102 人が現在オンライン
102 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信
Highlighted

クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

初級者 ✭ ✭

今年のディスプレイ広告を初めて3週間が過ぎました。現在のところはPCとタブレットのウェブに掲載しています。

 

昨年実施の6か月ほどの実績では、PCのクリック率は5%程度で、モバイルとタブレットを含めると1%以下でした。現在、試行錯誤をしていますが、クリック率は、10-20%と高いままです。

 

広告が出ているところを見ると、情報のタイプが合致しているところもありますが、多くは、情報が羅列された(広告収入を目的にしているような)サイトになっているとの印象です。

 

ウェブサイトにおける購入や申込みはないため、広告活動とビジネスを関連付けることはできませんが、現状でも「直帰ではないユーザー」や「戻ってくるユーザー」の数は、十分にビジネスインパクトを与えられる規模だと考えています。実際、昨年は、ディスプレイ広告がビジネスにポジティブに影響したと認識しています。

 

さて、質問に戻りますが、「クリック率が高すぎるサイト(5-10%を超える)は、除外し続けるべきでしょうか?」クリック率が下がることで、露出回数が増えて、ニーズをもった人に当たる確率が増やしたいわけです。除外をやり続けた結果、どうなるかが想像できないので、経験をお持ちの方のご意見をうかがえると非常に有難いです。

 

よろしくお願いいたします。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

注目ユーザー
クリック率が(異様に)高いディスプレイ広告の配信先については、除外対象にしたほうがいいケースが多い
→理由としては、誤タップによるクリックを誘発してるケースがおおいです

なので、そういったプレースメントに対する正しい接し方は
→CSVでプレースメントを出して、一旦CTRが怪しいほど高いところは除外する
→その後、リストをみて、配信を再開させてもいいサイトは除外を解除する

とやると、予算の無駄なくまさしく「運用」ができると思います。
他の方法もご希望でしたらご連絡ください。
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

注目ユーザー
そのほかには

・プレースメント除外数に上限があったはずなのでアドワーズさんに確認する必要あり
・どこかから、除外したほうがいいプレースメントリストを入手して適用する
→知り合いとか
→いっぱい運用してそうな代理店におねがいするとか

などは頑張ればできる感じですね!
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

トップコントリビューター
こんにちは。

ご質問の拝見する限り、割と答えがすでに出ていると思っていまして、明らかにコンバージョンに結びつかないサイトからのクリックが多いのであれば、どんどん除外してしまってよいのではないでしょうか。

直帰ではないユーザーやリピーター(再流入)がビジネスインパクト(コンバージョンや売上)を生むというのが本当に分かっているのであれば、最初の接点を作るという点では優秀な配信先だと思いますので、除外をしないほうがよいのではないでしょうか。

クリック率が高いから売り上がるわけではないので、除外先の選定については配信先レポートを、インプレッションやクリック数や広告費やコンバージョン数や率などで降順に並び替えて、その上でどこを除外すべきか実際の配信先サイトを見て検討いただくのが良いのではないでしょうか。

レパートの法則じゃないですが、上位10〜20%くらいのサイトで全体の80%くらいの配信ボリュームをしめたりするので、影響度多い順に上位いくつかの配信先を見ていただければと。

また、除外し続けたとき…のお話ですが、入札や広告が全く変わらなければインプレッションが減っていきます。(これまでキャンペーン予算の上限に達し続けていたのであれば変わらないかもしれないですが。。。)

露出を増やすのであれば、不要な配信先を除外した上で、入札上げるか、ターゲットを増やすか、広告を変えて品質を上げるかで叶います。

あくまでもクリック率だけで見るのではなく、インプレッションやクリック数や広告費やコンバージョンといった指標、広告費としてどこまで許容できるかといった点をベースに除外先を検討されてみてはいかがでしょうか。

ご質問の意図と異なっていたらすみません。どうぞよろしくおねがいします。
田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

初級者 ✭ ✭
回答いただきありがとうございました。

まずは、実際にサイトを見て、コンテンツとして良くないと判断したものは除外する方針で行きたいと思います。

非常に限られた予算で運用しているので、露出がなくなるというのはないように思います。判断が難しくしているのは、総論としては広告の効果を認識しているけれど、誘導先のウェブサイトではトランザクションがないので、本当に機能しているプレースメントの判断ができないということがあります。また、外部リソースが使えないということもあって、日々の試行錯誤のみが解決方法になっています。

と、いろいろと付帯状況はありますが、基本を実行して結果を見るということがいただいたアドバイスの根幹と思いますので、悩まず対応していきたいと思います。

Re: クリック率が高い情報サイトは除外し続けるべきでしょうか。

[ 編集済み ]
初級者 ✭

こんにちは。

当初質問された意図とは外れるかもしれませんが、

> 非常に限られた予算で運用しているので、

こういう状況であれば、プレースメント指定した配信も併用してはいかがでしょうか?
よくないコンテンツもあれば、良いコンテンツもあるかと思いますので、商材に合うサイトをピックアップしてプレースメント指定したキャンペーンを併用しても良いかと思います。

何かご参考になれば幸いです。