395 人が現在オンライン
395 人が現在オンライン
Google アナリティクス 学習資料
star_border

【12/4 開催】 オンラインセミナーのお知らせ(Google アナリティクスのイベント トラッキングの活用について)

AdWords コミュニティの皆様

 

12 回目のセミナーをご案内させていただきます Hyatt です。

どうぞよろしくお願いします。

サポートチームでは、12 回目のオンライン セミナーを下記日程で開催することになりました。

 

今回のオンライン セミナーでは、Google アナリティクスのイベント トラッキングをテーマとして取り上げます。

Google アナリティクスのイベント トラッキングを利用すると、電話ボタンのクリックや、PDF などのファイルのダウンロードといった、ウェブサイトのコンテンツに対するユーザーの操作を測定することができます。

 

今回のセミナーではイベント トラッキングの概要や設定方法、活用事例を紹介する予定です。

セミナーの最後には Q&A セッションも設けております。

今回のセミナーは上級者向けとなっております。

 

以下詳細です。

 

-------------------------------------------------------------

日時:12 月 4 日(木)午後 2 時

所要時間:40 分

テーマ:Google アナリティクス イベント トラッキングの活用について

 

内容:

1. Google アナリティクス イベント トラッキングの概要

2. Google アナリティクス イベント トラッキングの活用事例と設定方法

3. Q&A

 

参加方法:こちらのリンクよりお申し込みください。


-------------------------------------------------------------

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

0 いいね!
コメント
投稿者 Hyatt Google スタッフ
11月 2014

以前開催した「Google アナリティクスの活用方法について」のオンラインセミナーの動画を共有いたします。

Google アナリティクスの基本的な機能について知りたい方や、「そもそも Google アナリティクスって何?」という方は

是非ご活用いただければと存じます。

 

投稿者 Hidekazu H
12月 2014
mixi
投稿者 Kazuyoshi T Google スタッフ
12月 2014 - 最終編集 12月 2014

コミュニティの皆さま

 

本日はお忙しいところ「アナリティクス イベント トラッキングの活用について」のオンラインセミナーにご参加いただき、ありがとうございました。

早速本日お寄せいただいたご質問に関して、回答させていただきます。

 

 

Q&A

 

■質問
googleタグマネージャーを使っている場合、カスタムHTMLに先ほどの記述を書いて+該当するページへのルールで適用可能でしょうか?

 

回答
google タグマネージャーをお使いの際は、イベント リスナー タグを用いたトラッキングがおすすめでございます。
下記のページに詳細な設定方法が紹介されておりますのでご参照下さい。

<Google アナリティクス イベント>
https://support.google.com/tagmanager/answer/3420054?hl=ja

 

■ 質問

本日はjQueryの利用が前提とした内容でしたが、jQueryを使わないでもイベント計測できるかと思います。 敢えてjQueryを使うメリットについて、教えていただけますでしょうか?

 

回答

イベント トラッキングは jQuery を用いた方法の他にも onclick を用いた方法がございますが、onclick では要素のクリック イベントのみ記録できます。jQuery を使えば クリック以外にも、ページの読み込みやダブルクリック、ホバーなど様々なアクションを記録できる点がメリットです。

 

■ 質問

リンククリックの設定ですが、formタグでも設定は可能でしょうか?

 

回答

ご認識の通り、formタグでも設定も可能です。その際は、セレクタで form を指定していただければ form 要素に対するアクションでイベントを記録できます。しかし、通常フォームの送信は submit ボタンで行われるので、submit ボタンに id を指定して、その id がクリックされた場合にイベントを記録する方法がおすすめです。

 

 

セミナー動画

 

セミナー資料

http://goo.gl/5tpCH3