260 人が現在オンライン
260 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

サーチの急激な悪化について

初級者 ✭

直近まで非常に好調でCVがよく取れ、CPAも目標CPAを大幅にクリアしながら進捗していたアカウントで、

予算が急きょ増額になったため、日予算の引き上げをしたところ、急激に悪化しました。

 

要因として日予算がかなり増額したため、主要なキャンペーンの入札を少し引き上げたのでそれが要因になっているのは認識しております。

 

それにしても、みたことないくらいの悪化をしており、上記以外なにも変えていないのにここまで悪化する要因がわかりません。

ちなみにクエリも変な拡張等はしておりませんでした。

 

要因として、何が考えられるでしょうか?

また、上記のように予算増額が起こった場合、どのように対応するのがよいのでしょうか?

 

まだまだ不勉強で恐縮ですが、みなさんのご意見を参考にさせて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

サーチの急激な悪化について

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

こんにちは。

 

気になる症状ですね。
以下、考えられる点を挙げてみました。

------------------------------------------------------------------------------------------------
■入札戦略
入札戦略の設定が「個別クリック単価」ではなく、
自動入札戦略(拡張CPC、目標コンバージョン単価制など)を適用していた場合、
過去のコンバージョン実績などにより、変化は起きやすいです。

 

目標コンバージョン単価制を適用していた場合、
大幅な目標金額の変更は学習期間に入るため、成果が乱れる事は考えられます。
その他、拡張CPCに関しましても、コンバージョン見込みがあるキーワードに関しては、
入札単価を上げる挙動をします。拡張CPCは最近のアップデートにより
上限30%まで上げるという仕様がなくなり、更に強めて入札することも想定されます。

 

以上の事から、大幅な変更要因が自動入札機能に影響を与え、
成果が乱れたという可能性はあるかもしれません。
この場合、学習要素が強い要因のため、暫く様子を見てもいいかもしれません。


■デバイス別
各デバイス別の結果はCVパフォーマンスに違いが発生しやすいため、
デバイス別の結果を見てもいいかもしれません。

 

成果不調により抑制していたデバイスがあれば、
入札引き上げにより、不調デバイスの流入が増えて、
予算上限に達してしまい、好調デバイス経由の流入が抑制されているという状況も考えられます。
------------------------------------------------------------------------------------------------

 

予算増額が起こった場合ですが、過去に同様な増額があった場合、
そのCPCを参考にして、全体CPC(=入札単価)を想定します。
その際、目標CPAを大きく外れないように「CPC = CVR × CPA」 も参考にして戦略を考えます。

 

以上になります。
ご参考まで。お役に立てれば幸いです。

里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: サーチの急激な悪化について

プロフェッショナル ✭ ✭

こんにちは。

こちらの状況に関して、考えられる要因と予算増額の場合の対応方法をまとめてみました。

参考になれば幸いです。

要因として日予算がかなり増額したため、主要なキャンペーンの入札を少し引き上げたのでそれが要因になっているのは認識しております。

それにしても、みたことないくらいの悪化をしており、上記以外なにも変えていないのにここまで悪化する要因がわかりません。

ちなみにクエリも変な拡張等はしておりませんでした。

増額前後でクエリは変わっていないようですが、

その中でもCVに繋がらないクエリやキーワードでの表示回数やクリック数は増えていないでしょうか?

 

登録キーワードをフレーズ一致や完全一致などの拡張性の低いマッチタイプで登録されている場合や、

普段から丁寧にキーワードの除外登録を行なわれている場合、

こういった予算増額時にも意図しないクエリに拡張して広告が表示されることは少なくなってくると思います。

ですが、「CVに繋がっていないものの、ユーザーニーズが読み取れるクエリのため、除外登録をしていないもの」が

今回の増額によって、急激に表示回数やクリック数が増え、CPAを悪化させている可能性がございます。

一度ご確認いただき、もしそういった状況になっておりましたら、

キーワード単位での入札調整やキーワードの除外登録を行なってみるのもいいかもしれません。

 

また、予算増額時の対応方法ですが、

私の場合は、増額前後で比率が変わらないように調整していることが多いように感じます。

比率というのは、先に里村さんがお答えしているようなデバイス別の流入量などです。

増額前はPC:スマホ=8:2で配信を行なっていたのに、

増額後の比率がPC:スマホ=3:7となっていたら、違和感を感じると思います。

キーワードも同じように、

今まで予算の4割を使っていたCVにつながるキーワードが、

増額後に1割に減っていて以前よりそのキーワードでの利用予算額が少なくなっていたら、

何かおかしいなと思うと思います。

GoogleAdWordsの期間編集で配信前後のデータを比較していただき、

増額後も同じ比率で増えているかどうかを見るのは比較的やりやすい調整方法かと思います。

 

あくまでも個人的な意見ですので、ご参考までに。

 

 

古田 聡(@soufuruta)※問題は解決しましたでしょうか?解決のヒントになった場合は「✓解決策マークを付ける」ボタンを押していただけますと他の方の参考にもなります。よろしくお願いします。
このトピックのエキスパート
里村 仁士