610 人が現在オンライン
610 人が現在オンライン
Google アナリティクスのレポート画面、ディメンションや指標などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。解析を通して浮かんだ質問やアイディアを投げかけ合ってより知識を高めていきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

行動フローにおいて開始ページが複数となる理由について

[ 編集済み ]
初級者 ✭

 

現在QRコードを使って、1つのランディングページに飛べるようにしています。

QRコードで示したURLには、QRコード経由のトラフィックであることを把握出来るよう、カスタムキャンペーンクエリを付与しています(utm_source=qrなど)

 

このトラフィックからのコンバージョンを調べるために、

行動フローで参照元/メディアを絞ってセグメントを見てみると、

参照元/メディアが「qr」であるセッションの開始ページが複数存在しています。

 

(私の想定)

開始ページ:ランディングページ

最初の通過地点:問い合わせページ

2番目の通過地点:内容確認ページ

 

(結果)

開始ページ:ランディングページ

開始ページ:問い合わせページ

開始ページ:内容確認ページ

 

本来2番目の通過地点以降にあるはずのページが、開始ページになっている原因がわからなかったので質問させていただきました。

もし分かる方がいれば、こちらの理由についてご教示いただけますと幸いです。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 行動フローにおいて開始ページが複数となる理由について

トップコントリビューター
こんにちは。

記載いただきました件につきまして、
直接の原因か不明ではありますが、可能性の1つとして返信させていただきます。

当コミュニティでも何度か記載させていただいておりますが、
Googleアナリティクスの仕様として、リファラが取得できない時は
リファラが取得できていたセッションまで遡るという仕様が存在します。

例えば、ユーザーAさんが下記のようにサイトへアクセスしたとします。
7/30 Google検索を使用し、organic部分の検索結果からTOPページへ流入し、商品詳細ページをブラウザのお気に入りでブックマーク
8/1 ブラウザのブックマークから商品詳細ページを閲覧

上記の際はGoogleアナリティクスでは下記のように計測されます。
7/30 参照元/メディア=google/organic、ランディングページ=TOPページ
8/1 参照元/メディア=google/organic、ランディングページ=商品詳細ページ

理由は、8/1のサイトへの流入はリファラが取得できない(direct/none)であるため、7/30の参照元/メディアを引き継いでいるためです。

上記の仕様を記載いただいた内容に当てはめると
QRコードにてサイトへ流入し、問合せページや内容確認ページを
ブラウザのブックマークやメールアプリ、ソーシャルメディアアプリなどの
リファラが取得できないブラウザやアプリに出力、そこでサイトから離脱後、
再度、出力したブラウザやアプリからサイトへ流入すると
本来、流入するはずがないランディングページが表示させるかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

Re: 行動フローにおいて開始ページが複数となる理由について

レジェンド
こんにちは。

わたしも可能性のひとつを考えてみたいと思います。

(私の想定)
開始ページ:ランディングページ
最初の通過地点:問い合わせページ
2番目の通過地点:内容確認ページ

>>ですよね、わたしもそう思います。

(結果)
開始ページ:ランディングページ
開始ページ:問い合わせページ
開始ページ:内容確認ページ

>>開始ページがランディングページ、というのは問題ないかと思います。

いっぽうで、問い合わせページが開始ページになる、というのは、セッションが
切れている、ということだとすれば、たとえば、ドメインが変わるときにクロスドメイン
設定がうまく機能していない可能性が考えられます。
http://www.kagua.biz/help/config/crossdoain.html

ドメインが異なりますと、Googleアナリティクスでは特別な処理をしませんと
セッションが切れ、問い合わせページが開始ページになってしまいます。

さらに、内容確認ページが開始ページになる件ですが、こちらは、一般的な
場合、問い合わせページとドメインが異なる、というのは考えにくいですよね。

だとしますと、詳細を調べる必要があります。

行動>すべてのページ>ランディングページ

の操作にて、開始ページに、内容確認ページがあることをご確認の上、そのページを
クリックします。そのうえで、表の左上にあります「セカンダリディメンション>完全な
リファラ」とします。

そこで何がでるか、ですね。

そこで、問い合わせページが出たとしますと、ちょっとまた考えなくてはなりません。
できれば、URLがわかりますと、より多くの人が回答しやすくなると思います。

また、

ユーザー>ユーザーエクスプローラー

にて、ユーザーごと(厳密にはブラウザごと)の、行動分析ができます。そこで、全ての
遷移がそうなってしまっているのか、一部なのかがわかります。

というように、もう少し詳細な情報を調べ、糸口を見つける必要がありそうです。
ご確認のほど、よろしくお願い致します。
------
文責:カグア!