289 人が現在オンライン
289 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

デバイスごとの入札単価調整について

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭

初歩的な質問で恐れ入ります。

 

入札単価調整をするにあたって、例えばスマホをより配信したいのであれば

スマホの入札単価比率を上げるかと思いますが、

その具体的な数値を出すための基準などありますでしょうか。

 

目標CPAに近づけるのであれば、デバイスごとの入札単価調整ではなく

通常のキーワードに対しての入札単価調整で対処できるかとも思いますが、

それに加えて、デバイスごとの調整をするとなると複雑になってしまうかと思います。

 

日頃運用するにあたっては

目標CPAはこのくらいなので、デバイスの入札単価を○%上げるとかではなく

単純に、スマホの方が獲得できているのであれば

感覚値で上げてみて様子をうかがうような方法でよいものでしょうか。

 

 

 

Re: デバイスごとの入札単価調整について

トップ コントリビューター OB

功 仁さん

こんばんは。


>単純に、スマホの方が獲得できているのであれば
>感覚値で上げてみて様子をうかがうような方法でよいものでしょうか。

ご質問に直接お答えすると、
私は個人的に複雑になるのが嫌なので最初はざっくり
上記のような観点で比率変えて、その後調整することが多いです。

 

 

また、ご質問に対する答えではありませんが、
デバイスの入札単価比率はCPAベースで考える場合もありますが、
基本はユーザーの動きや仮説に合わせて比率を変えることが多いです。

 

初回の接触はPCで、その後スマホでリーチしたら
コンバージョンとれるだろう、と考えたら
検索広告はPCの比率を上げて、リマーケティング(リタゲ)は
スマホの比率を上げて様子を見る、といった感じです。

 

余談となりますが、ご参考になれば幸いです。

 

久保 陽平

Re: デバイスごとの入札単価調整について

[ 編集済み ]
セミ プロフェッショナル ✭ ✭ ✭

功 仁 様

 

ご質問ありがとうございます。

難しいご質問で、やり方も人によって色々あると思ってます。

 

>入札単価調整をするにあたって、例えばスマホをより配信したいのであれば

>スマホの入札単価比率を上げるかと思いますが、その具体的な数値を出すための基準などありますでしょうか。

 

私は、全体のPCとSPのコンバージョン率のシミュレーションを出してから、 それぞれのCPCを抽出します。

 

□PC

目標CPA × PCの推定コンバージョン率 = PCのCPC

 

□SP

目標CPA × SPの推定コンバージョン率 = SPのCPC

 

SPのCPCが二倍高いならば、比率を200%の少し高めに設定します。

後は通常のキーワードレポートから、PCの入札をします。

 

ただし、注力キーワードについては、1広告グループ1キーワードにします。

理由は順位調整をしたいからになります。

 

スマートフォンのファーストビューは、広告の上位2枠になってしまいます。

3位は下になるため、クリック率が極端に下がります。

 

ですので、注力キーワードのみ1位~2位を狙うようにしております。

面倒な時は、自動入札ツールの目標掲載位置のプレミアムポジション×900%にします。

 

久保さんのやり方も良いと思います。

煩雑になるなら、拡張CPCにお任せという手段も考えられます。

 

参考になれば幸いです。