以降気をつけます。

御丁寧に回答いただくことができ、なんとか次に進むことが出来そうです。
直接相談できる相手がおらずとても助かりました。この度はありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。