655 人が現在オンライン
655 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

キーワードの絞込部分一致についての質問

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭ ✭

お世話様です。

お世話様です。

 

キーワードで絞込部分一致を使っていて
検索語句を見ると使っていないキーワードに拡張しています。

 

絞込部分一致は使っているキーワードは必ず含まれるのではないでしょうか?

3 人のエキスパートが返信verified_user

Re: キーワードの絞込部分一致についての質問

トップ コントリビューター OB

一郎さん
こんにちは。


状況として、


● +キーワードA +キーワードB


上記のような絞込み部分一致のキーワードを入稿されていて、
検索クエリ(検索語句)の結果が


● キーワードA キーワードC


のように含まれるはずのキーワードBが含まれておらず
キーワードCのような別な言葉に拡張されてる
というような状況ですよね?

 


基本的に絞込み部分一致の場合、

キーワードA
キーワードB

は検索語句に含まれるはずなので、
もしかしたら正しく設定されていない可能性があります。

 


私の事例ですが、以前、

 

+ キーワードA

 

と間違って+とキーワードの間に半角スペースを空けて
設定したことがあり、そのときにはもちろん検索語句に
キーワードAが含まれてない場合がありました。

 

こちらではないでしょうか?
念のためご確認いただければと思います。

 


また、余談ですが、絞込み部分一致で設定していても
英語を大文字で設定していても小文字も拾ったり、
「新宿区」のように「新宿」と「区」で意味が分かれる場合、
「新宿 区」のような形でレポートに表示されたりはします。

 

ご参考になれば幸いです。

 

久保 陽平

Re: キーワードの絞込部分一致についての質問

トップコントリビューター

一郎 鈴 さん

 

久保さんの述べられているように、半角スペースなどで区切られている場合に、思うように設定されていなかったりする場合もあります。

 

もう一つ、これはAdWordsの良いところでもあり、たまに困るところでもあるのですが・・・

「部分一致キーワード内の特定の語句、またはその類似パターンが検索語句に含まれている場合にのみ広告を表示することができます。類似パターンとは、誤字、表記のゆれ、短縮形(略字や頭文字)などのことです。類義語や他の関連パターンは含まれません。」

https://support.google.com/adwords/answer/2497828?hl=ja

と、いうのがあります。

 

これが機械的に判断されているので、まれに意図しないワードが(絞り込み)部分一致のワードになってしまっている場合があるようです。

 

参考になるようでしたら。

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: キーワードの絞込部分一致についての質問

注目ユーザー

一郎 鈴さん


でぶててです。



久保さんと石川さんが書かれている補足説明のみになります。

 

 

絞り込み部分一致の注意点は主に2つです。

  1. 検索クエリのスペースがある箇所に + を挿入すること
  2. 検索クエリの"揺らぎ"にも反応すること

1)の注意点は、

  1.  + を半角で必ずいれること(間違って全角で入れられている場合があります。
  2. キーワードの直前に必ず + を入れること(久保さんが言われている点ですね!)

2)の注意点は、石川さんが書かれている通りです。
入稿したキーワード"のみ"で反映させる方法は、"揺らぎ"のキーワードを、フレーズ一致で除外キーワードに登録するしかありません。

目的とした検索クエリに表示されているのは上記の注意点のいずれかではないかな?と思います。





※以下、補足の補足です。

細かい話をすると・・・
Google(Yahoo!も)では、ブラウザ/検索エンジンの検索バーに打ち込まれた検索クエリが形態素解析されて、管理画面の検索クエリに反映されます。

そのため、私たちが認識する日本語の単語節とGoogleが形態素解析したあとの単語節とでは、違う場合があります。


------------------------
例)「化粧水」

------------------------
私たちが普段話す意味としては、 「化粧水」(一単語) という認識ですが、

検索クエリとしては、「化粧 水」(二語) になります。

この場合、完全な絞り込み部分一致とするには 「+化粧 +水」 とする必要があります。

 

複合名詞で起こることが多いのですが、
上記の二語分割がいつまでも二語分割のままという保証はなく、
時期によって分割が変わることがあります。(例:青汁、ミドリムシなど)

また、
文字の種類(ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字・数字・記号など)の組み合わせによっても、分割の方法が変わります。それぞれの文字種類の組み合わせのことまでなると、これ以上に長文になっていしまいますので割愛します^^;


形態素解析は「慣れ」が必要ですので、定期的に自身が入稿検索キーワードと管理画面上に表示される検索クエリとを見比べて、どのように分割されているかを確認されることをオススメします。



以上、補足説明+補足の補足説明となります。
ご参考までに。

 

でぶてて

Re: キーワードの絞込部分一致についての質問

トップコントリビューター

例で構わないのですが、どういう入札ワードに対して、どういう拡張をしましたかね?

 

例えばですが、

 

 +アイフォン +修理

 

を入札した場合

 

 「アイホン 修理」

 

にはヒットしそうに思います(確認してないけど)。

 

いわゆる揺らぎといいますか、類似するワードにはヒットします。

使っているキーワードが含まれていない、ということは、恐らくこれかな?と思いますが。

 

また、もし、

 

 +アイフォン 修理

 

と入札している場合、「修理」は部分一致になります。

という入札の仕方の問題も考えられます。

小西 一星
このトピックのエキスパート
石川 知紀
でぶてて
小西 一星